検索
☆マサコのプロフィール
13才のときにグレン・グールドのピアノに 出会う。以来抱き続けたグールドに会うという夢を追って28才でカナダへ。後追い日記はその記録である。
属性はシャーマン。


☆ミクシに習って、ぬさんからの紹介状
不在の幻影から愛するひとを救い出し、グーグルキャッシュの中に愛のエクリチュールを刻印しつづける、GGの恋人。二人はもう触れあうことができないが故に永遠に惹き付けあうことができる、まるで恒星と惑星の関係のような、あらゆる恋人が夢見るユートピアに住むひとです。


☆このブログの本拠地は
 海峡web版  です。

グールド、並びにグールド家からのプレゼントはこちら。

 グールドのサイン入りレコード
 もう1つのレコード
 グールドの本とそのメモ書き
 パパグールドさんのご本

☆グールドおよび後追い日記に関係のないトラックバックやコメントは削除する場合があります。
カテゴリ
全体
後追い日記81年
後追い日記82年
後追い日記83年
後追い日記84年
後追い日記85年
後追い日記86年
後追い日記87年
グールドからのプレゼント
グールドへのメール
エッセイ
ゴルトベルクをめぐる
グ−ルド・レストラン
8月のゴルトベルク
グ−ルドとエクスタシー
田中希代子
未分類
タグ
(98)
(60)
(44)
(33)
(16)
(13)
(12)
(11)
(8)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
フォロー中のブログ
海峡web版
記事ランキング
最新のコメント
この寒い季節に白いお花に..
by mhara21 at 22:15
今、楽譜の右上の作曲者・..
by mhara21 at 17:41
この歌は歌いやすそうでい..
by mhara21 at 17:40
この電話の後、私はすぐマ..
by grpspica at 16:35
リヒテルによりますとマリ..
by mhara21 at 11:11
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...


グールドへのメール17 両性具現

グールドへのメールを1から読む

 2001.4.14

「桜は不思議。花が咲くのに葉っぱがない」
「だからきれいなのよ」 
今、吉野山では奥千本が見頃だそうです。

日本人と桜はカナダ人とグールドのようなものかしら? 
国を代表するという意味でね。
今日は何のお話をしましょうか?
バーンスタインのピアノは、なぜ上手なのか? 彼はゲイだったから。
ゲイでも才能のない人はだめでしょうけど、同じレベルの才能の場合にゲイの芸術に惹きつけられる。

マールの「精霊と芸術」は、多方面から芸術をとらえた記述が展開され、私にはわかる感触ばかり。
たとえば「性交と出産を同時にやる」感じ。理屈抜きに「第3の性」を理解する。

五木寛之さんが武満徹さんとの対談で「歴史的な両性具有の伝統と文化」について発言。
男が女の力を借りる。ゲイバーの多いところほど芸術的に豊饒。

「両性具現というのは一人の人間の中で結局生殖が行われる。
 その人たちは雌蘂と雄蘂を持つ。精神的な生殖が行われる。
 そして一人の人間の個体の中で、ものを生むわけです」

グールドも「ゴルトベルク、アリアベビー」生んじゃったのでは?旧録音では正にそう。
新録音では、その子が成長して「能役者」のように歩いています。

五木さんはこの他、シャーマニズムにも歴史的な背景を語り、私には興味深いものばかり。
人生が時間の芸術なら、ロマンのある方の時空間は、過去、現在、未来を生きている香り。

今朝、ワイドショーで1泊20万円するお部屋のフィルムのところで
「アリア」チェンバロだったけど使われていました。
遂にワイドショーにも登場です。

飛躍するけれど、日本の国歌がこのアリアになったら、どんなことになるかな?
きっと憲法第9条は守られますね。メロディーには生命への畏怖が宿っている。

お話を変えて、
「学校は行くもの」・「結婚はするもの」・「子供は生むもの」
こんなあきあきしたコンセプトがなくなると自由に生きられるかなぁ? 
三つともズッコケたものばかりです。

もうひとつあるわ。
「成仏はするもの」いやその手前「幸せにはなるもの」
みんな「春の夜の夢」 

合い言葉「ピンク」。ピンクはナデシコの花。
常夏(とこなつ)と「床」をかけると直接的な短歌が詠めるみたいよ。
・・・・・
ね、短歌も詠めないのです。

「とこなつの 花のおもひを たくすべく」
これは、便せんから取りました。

お揃いの封筒もございます。
E-mail世代には、こんな楽しみもなくなっていくのですね。
切手とかそれぞれの自筆。
相手の匂いを知ることのないコミュニケーションの在り方が、お互いの誤解につながる?


next グールドへのメール18 メープル・シュガーへ




***************************
[PR]
by mhara21 | 2006-10-26 10:44 | グールドへのメール | Comments(0)
<< グールドへのメール18 メープ... グールドへのメール16 医療... >>