合い言葉GG
by mhara21
検索
☆マサコのプロフィール
13才のときにグレン・グールドのピアノに 出会う。以来抱き続けたグールドに会うという夢を追って28才でカナダへ。後追い日記はその記録である。
属性はシャーマン。


☆ミクシに習って、ぬさんからの紹介状
不在の幻影から愛するひとを救い出し、グーグルキャッシュの中に愛のエクリチュールを刻印しつづける、GGの恋人。二人はもう触れあうことができないが故に永遠に惹き付けあうことができる、まるで恒星と惑星の関係のような、あらゆる恋人が夢見るユートピアに住むひとです。


☆このブログの本拠地は
 海峡web版  です。

グールド、並びにグールド家からのプレゼントはこちら。

 グールドのサイン入りレコード
 もう1つのレコード
 グールドの本とそのメモ書き
 パパグールドさんのご本

☆グールドおよび後追い日記に関係のないトラックバックやコメントは削除する場合があります。
カテゴリ
全体
後追い日記81年
後追い日記82年
後追い日記83年
後追い日記84年
後追い日記85年
後追い日記86年
後追い日記87年
グールドからのプレゼント
グールドへのメール
エッセイ
ゴルトベルクをめぐる
グ−ルド・レストラン
8月のゴルトベルク
グ−ルドとエクスタシー
田中希代子
未分類
タグ
(98)
(60)
(44)
(33)
(16)
(13)
(12)
(11)
(8)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
フォロー中のブログ
海峡web版
記事ランキング
最新のコメント
この寒い季節に白いお花に..
by mhara21 at 22:15
今、楽譜の右上の作曲者・..
by mhara21 at 17:41
この歌は歌いやすそうでい..
by mhara21 at 17:40
この電話の後、私はすぐマ..
by grpspica at 16:35
リヒテルによりますとマリ..
by mhara21 at 11:11
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...


言葉たち 田中希代子さんのお誕生日に

田中希代子さん、82才のお誕生日にこの詩を捧げます。

言葉たち         by Sylvia Plath (皆見 昭 訳)

その打撃の後には
森が鳴り響くおのと、
そしてこだまたち!
中心から馬のように
遠ざかり消えて行くこだまたち。

樹液は
涙のように湧き出る、
緑の草に侵された
白い頭骨のような岩が
ころがり落ちた後で

すぐに水鏡を作り直そうと
あわただしい努力を重ねる
泉みたいにあふれ出る。
幾年も経って私は
そのこだまたちに路上で出会う。

ひからびて、乗り手もいない言葉たち、
疲れを知らないそのひずめの音。
その一方、
深淵の底から、動かぬ恒星たちが
人生を司る






[PR]
by mhara21 | 2014-02-05 00:00 | 田中希代子 | Comments(0)
<< マリーナ   マリーナの子供たち >>