合い言葉GG
by mhara21
検索
☆マサコのプロフィール
13才のときにグレン・グールドのピアノに 出会う。以来抱き続けたグールドに会うという夢を追って28才でカナダへ。後追い日記はその記録である。
属性はシャーマン。


☆ミクシに習って、ぬさんからの紹介状
不在の幻影から愛するひとを救い出し、グーグルキャッシュの中に愛のエクリチュールを刻印しつづける、GGの恋人。二人はもう触れあうことができないが故に永遠に惹き付けあうことができる、まるで恒星と惑星の関係のような、あらゆる恋人が夢見るユートピアに住むひとです。


☆このブログの本拠地は
 海峡web版  です。

グールド、並びにグールド家からのプレゼントはこちら。

 グールドのサイン入りレコード
 もう1つのレコード
 グールドの本とそのメモ書き
 パパグールドさんのご本

☆グールドおよび後追い日記に関係のないトラックバックやコメントは削除する場合があります。
カテゴリ
全体
後追い日記81年
後追い日記82年
後追い日記83年
後追い日記84年
後追い日記85年
後追い日記86年
後追い日記87年
グールドからのプレゼント
グールドへのメール
エッセイ
ゴルトベルクをめぐる
グ−ルド・レストラン
8月のゴルトベルク
グ−ルドとエクスタシー
田中希代子
未分類
タグ
(94)
(58)
(44)
(32)
(15)
(13)
(12)
(10)
(8)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
フォロー中のブログ
海峡web版
記事ランキング
最新のコメント
田中先生のお誕生日は2月..
by grpspica at 07:21
2009年3月5日のお誕..
by mhara21 at 18:58
事柄のつながりというのか..
by mhara21 at 18:57
>マサコさま この..
by mhara21 at 14:00
読者の方がアーカイブを読..
by mhara21 at 13:41
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...


グールドへのメール12 ジャズの風

グールドへのメールを1から読む

 2001.3.30

 東京は桜が満開とのこと。いい状態は今週末までだそうです。
 今、大橋美加さんの「ポップスグラフィティージャズボーカルとシネマ」を聴いています。 

 あなたは、「マーシャル・マクルーハンがあまりラジオを聴いていないのではないか?」といっていたそうですが、ご自分は1日中ラジオを流していたのですね。「ラジオタイムズ」という名のバラがあります。

 パド・パウエルのジャズピアノが始まりました。リクエストでかかったの。
 私はさらっとした気品のある、ハンク・ジョーンズやトミー・フラナガンが大好きです。
 パーシー・グレインジャーはジャズの潮風とポピュラーの花の香りをクラシックに盛り込んだ不思議なブレンドの世界に超然と生きていますね。

 閑つぶしにメールを送っていると、トロントで永遠に返事の来ない手紙を書いていたことを思い出します。
 カナダの国立図書館には、さまざまな個人的持ち物、ボールペン、キイホルダー、靴、そしてファンからの便りが保管されているそうですね。ピーター・オストウォルドが自分の手紙がないと伝記に書いているけれど、私のはグレープフルーツの皮なんかと一緒に捨てられていることを祈っています。残っていたら、冷や汗もの。

 「春のごとく」をエラが歌い出しました。
 今日は、昼の放送でマリー・ペライアが、モーツァルトのピアノ協奏曲を弾いて、夜にはレオン・フライシャーが同じ曲を今年ザルツブルグで弾いた録音が流れます。 ペライアのゴルトベルクはまだ聴いていません。
 レオン・フライシャー氏に丁寧にお便りだしていますね。書簡集で読みました。
 田中希代子さん、ソロモン、皆、途中で演奏を断念なさった方々の無念さが、ひびいて来るようです。
 レオン・フライシャーのモーツァルトは数年前、聴きましたが、もう1つ冴えていませんでした。若き日のすごい演奏を聴いたことがあるので、比べたらいけないのでしょうが、田部京子さんの演奏も冴えなくなって、原因が交通事故のせいかしら?と心配しています。
 つい人の噂話になりました。

 今夜は、Rさんの「氣圧」の日です。別人のような体になれるから不思議です。


next グールドへのメール13 大手拓次へ



**********************************
[PR]
by mhara21 | 2006-08-28 09:55 | グールドへのメール | Comments(8)
Commented by BlancNoveau at 2006-09-12 21:12 x
こんばんは!ジャズのスタンダード曲「春のごとく」を練習したいのですが,この曲はどのような背景のもとで作られた?唄われた曲なのでしょうか?
それが知りたくて・・・・。もしご存じでしたら,教えてください。
Commented by モニカ at 2006-09-13 02:26 x
BlancNoveauさま、こんばんは。
ブログの主、マサコさんの代わりにお返事します。
私はこの歌を知らないので、ググって見たらこんな事が解りました。
ある方のブログにあったものを、ご許可戴いてコピーします。

「「春のごとく」 これはアメリカ南部の村で行われる「ステート・フエア」という催しを扱った、1945年製作の同名の映画の主題歌で、ジーン・クレインが主演した映画だそうです。主題歌はこの年のアカデミー歌曲賞を得た曲で、黒人女性歌手のサラ・ヴオーンが唄っています。古い映画なので資料も少なく更に補足すれば下記の程度のことです。
「ステートフエア」(State Fair)1945年 アメリカ映画
 ウォルター・ラング ジーン・クレイン
 ダナ・アンドリューズ  ディック・ヘイムズ
 100分 音楽 アルフレッド・ニューマン
 主題歌「春のごとく」は原題は「It Might As Will Be Spring」です」

このブログのアドレスはこちらです。
   http://blog.goo.ne.jp/f3841/m/200601
  CD雑記帳)「雨に唄えば」(ジュディ・ガーランド)ほか 
Commented by BlancNouveau at 2006-09-13 14:59 x
モニカ様,早速に教えて頂きまして,ありがとうございます!
嬉しいです。
クラシックを習っている友人(元タカラジェンヌ)が,来年の発表会で唄いたいと楽譜手に入れました。曲の背景を理解した上で,練習に心したい・・・と意気込んで居ます。ありがとうございます。これで大丈夫だわ~~
感謝・感謝♪♪
Commented by モニカ at 2006-09-15 08:58 x
BlancNouveauさま、
私はただ、ググってコピーしただけですが、お役に立ててよかったです。
たそがれさんのブログは
 「心に残る懐かしい映画や音楽と本
    きままな旅に憧れて…
       日常雑記いろいろ…
   映画と音楽 そして旅 たまには本も…」
と題されていて、他の記事も参考になる事があリ、
紹介されている映画や音楽を見たり聴いたりしたくなりますよ。
映画音楽を歌われる時は、色々参考になるのではと思います。
アドレスは上のコメントに貼ってある所です。
Commented by BlancNouveau at 2006-09-15 22:12 x
モニカさま,こんばんは~♪♪
検索でこのページを偶然知りました。
このように短時間でご親切にお教え頂け・・・・嬉しかったです。
また,参考にさせていただきます。ありがとう~~
Commented by mhara21 at 2018-03-27 13:41
読者の方がアーカイブを読んで下さると、
私も何を書いていたのか確認に来ることが多くなります。
そして思いもかけないコメントのやり取りを読んで楽しんでいます。

今はいかにして安倍総理を退陣させて刑務所に入っていただくか、
あるいはご夫妻一緒に精神病院が引き受けてくださるのか ?
そんな日本の様子を見ています。
1日も早く健全で平和を守れる日本の国になってほしい。 マサコ
Commented by mhara21 at 2018-03-27 14:00
>マサコさま

この記事のアップが2006年8月28日。
コメントが入ったのが同年9月12日。
そして検索して見つけたブログの記事のアップ日が
2006年1月27日。

いえ、どうってことない話なんですが、
繋がるって面白いなぁ〜〜と。。。

最近では台北高等学校関係で、
調べたいことを検索していて見つけた記事が
10日前のアップで、とてもワクワクしたので
フト思って調べてみました。モニカ
Commented by mhara21 at 2018-04-03 18:57
事柄のつながりというのか、
ちょっと根を引っ張っただけで次々に土の中を這って行くようですね。
語呂合わせですが「意地を張る」、
意、志し(こころざし)が土の奥深いところまで進んでいて
横にも広がっている。
人生とか勉強にそういう状態を感じる時もありますね。
もしも長生きがそういう実りを感じさせてくれるのであれば、
長生きするのも悪くありません。  マサコ
<< グールドへのメール13 大手拓次 グールドへのメール11 カナリア >>