合い言葉GG
by mhara21
検索
☆マサコのプロフィール
13才のときにグレン・グールドのピアノに 出会う。以来抱き続けたグールドに会うという夢を追って28才でカナダへ。後追い日記はその記録である。
属性はシャーマン。


☆ミクシに習って、ぬさんからの紹介状
不在の幻影から愛するひとを救い出し、グーグルキャッシュの中に愛のエクリチュールを刻印しつづける、GGの恋人。二人はもう触れあうことができないが故に永遠に惹き付けあうことができる、まるで恒星と惑星の関係のような、あらゆる恋人が夢見るユートピアに住むひとです。


☆このブログの本拠地は
 海峡web版  です。

グールド、並びにグールド家からのプレゼントはこちら。

 グールドのサイン入りレコード
 もう1つのレコード
 グールドの本とそのメモ書き
 パパグールドさんのご本

☆グールドおよび後追い日記に関係のないトラックバックやコメントは削除する場合があります。
カテゴリ
全体
後追い日記81年
後追い日記82年
後追い日記83年
後追い日記84年
後追い日記85年
後追い日記86年
後追い日記87年
グールドからのプレゼント
グールドへのメール
エッセイ
ゴルトベルクをめぐる
グ−ルド・レストラン
8月のゴルトベルク
グ−ルドとエクスタシー
田中希代子
未分類
タグ
(98)
(60)
(44)
(33)
(16)
(13)
(12)
(11)
(8)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
フォロー中のブログ
海峡web版
記事ランキング
最新のコメント
この寒い季節に白いお花に..
by mhara21 at 22:15
今、楽譜の右上の作曲者・..
by mhara21 at 17:41
この歌は歌いやすそうでい..
by mhara21 at 17:40
この電話の後、私はすぐマ..
by grpspica at 16:35
リヒテルによりますとマリ..
by mhara21 at 11:11
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...


ラフマニノフ「徹夜祷」op37を聴く 



ラトビア放送合唱団のラフマニノフ作曲「徹夜祷」op37を聴く。

 「悪しき者の はかりごと
  行かざる者は 幸いなり」  第3曲より

「この合唱団は、団員に音楽大学に行った人やプロの音楽家が少なく、
 そのため、他の人の音をよく聴くことができるのです。
 皆、伝統の中に音楽体験を積んで来たから、よくブレンドできます」

そう言えば孔子の言葉に、
「人の歌う歌をよく聴いて学びなさい。
 学んだらその歌に合わせて歌いなさい」
と。

「汝は永久に敬虔な声で歌われるに適(あた)う」 第4曲から
b0071688_18255218.png

指揮者スパルス・プトニンシュさんのお話
 
 ラフマニノフの「徹夜祷」は音楽史上、最も規模の大きい合唱曲の1つです。
 これほどシンフォニックな無伴奏の合唱曲はありません。
 ロシアの文化が色濃く反映されていますが、
 誰もが共感できる普遍的な音楽でもあります。

 観衆の皆さんには、私たちと共にただ身を任せ、音楽を体感し、
 その一部になっていただきたいのです。
 私たちはそうやってみなさんを導くのが得意な合唱だと思います。
 聴く人の心を強烈に揺さぶるのです。


この言葉が私の感想の全てを言い表している。


********************


[PR]
by mhara21 | 2018-08-29 18:26 | エッセイ | Comments(0)
<< 好き嫌い モダン・ジャズ・カルテット 今夏のCD2 ブラジルのポルトガル >>