検索
☆マサコのプロフィール
13才のときにグレン・グールドのピアノに 出会う。以来抱き続けたグールドに会うという夢を追って28才でカナダへ。後追い日記はその記録である。
属性はシャーマン。


☆ミクシに習って、ぬさんからの紹介状
不在の幻影から愛するひとを救い出し、グーグルキャッシュの中に愛のエクリチュールを刻印しつづける、GGの恋人。二人はもう触れあうことができないが故に永遠に惹き付けあうことができる、まるで恒星と惑星の関係のような、あらゆる恋人が夢見るユートピアに住むひとです。


☆このブログの本拠地は
 海峡web版  です。

グールド、並びにグールド家からのプレゼントはこちら。

 グールドのサイン入りレコード
 もう1つのレコード
 グールドの本とそのメモ書き
 パパグールドさんのご本

☆グールドおよび後追い日記に関係のないトラックバックやコメントは削除する場合があります。
カテゴリ
全体
後追い日記81年
後追い日記82年
後追い日記83年
後追い日記84年
後追い日記85年
後追い日記86年
後追い日記87年
グールドからのプレゼント
グールドへのメール
エッセイ
ゴルトベルクをめぐる
グ−ルド・レストラン
8月のゴルトベルク
グ−ルドとエクスタシー
田中希代子
未分類
タグ
(98)
(60)
(44)
(33)
(16)
(13)
(12)
(11)
(8)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
フォロー中のブログ
海峡web版
記事ランキング
最新のコメント
この寒い季節に白いお花に..
by mhara21 at 22:15
今、楽譜の右上の作曲者・..
by mhara21 at 17:41
この歌は歌いやすそうでい..
by mhara21 at 17:40
この電話の後、私はすぐマ..
by grpspica at 16:35
リヒテルによりますとマリ..
by mhara21 at 11:11
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...


キーシンとトリフォノフ



リストの作品は、ブレンデルが弾いたものしか好きでない。
が、リスト編曲のロマン派作品は大好き。
古くは田部京子さんの「歌の翼に」(メンデルスゾーン曲)とか、いろいろ楽しかった。

今朝は、シューマンの「献呈」の編曲をまずキーシンで。
続いてトリフォノフで聴いた。
前者は、家柄を誇り、才能と容姿に自信たっぷりのブランド演奏。
何もかも計算して弾いてあり、すばらしかった。
トリフォノフは、家で弾いてくれたらどんなに嬉しいかという演奏だった。


話が飛んでしまうが、ニーチェの「ツァラトストラ」は難解で理解できる人はいないと思う。
そのツァラトストラと思える人に私は16才の冬、激痛の中に
「最大の弱者のためにピアノを弾くのだからね」とおだてられた。
その事でいつも苦しんだ。50代後半に差し掛かる頃だったかにやっと
「あなたが他の人について弾けば済む事でしょ」
とこのややこしい16才からのお荷物担ぎにようやく決着をつけた。

そして、ラジオでトリフォノフを聴いた時、
「ツァラトストラさん、やったねーー!!」と思った。

トリフォノフは、日本男子バレーでいうと石川と柳沢選手を合わせて二等分したようなピアノを聴かせてくださる。
神戸のリサイタルでは会場で、グールドが嫌わないタイプのご夫婦と隣り合わせた。
トリフォノフのベートヴェンソナタ32番が終わると「まだ若いな」と感想が聞こえた。





[PR]
by mhara21 | 2016-06-03 11:37 | エッセイ | Comments(0)
<< 田中希代子を聴く 後追い日記1986年11・ピピ... >>