検索
☆マサコのプロフィール
13才のときにグレン・グールドのピアノに 出会う。以来抱き続けたグールドに会うという夢を追って28才でカナダへ。後追い日記はその記録である。
属性はシャーマン。


☆ミクシに習って、ぬさんからの紹介状
不在の幻影から愛するひとを救い出し、グーグルキャッシュの中に愛のエクリチュールを刻印しつづける、GGの恋人。二人はもう触れあうことができないが故に永遠に惹き付けあうことができる、まるで恒星と惑星の関係のような、あらゆる恋人が夢見るユートピアに住むひとです。


☆このブログの本拠地は
 海峡web版  です。

グールド、並びにグールド家からのプレゼントはこちら。

 グールドのサイン入りレコード
 もう1つのレコード
 グールドの本とそのメモ書き
 パパグールドさんのご本

☆グールドおよび後追い日記に関係のないトラックバックやコメントは削除する場合があります。
カテゴリ
全体
後追い日記81年
後追い日記82年
後追い日記83年
後追い日記84年
後追い日記85年
後追い日記86年
後追い日記87年
グールドからのプレゼント
グールドへのメール
エッセイ
ゴルトベルクをめぐる
グ−ルド・レストラン
8月のゴルトベルク
グ−ルドとエクスタシー
田中希代子
未分類
タグ
(98)
(60)
(44)
(33)
(16)
(13)
(12)
(11)
(8)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
フォロー中のブログ
海峡web版
記事ランキング
最新のコメント
この寒い季節に白いお花に..
by mhara21 at 22:15
今、楽譜の右上の作曲者・..
by mhara21 at 17:41
この歌は歌いやすそうでい..
by mhara21 at 17:40
この電話の後、私はすぐマ..
by grpspica at 16:35
リヒテルによりますとマリ..
by mhara21 at 11:11
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...


<   2018年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今夏のCD2 ブラジルのポルトガル


Aquarela - Traditional Songs for Children
a0019212_20573943.png

私は子供向けの歌が好きだ。
何かの折、一聞きですっかり気に入ったのでCDを購入した。
大当たりである。

ポルトガル語は、穏やかでスペイン語の気質と正反対。
興奮していないけど、動きがあり、
のんびりしているけど、だらけず、
しかし、リラックス出来る世界に運んでくれる音。

「これってボサノバだよ」
と心憎い事を言う人に先を越されてしまった。

何かつまらない事を考えた時、幼稚園の庭にいて
「一番お利口」になれるような、そんな空間を与えてくれる。

CDの音は夢のような色合いの出来。
ジャケットも楽しい。
幼児からお年寄りまで、誰にプレゼントしても
「邪魔にならない空気」をお贈り出来ると思う。
a0019212_20574454.png

Aquarela - Traditional Brazilian Portguese Children's Songs




***************************





[PR]
by mhara21 | 2018-07-31 13:34 | エッセイ | Comments(0)

今夏のCD・その1

the real group/ ERIC ERICSON
STÄMNING・スタムニング 
a0019212_20595968.png
       
FMの「VIA合唱」は、大好きな番組。
その番組で紹介された天国的名盤。

私とスウェーデンの合唱との初めて出会いは、
スウェーデン放送合唱団のクリスマスソングだった。

そして今夏、初めてスウェーデンのア・カペラのCDを求めた。
「the real group」は男性3人と女性2人の構成。
スウェーデン讃美歌からの歌には「この甘い夏の時間に」のように
原曲がドイツのものもある。
スウェーデン語は、映画でチョイ聞きしたが、ドイツ語に似ている。
しかし歌となるともっと静かで、人間のアクの少ない音になる。
伸びやかで無理のない「ひびき」は、森に招かれたよう。

姉たちと聴くと「あ、この讃美歌、知ってる」と喜んでいた。

番組の解説によるとスウェーデンの人口は1千万位。
その中で、歌上手な人が多いという。
それは「スウェーデン語が歌いやすい言語だから」と
オペラ歌手・ビルギット・ニルソンは語ったという。

~~~~~~~~~~~~~

追 記 2018年8月3日

こんなのも見つけた。

・The Real Group Bach Invention in Am
  https://www.youtube.com/watch?v=eTW-xyGqJ2g




***************コメント***************

mari 2018年07月28日 13:50 削除

 YOUTUBEで探したら、写真と同じアルバムの曲を一曲聴けました。
 とても美しいです。
  https://www.youtube.com/watch?v=M3GkxawK2X0

 エリック・エリクソンは全く知りませんでした。
 素敵なミュージシャンを教えてくださり、ありがとうございます。❤️

 スウェーデン語は映画で接したくらいで、まったく解りませんが、
 歌いやすいとは興味深いですね。

~~~~~~~~~~
マサコ 2018年07月28日 16:52

> mari さん 
 mariさんは美しいものを何でもわかってくださるのですね。

 このコーラスのハーモニーブレンドの美しさは
 自然が美しさ、心愛の力に負けないと思います。

 YouTubeを教えてくださってありがとうございました。



*********************



[PR]
by mhara21 | 2018-07-29 19:34 | エッセイ | Comments(0)

Diary Entry 1982-2:Seeing Gould

Tag: English 1981 ← Please click here.
Tag: English 1982 ← Please click here.
Tag: English 1983 ← Please click here.
Other English Version ← Please click here.


#Seeing Gould

I went with Sandra to some gathering and chatted with women there. As always, I talked about Gould. One of them said something that quite surprised me.
 
b0071688_21255451.jpg

“You’re talking about Mr Gould? He lives in the same apartment building as I!
“Really? Where?”
“St. Clair Avenue 110.”

Before the lessons next evening, I went to St. Clair Avenue.
I arrived to the apartment building from the west side. Just when I arrived, a big car suddenly appeared from a bit eastern to the building and came out on the south. The car stopped to let other cars pass in order to merge into the street traffic. The driver was dressed completely in black.

Oh, my god, It’s Gould!
I want to run up to his car and open the door. However, I’m not even able to lift my hand and wave at him. I just watch after the car that is changing direction and disappearing down the Avenue Road, chanting the gratitude in my heart over and over again like sutra, “Thank you so much for playing Beethoven Concerto for us!”

The Gould I saw seemed to be in a bad temper and was astonishingly different from the person I know from pictures. Anyone who saw Gould in this period said, “He grew shockingly thin and haggard-looking.” His body must have reached its physical limits.
All Gould’s portraits from his later years wear the shadow of death. To those who knew Gould while he was young and beautiful, his looks, changed due to his dependence on medicines, were “strange yet mysterious” and gave away an odd feeling.

This was my only real meting with Gould. Nine months later he died of a stroke as if he were acting out “death”. That is when my communication with his spirit started. For me, Gould’s death was a deciding meeting, the beginning of our conversation.

b0071688_21255750.jpg
When I got home that night I immediately called Francis from Southwood Drive to tell her the exciting news.
“I saw Gould!”
“Where?”
“He was driving on Saint Clair Avenue!”
“What was he driving?”
“A big, black car.”
“Lincoln Continental. Yeah, that was definitely him!” Francis confirmed to me.

Translated by Saiko




*****************************



[PR]
by mhara21 | 2018-07-21 12:00 | 後追い日記82年 | Comments(0)

Diary Entry 1982-1:The New Accommodation

Tag: English 1981 ← Please click here.
Tag: English 1982 ← Please click here.
Tag: English 1983 ← Please click here.
Other English Version ← Please click here.
b0071688_21231145.png

#The New Accommodation

The new place I moved to was a warm loft room. My new landlords were a man prone to illness, his wife who had a heavy case of lumbago and their daughter Sandra. On the underground floor there were a bathroom and a toilet, and the whole second floor was leased out to a young married couple. On the third floor there were two rooms. On the east side was Sandra’s room, and the room facing the west side street was my room.
It was very easy for me to attend the high school English language classes from here.

Unlike Japan where we use gas, every cooking stove I saw in Canada was electric. I don’t know where they generate electric power, but it seems they have abundant supply from Niagara.

Three days after moving in I was making curry in the kitchen, planning to take it to a friend of mine who got sick. I didn’t know well the difference between the strongest and the weakest heat, so I put the pot on the weakest and sat there reading a book. When I noticed I had chosen a wrong heat level and was about to fix it, the landlady entered the kitchen.
“What on earth are you doing? You’ve been in the kitchen for too long!”
“I chose a wrong heat level for curry. I want to take some to a friend of mine who is sick.”
“Don’t use my electricity for your friends. Make food at their place.”

I never trusted the landlady after this incident, nor did I ever let my guard down around her. She came to like me afterwards, finding me to be “a nice and smart person”. She told me I could marry her middle-aged son, but I refused.

My landlady utterly detested her husband. I guess it was because she had had no control over her life, marrying a man who was poor and giving birth to as many as 7 children.

“Men are always out, having fun. They don’t care that the wife suffers because she doesn’t have enough money for the house.
Wife’s needs are ignored and she is just trampled on,” she would spit out angrily. She spoke English with a strong Chinese accent. Sandra criticised her parents’ behaviour in front of me, a person who just recently came to live in their house, “They could at least pretend to be in good relations in front of other people!”

I could see that the relationship between people in this family was complicated. The atmosphere in the house was somehow gloomy and oppressive.


Translated by Saiko



Japanese version of this page・後追い日記82年1・新しい下宿


******************************


[PR]
by mhara21 | 2018-07-10 00:00 | 後追い日記82年 | Comments(0)

ヤコブ・ゲリンガスさん  

b0071688_13061125.jpeg




   生誕80年 没後28年
ヤコブ・ゲリンガス(1938年3月23日 ー 1990年8月)
           

リトアニア出身のヴァイオリニスト、
親日家のゲリンガス氏にリトアニア民謡を捧げます。

歌詞の意味から、第一番、三番、二番,四番と演奏される事もあります。

紹介して下さったドイツ語の先生によりますと、

反戦歌で、どことなくPPMの「花はどこに行った?」の面影があるとの事。

ゲリンガス氏と一緒にいた時間は
私にとって音楽の魂の白鳥が舞っていたようでした。

アルツハイマーに倒れて、
オンタリオ湖に白鳥の最後を探しに行ったゲリンガスさん。
この歌を聴いて下さい。

**************************

   むかし5羽の野生の白鳥が

むかし 5羽の野性の白鳥が 渡ってゆきました
  輝くばかりに白くて 美しい白鳥でした!
  むかし 5羽の野性の白鳥が 渡ってゆきました
  輝くばかりに白くて 美しい白鳥でした!

  歌って 歌って どうしたの?
    どの1羽も もう見られなくなりました
  歌って 歌って どうしたの?
    どの1羽も もう見られなくなりました

2 むかし 5本の若い白樺の木が
        小川のほとりに生えていました
  それは 新鮮な 緑色の 白樺の木でした
  むかし 5本の若い白樺の木が
        小川のほとりに生えていました
  それは 新鮮な 緑色の 白樺の木でした

  歌って 歌って どうしたの?
    どの木も 花が咲きませんでした
  歌って 歌って どうしたの?
    どの木も 花が咲きませんでした

3 むかし 5人の若者が 誇らしく 勇敢に
         戦争へ出かけて行きました
  むかし 5人の若者が 誇らしく 勇敢に
         戦争へ出かけて行きました

  歌って 歌って どうしたの?
    1人も 帰って来ませんでした
  歌って 歌って どうしたの?
    1人も 帰って来ませんでした

4 むかし 5人の若い娘が 
     メーメル川のほとりで成長しました
  ほっそりした 美しい娘たちでした
  むかし 5人の若い娘が 
     メーメル川のほとりで成長しました
  ほっそりした 美しい娘たちでした

  歌って 歌って どうしたの?
    1人も 花嫁の花冠を 編みませんでした
  歌って 歌って どうしたの?
    1人も 花嫁の花冠を 編みませんでした


a0019212_02255.jpg
Zupfgeigenhansel - Zogen einst fünf wilde Schwäne
https://www.youtube.com/watch?v=Kwiyqx7MsaQ




******************************************



[PR]
by mhara21 | 2018-07-09 16:14 | エッセイ | Comments(0)