検索
☆マサコのプロフィール
13才のときにグレン・グールドのピアノに 出会う。以来抱き続けたグールドに会うという夢を追って28才でカナダへ。後追い日記はその記録である。
属性はシャーマン。


☆ミクシに習って、ぬさんからの紹介状
不在の幻影から愛するひとを救い出し、グーグルキャッシュの中に愛のエクリチュールを刻印しつづける、GGの恋人。二人はもう触れあうことができないが故に永遠に惹き付けあうことができる、まるで恒星と惑星の関係のような、あらゆる恋人が夢見るユートピアに住むひとです。


☆このブログの本拠地は
 海峡web版  です。

グールド、並びにグールド家からのプレゼントはこちら。

 グールドのサイン入りレコード
 もう1つのレコード
 グールドの本とそのメモ書き
 パパグールドさんのご本

☆グールドおよび後追い日記に関係のないトラックバックやコメントは削除する場合があります。
カテゴリ
全体
後追い日記81年
後追い日記82年
後追い日記83年
後追い日記84年
後追い日記85年
後追い日記86年
後追い日記87年
グールドからのプレゼント
グールドへのメール
エッセイ
ゴルトベルクをめぐる
グ−ルド・レストラン
8月のゴルトベルク
グ−ルドとエクスタシー
田中希代子
未分類
タグ
(98)
(60)
(44)
(33)
(16)
(13)
(12)
(11)
(8)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
フォロー中のブログ
海峡web版
記事ランキング
最新のコメント
この寒い季節に白いお花に..
by mhara21 at 22:15
今、楽譜の右上の作曲者・..
by mhara21 at 17:41
この歌は歌いやすそうでい..
by mhara21 at 17:40
この電話の後、私はすぐマ..
by grpspica at 16:35
リヒテルによりますとマリ..
by mhara21 at 11:11
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...


カンナビッヒ嬢の面影 


私は「白」が好きだ。
ハ長調にその「白」を感じる。
次に「へ長調」。 
これは田中希代子さんがへ長調の曲を弾かれる時に、
独特の知性を感じるので愛している。

モーツァルトのK309のピアノソナタは、
 1楽章はC dur(ハ長調・C major)
 2楽章はF dur(へ長調・F major)
b0071688_10503573.jpeg
この曲は、モーツァルトの愛弟子、カンナビッヒ嬢のために作曲され、
カンナビッヒ嬢の面影を宿していると言われる作品である。
モーツァルトは彼女のイメージを曲に再現したかった。
曲の一貫した美しさは成功している。
2楽章に大好きな箇所がある。
ブリッジ(1フレーズ4小節)第1テーマに戻る橋のような短い部分。
b0071688_14594056.jpg


動きの美しさが、お茶席を想い起こす。
静かで簡素。
続く第1テーマは、変奏になっている。

この曲を弾く喜びは、ベートーヴェンの「クロイツェル・ソナタ」op47
(ピアノとヴァイオリンのためのソナタ)の2楽章の変奏を弾く時と同じだ。

カンナビッヒ嬢は、モーツァルトを魅了した。
だからこの名曲が誕生した。

グレン・グールドの評伝の著者・ピーター・オスとウォルドは、
この第7番(K309)と第6番(K284)のソナタについて、
グールドのモーツァルトPソナタ全集の中で
「特に見事」と感想を述べている。
  (グレン・グールド伝第21章 独自の作曲家論 p313より)




**********************************


[PR]
by mhara21 | 2018-11-15 00:00 | エッセイ | Comments(0)
<< お気に入りのyoutube シュワーゼンバッハ滝 >>