合い言葉GG
by mhara21
検索
☆マサコのプロフィール
13才のときにグレン・グールドのピアノに 出会う。以来抱き続けたグールドに会うという夢を追って28才でカナダへ。後追い日記はその記録である。
属性はシャーマン。


☆ミクシに習って、ぬさんからの紹介状
不在の幻影から愛するひとを救い出し、グーグルキャッシュの中に愛のエクリチュールを刻印しつづける、GGの恋人。二人はもう触れあうことができないが故に永遠に惹き付けあうことができる、まるで恒星と惑星の関係のような、あらゆる恋人が夢見るユートピアに住むひとです。


☆このブログの本拠地は
 海峡web版  です。

グールド、並びにグールド家からのプレゼントはこちら。

 グールドのサイン入りレコード
 もう1つのレコード
 グールドの本とそのメモ書き
 パパグールドさんのご本

☆グールドおよび後追い日記に関係のないトラックバックやコメントは削除する場合があります。
カテゴリ
全体
後追い日記81年
後追い日記82年
後追い日記83年
後追い日記84年
後追い日記85年
後追い日記86年
後追い日記87年
グールドからのプレゼント
グールドへのメール
エッセイ
ゴルトベルクをめぐる
グ−ルド・レストラン
8月のゴルトベルク
グ−ルドとエクスタシー
田中希代子
未分類
タグ
(94)
(58)
(39)
(32)
(14)
(13)
(12)
(10)
(8)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
フォロー中のブログ
海峡web版
記事ランキング
最新のコメント
田中先生のお誕生日は2月..
by grpspica at 07:21
2009年3月5日のお誕..
by mhara21 at 18:58
事柄のつながりというのか..
by mhara21 at 18:57
>マサコさま この..
by mhara21 at 14:00
読者の方がアーカイブを読..
by mhara21 at 13:41
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...


秋の三冊

a0019212_13054828.jpg
久しぶりで姉のところで暮らしている。
懐かしい本棚を調べて、三冊取り出して思い思いに拾って読む。

お気に入りは「ショパンのプレリュード集 作品28」。
       トーマス・ヒギンズ編、松前紀男訳。東海大学出版会
全楽譜、アナリーゼ、考察と論評という構成。
「考察と論評」には作曲家シューマン、リストの他、
作家や詩人のこの曲への思いや形容が書かれている。
中でもジョジュル・サンドとアンドレ・ジイドのは長く、
この曲についてのユニークなエピソードを語っている。

前奏曲愛好者へのお薦め本。

a0019212_13055179.jpg

「銀の匙」 中 勘助 作 岩波書店

ずいぶん前に求めた一冊だけのワイド版の本。

日々、日本語が剥離していく私にとって、
もう一度、夏目漱石が絶賛した文章と
子供が感じ取った古き日本時代の生活に触れておきたい。


a0019212_13055269.jpg
「響ある運動づくり」 村田久遺稿集

著者を直接知っているのと知らないのでは
その人の書いた文章を読む時、差が出る。
実際読者は、知らない人、会ったことのない人の作品に囲まれて生活する。
この本の著者の場合は1992年からお付き合いがあり、今も夫人とお話する。
彼の一生を、折々に綴った文章と説明で追っていく読者となる。

いつも日本は土壇場だったのだろう。
ただ誰もそれを感じずに今日も生きている。
今度の選挙、日本の未来が決まっているのなら、
いつの選挙だって、決まっていることだったろう。
日本人が急に変わることなどない。
日本人が重要と思わないもの、政治、社会、他者への関心。
その反対の人生を生きた方の記録。



*********************

[PR]
by mhara21 | 2017-09-27 15:06 | エッセイ | Comments(0)
<< グレン・グールドの36回忌に寄せて グレン お誕生日おめでとう! >>