検索
☆マサコのプロフィール
13才のときにグレン・グールドのピアノに 出会う。以来抱き続けたグールドに会うという夢を追って28才でカナダへ。後追い日記はその記録である。
属性はシャーマン。


☆ミクシに習って、ぬさんからの紹介状
不在の幻影から愛するひとを救い出し、グーグルキャッシュの中に愛のエクリチュールを刻印しつづける、GGの恋人。二人はもう触れあうことができないが故に永遠に惹き付けあうことができる、まるで恒星と惑星の関係のような、あらゆる恋人が夢見るユートピアに住むひとです。


☆このブログの本拠地は
 海峡web版  です。

グールド、並びにグールド家からのプレゼントはこちら。

 グールドのサイン入りレコード
 もう1つのレコード
 グールドの本とそのメモ書き
 パパグールドさんのご本

☆グールドおよび後追い日記に関係のないトラックバックやコメントは削除する場合があります。
カテゴリ
全体
後追い日記81年
後追い日記82年
後追い日記83年
後追い日記84年
後追い日記85年
後追い日記86年
後追い日記87年
グールドからのプレゼント
グールドへのメール
エッセイ
ゴルトベルクをめぐる
グ−ルド・レストラン
8月のゴルトベルク
グ−ルドとエクスタシー
田中希代子
未分類
タグ
(98)
(60)
(44)
(33)
(16)
(13)
(12)
(11)
(8)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
フォロー中のブログ
海峡web版
記事ランキング
最新のコメント
この寒い季節に白いお花に..
by mhara21 at 22:15
今、楽譜の右上の作曲者・..
by mhara21 at 17:41
この歌は歌いやすそうでい..
by mhara21 at 17:40
この電話の後、私はすぐマ..
by grpspica at 16:35
リヒテルによりますとマリ..
by mhara21 at 11:11
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...


ゴルトベルクをめぐる8章 3

5、第4変奏曲  ヒトハミナクソヲタレル

 譜面を見ても、弾いてみてもユニットバス。
 狭いアパートのプラスティックで作ったナスのようなお風呂に入っていると同居人が、
「今からここで○○○をする」と宣言!
「なんのうらみがあって.......」と絶叫!!
 シャワーを浴びて慌てて出てしまった。
 西洋の浴室はユニットバスの元祖である。
 ・ ひとつ部屋の十分な広さ
 ・ 長く入浴する習慣がない
 ・ 大きな家では各寝室に配備されている
 この条件により日本の狭苦しいマンションでの悲劇がない。
 グールドの生家、サウスウッド32番地は小さな家で、浴室は1ケ所。 1981年から1988年にかけて私はトイレを使用した。この場所こそ、かのグレン・グールドが.........と思いつつ、彼の母親のピアノを弾くことや、グールドの部屋で新しい住人の息子と遊ぶことも消し飛ぶくらいに物思いに耽った。
 浴室やトイレは人間が一番幸せになれる場所。それがわかるのは病気をしてからだ。
 生理的な爽快さを小曲におさめたバッハはやり手である。


6、第24変奏曲 コンクールの課題曲

 ゴルトベルクがコンクールの課題曲になったら面白いだろう。
 指や手首の関節の柔らかな人には読譜は優しいが、音のプロポーションは露骨に出るので、水着コンテストになるやもしれず、ピアニストにとって嫌みな話をするにはのどかな24変奏がいい。
 ハイネの次のような言葉がある。
「芸術において偉大な仰々しさは、微妙なもの、取るに足らないものより表現しやすい」
 精神性のバロメーターの曲がある。ベートーヴェンのバガテル集も真の音楽家か否かを明らかにしてしまう触媒(catalyst)作用の曲だ。
 21世紀は、音楽のために有意義なコンクールが開かれて欲しい。



「ゴルトベルクを巡る8章 4」へ





**********************
[PR]
by mhara21 | 2007-02-18 00:34 | ゴルトベルクをめぐる | Comments(0)
<< ゴルトベルクをめぐる8章 4 ゴルトベルクをめぐる8章 2 >>