合い言葉GG
by mhara21
検索
☆マサコのプロフィール
13才のときにグレン・グールドのピアノに 出会う。以来抱き続けたグールドに会うという夢を追って28才でカナダへ。後追い日記はその記録である。
属性はシャーマン。


☆ミクシに習って、ぬさんからの紹介状
不在の幻影から愛するひとを救い出し、グーグルキャッシュの中に愛のエクリチュールを刻印しつづける、GGの恋人。二人はもう触れあうことができないが故に永遠に惹き付けあうことができる、まるで恒星と惑星の関係のような、あらゆる恋人が夢見るユートピアに住むひとです。


☆このブログの本拠地は
 海峡web版  です。

グールド、並びにグールド家からのプレゼントはこちら。

 グールドのサイン入りレコード
 もう1つのレコード
 グールドの本とそのメモ書き
 パパグールドさんのご本

☆グールドおよび後追い日記に関係のないトラックバックやコメントは削除する場合があります。
カテゴリ
全体
後追い日記81年
後追い日記82年
後追い日記83年
後追い日記84年
後追い日記85年
後追い日記86年
後追い日記87年
グールドからのプレゼント
グールドへのメール
エッセイ
ゴルトベルクをめぐる
グ−ルド・レストラン
8月のゴルトベルク
グ−ルドとエクスタシー
田中希代子
未分類
タグ
(98)
(60)
(44)
(33)
(16)
(13)
(12)
(11)
(8)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
フォロー中のブログ
海峡web版
記事ランキング
最新のコメント
この寒い季節に白いお花に..
by mhara21 at 22:15
今、楽譜の右上の作曲者・..
by mhara21 at 17:41
この歌は歌いやすそうでい..
by mhara21 at 17:40
この電話の後、私はすぐマ..
by grpspica at 16:35
リヒテルによりますとマリ..
by mhara21 at 11:11
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...


音の味覚

 アンリ・ゲオン著「モーツァルトとの散歩」は1932年の著作。
アンドレ・ジイドのモ−ツァルトのピアノソナタK333を聴いたゲオンは、第3楽章の最初の小節、左手の3番目の音がF音(Ⅰの和音)でなくG音(ⅵの和音)で、そのニュアンスをはっきりわかるようにジイドが弾いたことを褒めている。
 左手のG音は、突き出した、違和感のある味覚を与え、なんだFじゃないのかと改めて確認したくなるような香り。もし形なら、大きめに切ったきゅうりがサラダで目立つのである。
b0071688_14585344.jpeg

 ゲオンは、モ−ツァルトの歴史を調べた。
そしてピアノソナタK309の第2楽章に、モ−ツァルトが、びっくりする程にクラヴィコードを弾いた少女のイメージを盛り込んだ。
その少女とはモーツァルトがマンハイムでピアノを教えたクリスティアン・カンナビッヒの娘・ローザだ。
そのハイライトは、40小節目から始まる45小節にほんの少しかかる部分だ。
b0071688_14594056.jpg

 しっとりした主題からの32連符が効き味の見事な変奏。リズムのひっくり返しと、64連符の4つの音でアニメタッチ。名手の刺繍のような楽譜。そこに愛する人の雰囲気を託したモーツァルト。
 この箇所は、お茶席での簡素な動作のよう。
 お薄と繊細なお菓子をいただいた時のような味覚が広がる。

P.S. 霊的おふざけ
 グレン・グールドの伝記を書いたオストウォルドは、グールドの309のソナタを名演という。
 私は賛成しません。ピアノ・ソナタの中では、グールドが大好きだったK284のニ長調が、演奏者と作品の最高の相性と思う。でもK330ハ長調の最初の録音は、その時限りの精霊おろしのような稀有の演奏で、必聴に値する。

 さてきょうは、10月4日の命日とはいえ、朝早くから、胃が痛いファンを起こし、「アンドレ・ジイドのピアノなんか前座々々」とわめき散らし、近親憎悪でモーツァルトにイチャモンをつけ、グールドは、またもやブログに登場したがる。
 こんなに長くなると「ブログに載せてもらわれへんよ」となだめつつ、寝巻き姿でエンピツでひた走り。

 題は「アンリ・ゲオンの主題による、グールドのモーツァルト変奏曲」にしましょうか?

 特別な日だから、お供えは何がいい?
 あの日、私はアメリカ滝からカナダを眺めていた。ナイアガラの空気が夕方、紫色になったことが忘れられません。画家のバ−バラ・クーニーが「ビムロスの空」として、大気の色染めを絵本にしています。

 神様の国に帰っているのなら、もう少し温和しくしていてね。
 でないと「成仏していない」と言われてしまうわよ。
「生きていたときのように、喋りまくれるのなら成仏する気はありません」と屁理屈こねているようだけど。



*********************************************

[PR]
by mhara21 | 2007-04-10 09:57 | エッセイ | Comments(0)
<< 曲の終わり 修道女モニカ >>