検索
☆マサコのプロフィール
13才のときにグレン・グールドのピアノに 出会う。以来抱き続けたグールドに会うという夢を追って28才でカナダへ。後追い日記はその記録である。
属性はシャーマン。


☆ミクシに習って、ぬさんからの紹介状
不在の幻影から愛するひとを救い出し、グーグルキャッシュの中に愛のエクリチュールを刻印しつづける、GGの恋人。二人はもう触れあうことができないが故に永遠に惹き付けあうことができる、まるで恒星と惑星の関係のような、あらゆる恋人が夢見るユートピアに住むひとです。


☆このブログの本拠地は
 海峡web版  です。

グールド、並びにグールド家からのプレゼントはこちら。

 グールドのサイン入りレコード
 もう1つのレコード
 グールドの本とそのメモ書き
 パパグールドさんのご本

☆グールドおよび後追い日記に関係のないトラックバックやコメントは削除する場合があります。
カテゴリ
全体
後追い日記81年
後追い日記82年
後追い日記83年
後追い日記84年
後追い日記85年
後追い日記86年
後追い日記87年
グールドからのプレゼント
グールドへのメール
エッセイ
ゴルトベルクをめぐる
グ−ルド・レストラン
8月のゴルトベルク
グ−ルドとエクスタシー
田中希代子
未分類
タグ
(98)
(60)
(44)
(33)
(16)
(13)
(12)
(11)
(8)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
フォロー中のブログ
海峡web版
記事ランキング
最新のコメント
この寒い季節に白いお花に..
by mhara21 at 22:15
今、楽譜の右上の作曲者・..
by mhara21 at 17:41
この歌は歌いやすそうでい..
by mhara21 at 17:40
この電話の後、私はすぐマ..
by grpspica at 16:35
リヒテルによりますとマリ..
by mhara21 at 11:11
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...


「北斗の南」を読んで

b0071688_1640698.jpg


「北斗の南」は、原田伊織氏の著作「明治維新という過ち」~日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリストの第5章「二本松・会津の慟哭」の中に書かれ た少しホッとするスポットである。
スポットというのは「場所・地点・現場・箇所・ポイント・小部分・小区域(主に米国では)・地位・立場」を意味するが、この日本の言葉がすべて 含まれる内容となっている。

原田氏は、リズム良く、熱意と誠意を持って、
「不思議だなぁ。どうしてそうなるのかなぁ?」と、
私が今までにおぼろげながら感じていた日本の様子を細かく分析する。
そして膨大な知識で「明治維新」そのものの誤りを指摘し、
「そして、私たちは、長州を核とする勝者の言に従いその後の時代を「近代」と呼び、
 今日の行き詰まりを迎えているのである」
と著作を結んでいる。

多くの人々がグレン・グールドの演奏を聴いて、
「どんな人なのかなぁ?」と思うように、私は原田さんという方がどんな方なのか、
少女期に戻ったような興味を持った。

その点で、このページは著者がどんな心の持ち主かよく知ることができるように思う。

話は津軽のことで始まる。それで太宰治が登場するが、
太宰小論としても見事な出来栄えで、惚れ惚れしてしまった。

「明治三年(1870年)、この本州最北端の『荒涼たる』大地に、会津藩が藩ごと移住してきた」
で始まる史実の紹介は、美空ひばりの歌が登場して、リンゴに及ぶ。
そして、リンゴの名にも歴史が充分に紹介されて、私のように「スポット」を何も考えないで使う日本人に対しての攻撃も食らわせる。

最後に平成3年9月、台風19号の様子を書いた少年の作文が紹介される。この結びは、
「 りんごの落ちる音は、
  お母さんのなみだが、落ちる音だ 」
こういう著者は、グールドのように信じることができる。



**************
[PR]
by mhara21 | 2015-09-05 16:35 | エッセイ | Comments(0)
<< 後追い日記85年7・キャラヴァン 後追い日記1985年6・日記6... >>