合い言葉GG
by mhara21
検索
☆マサコのプロフィール
13才のときにグレン・グールドのピアノに 出会う。以来抱き続けたグールドに会うという夢を追って28才でカナダへ。後追い日記はその記録である。
属性はシャーマン。


☆ミクシに習って、ぬさんからの紹介状
不在の幻影から愛するひとを救い出し、グーグルキャッシュの中に愛のエクリチュールを刻印しつづける、GGの恋人。二人はもう触れあうことができないが故に永遠に惹き付けあうことができる、まるで恒星と惑星の関係のような、あらゆる恋人が夢見るユートピアに住むひとです。


☆このブログの本拠地は
 海峡web版  です。

グールド、並びにグールド家からのプレゼントはこちら。

 グールドのサイン入りレコード
 もう1つのレコード
 グールドの本とそのメモ書き
 パパグールドさんのご本

☆グールドおよび後追い日記に関係のないトラックバックやコメントは削除する場合があります。
カテゴリ
全体
後追い日記81年
後追い日記82年
後追い日記83年
後追い日記84年
後追い日記85年
後追い日記86年
後追い日記87年
グールドからのプレゼント
グールドへのメール
エッセイ
ゴルトベルクをめぐる
グ−ルド・レストラン
8月のゴルトベルク
グ−ルドとエクスタシー
田中希代子
未分類
タグ
(94)
(58)
(39)
(32)
(14)
(13)
(12)
(10)
(8)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
フォロー中のブログ
海峡web版
記事ランキング
最新のコメント
田中先生のお誕生日は2月..
by grpspica at 07:21
2009年3月5日のお誕..
by mhara21 at 18:58
事柄のつながりというのか..
by mhara21 at 18:57
>マサコさま この..
by mhara21 at 14:00
読者の方がアーカイブを読..
by mhara21 at 13:41
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...


<   2017年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

神戸紀行 上島珈琲

b0071688_16290433.png

さすがに図書館と買い物に行くのは疲れた。
昨日から「淀長祭」が開かれている新開地へと足を延ばす。
神戸の山々は、いつも美しい。
映画は始まっていたので諦めて、ぐるりを散歩し
上島珈琲に戻って、空いている奥のトイレ横の大テーブルに座る。

なんと、伯父が台北の家で最後に弾いたベートーヴェンのピアノソナタ
変ホ長調第3楽章のメヌエットとトリオがBGMで流れる。
天国の伯父が私を励ましているようだ。

こんな偶然があるのだろうか?
1、2、4楽章抜きで、あのメヌエットとトリオだけが流れる。。。
この曲は地味なので知る人も少ないことだろう。

世界の片隅で演奏された20代の死にゆく青年のピアノを、
ベートーヴェンも耳に止めてくださったことでしょう。


タバコ切れの女性が、私の近くでタバコに火を付け、一口吸うと、
慌ててトイレに消えて行く。

ここはトイレの番人席のようで、次々と男性ばかりがやって来る。
一人の使用時間がやたら長いせいか、とに手をかけては、
入れないとわかり、人が次々と消えていく。
朝顔だけの部屋があればいいのにとさすがに覗きはしなかったけど。

そこに70代と思われる蒋介石夫人宋美齢のようなご婦人が現れる。
まさしく大陸の美女。横には80代後半のようなご主人。
連れのカップルも中華ムード満載の4人組がランチメニューのご注文。

私はといえば、映画はやめて、そのぶんちょっぴり贅沢をして、
ブドウジュースを飲んで行く秋を惜しんだのであった。

 
  関連日記 ベートーヴェンPソナタ#18 E♭ op31-3  byマサコ
        http://kaikyou.exblog.jp/20252754/

   ①シュナーベル版
b0071688_16312002.jpeg
   ②トーヴィ版
b0071688_16322490.jpeg
   ③原典版
b0071688_16334207.png
この3つの楽譜のメヌエットの、11小節アップビートから8小節の部分を
比べて頂きたい。

最初のシュナーベル版には、CとFに♮(ナチュラル)がついているが、
二つ目のトーヴィ版にはどちらもない。
三つ目の原典版ではCには♮がなく、Fにはある。

果たしてこの差は何か??

私は、シュナーベルが楽譜の上でこのふたつの音、特にCの音を重要視して、
奏者の注意を引いたのだと思う。
この曲を弾いたことはないが、何度も歌っているときに、
この部分のハ音とへ音に特別な美しさがあることに気づいていた。

だからシュナーベルの楽譜を見たときにびっくりした。
まさにその場所にピアノには敢えて加える必要のない♮がついているのである。
このナチュラルは、他の記号で強調する方法がないので使った、と私は思う。

「この音に最高の注意を払って、フレーズの美しさを際立たせるように」
これがシュナーベルの指示だ。
改めて、シュナーベルの楽曲への鋭い理解、演奏者への配慮と教授法に
驚くばかりだ。

 「ピアノをどう弾いていいか、わからない時は、歌ってごらんなさい。
  そして歌った通りに弾けば、フレーズは美しく自然になるのよ」
 これは、昔、母からよく聞いた言葉。
 後にマリーナ先生からも同じことを教えられた。
 その通りである。

この曲からは、家族の慟哭が音楽を通して聴こえる。
ここには演奏している伯父の家族への思い、
そして悲報に触れる未来の家族の悲哀の心が表されている。

私はこの部分でいつも 祖母、伯母、 母の女性3人の痛烈な悲しみを感じる。

伯母からは、伯父亡き後、父親である石崎皆市郎が部屋の中で呻くように
「かずひこーっ」と呼ぶ声が聞こえたと聞いた。

2度繰り返されるこのフレーズの2度めの部分では、ハ音に♮はない。
その理由は、演奏者がコーダに向かって感情を抑えた死の準備をしているからだ。

b0071688_16342864.jpg
b0071688_16344514.jpg
おや、クレッシェンドは、最初と2度めでフォントの大きさが違っているぞ。
 (写真ではあまり違話ないけれど、音符と比較するとわかる)
これは死の手前の命の一瞬の輝きを表す。
そしてそこから徐々に最後に向かって息絶えていく。

恐るべしシュナーベル。
その演奏と校訂に感謝。



**************************

[PR]
by mhara21 | 2017-10-23 16:35 | エッセイ | Comments(0)

Diary Entry 1981-20 : The Goulds’ House

Tag: English 1981 ← Please click here.
Tag: English 1982 ← Please click here.
Tag: English 1983 ← Please click here.
Other English Version ← Please click here.


b0071688_18031997.jpg
#The Goulds’ House

On July 26th I got a phone call from Robert Smith.
“We got a baby boy last week. We are so happy! Would you like come for a visit today?”

Francis gave birth 7 days ago and her mother Key came to stay for a while to help them out.

For me, just being in Gould’s house was pure happiness.
They grilled mutton in the backyard. We had our dinner on the completed terrace.
Robert worked briskly and efficiently. He went around preparing our meal, taking care of the baby and doing other stuff in the house.
We had the desert inside. They prepared an ice cream garnished with fresh peaches. It was a sophisticated desert typical for the Smiths family.

“After the war, many Europeans had a strong desire to go to a new country. We were among them. My husband and I couldn’t speak a word of English, and yet we came to Canada together with our four children. My husband went to different factories every day asking, “Do you have work for me?” Francis’ mother reminisced.

Francis and Robert made funny faces at Kay’s words, saying, “Oh, no, not that story again…”

“I read once that the Japanese were buying Gould’s records most.”
“At first he was not sufficiently acknowledged, so his records often went out of print. However, when in 1968 his recording of Beethoven’s ‘Emperor’ with Stokowski as the conductor was released in Japan, he finally reached the first peak of his popularity among the Japanese.”

“Glenn was very close with his mother, and he thought his father should not marry again. So, when his father remarried their relationship went so sour that he even stopped having his customary Christmas dinner with his father. Although, Glenn said their lifestyles were so different he would end up not actually eating anything during those dinners anyway.”

I couldn’t help thinking that the only reason I could be in the Smith’s house and have this conversation with them was because Gould’s father remarried.
I told them about my experiences from the day of my arrival to Toronto until the day I came to Southwood.

“When I saw a baby buggy, I thought the Goulds moved from this house. When I saw a woman in a red shirt I thought she was Gould’s older sister.”
“That was Robert’s mother!”

Robert was very good in the art of conversation, and he flooded me with questions.
“How are marriages in Japan?”
“How is Japanese economy?”
As I was answering his questions in my faltering English, I noticed I had twisted up the tablecloth and pulled it to the left. Francis energetically put the twists back in order.

The three of them were very surprised when they heard I’d visited Caravan.
“You are very independent, Mako,” Robert said, his face bright.
“I travelled the world at Caravan!”
(We could visit pavilions of more than 50 different ethnic groups from around the world.)
“You are willing to get yourself actively involved in everything around you. We really hope you will get to meet Gould,” said Key supportively.
“Moreover, you’re the first Japanese without a camera we’ve ever seen!” she exclaimed good-humoredly and everyone laughed.
“Though the only reason you came here for is to meet Gould!” Key continued, and then offered with a smile, “I think Mako takes mental photos and stores them in her head.”
“But, what proof will you give to people that you have met Gould? Francis challenged

“I didn’t come to meet Gould so I could tell people about it.”
I was just a bumbling person who couldn’t do things other people did with ease. Having a camera was bothersome. Primarily, it was always in the way when I carried it around. As Key said, my head was heavy because it was crammed with stuff. I was a master of anxiety.

Francis carried down the new baby boy for his feeding. Robert took him in his arms first and lovingly crooned over him.
The picture of the older boy snuggling up to Francis who was breast-feeding the baby next to a flower stand looked like one of Vermeer’s masterpieces.

Whatever I saw, wherever I looked, the hum and the atmosphere of the life in the Goulds’ old home overlapped with what was in front of me. I wondered if Gould had been raised on breast milk.
The Goulds’ house was like a fairy-tale temple to the gods of music from Greek mythology. There were legends there like the ones we could find in music from Greek mythology, and a piano that belonged to a woman who gave birth to a musician whose piano was blessed by gods.
Gould’s mother’s Chickering piano was easy to play. It produced even sounds and had a keyboard that was neither too heavy nor too light.

“I am going upstairs. Do visit us again and play the piano for us.”
It seemed that the second owners of the Goulds’ house were people with plenty of happiness in their lives as well.

I went down the Southwood hill followed by the sound of cool breeze.
The glitter of peppermint fragrance from the leaves that Gould too used to see permeated my skin. If there were other sick people who had a dream to come to Canada, I would be praying for their dream to come true.

Neither pretty nor shapely heroine, good in neither English nor at piano, ended this day filled with several hours of marvelous scenarios and stage sets at a movie-like Southwood.



Previous page : 1981-19 : An Angel from the Netherlands
Next page : 1981-21 : The Church


***************

[PR]
by mhara21 | 2017-10-05 18:03 | 後追い日記81年 | Comments(0)

グレン・グールドの36回忌に寄せて

新グールドへのメール4

お元気ですか?
いつも見守って下さってありがとうございます。

1985年、あなたはもうこの世にいませんでした。
私は、ツァラトストラとの約束を叶えようと、
溌剌とトロントで学んでいました。

この秋はその年に起った日航機ジャンボ123便の事件のことで、
思うこと多く生活しています。
本年はグールドファンのネット仲間のこの事件に関する報告を
お供えしたいと思います。

  風化させてはならない日航123便事件

  
先月(9月)20日には、父の旧制高等学校の卒業アルバムが、
台湾と日本の架け橋第一人者の片倉佳史氏と共に台北へ行きました。
父はやっと、生まれ故郷「台湾」へ帰ることができました。
台湾を離れて70年。父の夢が叶いました。
b0071688_09252810.jpeg
この頃、人間の孤独とは
「本来、光の中に一心同体であるものが、
 肉体や個別の心を与えられたがために感じる本質的な淋しさではないか?」
と考えるようになりました。

人が人を求めるのも、本来、光の方を向きたいからかも知れません。

ではまた、来年まで。 再見‼︎ 

マサコ


*********************


[PR]
by mhara21 | 2017-10-04 09:25 | グールドへのメール | Comments(0)