合い言葉GG
by mhara21
検索
☆マサコのプロフィール
13才のときにグレン・グールドのピアノに 出会う。以来抱き続けたグールドに会うという夢を追って28才でカナダへ。後追い日記はその記録である。
属性はシャーマン。


☆ミクシに習って、ぬさんからの紹介状
不在の幻影から愛するひとを救い出し、グーグルキャッシュの中に愛のエクリチュールを刻印しつづける、GGの恋人。二人はもう触れあうことができないが故に永遠に惹き付けあうことができる、まるで恒星と惑星の関係のような、あらゆる恋人が夢見るユートピアに住むひとです。


☆このブログの本拠地は
 海峡web版  です。

グールド、並びにグールド家からのプレゼントはこちら。

 グールドのサイン入りレコード
 もう1つのレコード
 グールドの本とそのメモ書き
 パパグールドさんのご本

☆グールドおよび後追い日記に関係のないトラックバックやコメントは削除する場合があります。
カテゴリ
全体
後追い日記81年
後追い日記82年
後追い日記83年
後追い日記84年
後追い日記85年
後追い日記86年
後追い日記87年
グールドからのプレゼント
グールドへのメール
エッセイ
ゴルトベルクをめぐる
グ−ルド・レストラン
8月のゴルトベルク
グ−ルドとエクスタシー
田中希代子
未分類
タグ
(98)
(60)
(44)
(33)
(16)
(13)
(12)
(11)
(8)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
フォロー中のブログ
海峡web版
記事ランキング
最新のコメント
この寒い季節に白いお花に..
by mhara21 at 22:15
今、楽譜の右上の作曲者・..
by mhara21 at 17:41
この歌は歌いやすそうでい..
by mhara21 at 17:40
この電話の後、私はすぐマ..
by grpspica at 16:35
リヒテルによりますとマリ..
by mhara21 at 11:11
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...


後追い日記85年7・キャラヴァン

後追い日記85年1へ戻る

b0071688_211713.jpg


# キャラバン

マリーナはすでに弾いているショパン3曲が叙情的(リリカル)なので、「なにか生き生きしたもの(ヴィヴィッド)」と言って、新たにショパンの「3つのエコセーズ」を加えた。後は弾くだけ。


6月半ばにはいつもキャラバンが始まる。
キャラヴァンはトロントでのお気に入りのひとつ。
トロントは、四季が大雑把であり、自然と接するのに程遠い生活をしているマコにはまさに民族の花々,木々,風に包まれる有意義な空間だった。
勿論,音楽的にも見事なものだった。

クラコウのパビリオンに食事だけに通った。
ショパンを弾いて、ショパンの国の料理をいただく事に幸せを感じた。階上ではダンスのショーがあったが、余りの混雑にそれを見に行く元気はなかった。
いつもはどこかで外食していたので、安くて家庭の味がするパビリオンの食事は嬉しかった。クラコウパビリオンへは学校からすぐに行く事が出来た。


いろいろな人々と話し、声をかけられ,大きな励ましとここの民族が、それぞれに尊重される社会がどんなに美しいかの基礎を知る有意義なお祭り。
敗戦後,アメリカの軍政が日本を売った日本人達と共に、どんなに恐ろしい方向に日本を誘導しているか、ピンと来ないマコは,その頃日本での日々の生活に埋もれていた沖縄、アイヌ,在日コリアンの苦闘を思いやる知識もなかった。



85年8・お墓参りへ





*******************
[PR]
by mhara21 | 2015-09-06 00:00 | 後追い日記85年 | Comments(0)
<< 後追い日記85年8・お墓参り 「北斗の南」を読んで >>