検索
☆マサコのプロフィール
13才のときにグレン・グールドのピアノに 出会う。以来抱き続けたグールドに会うという夢を追って28才でカナダへ。後追い日記はその記録である。
属性はシャーマン。


☆ミクシに習って、ぬさんからの紹介状
不在の幻影から愛するひとを救い出し、グーグルキャッシュの中に愛のエクリチュールを刻印しつづける、GGの恋人。二人はもう触れあうことができないが故に永遠に惹き付けあうことができる、まるで恒星と惑星の関係のような、あらゆる恋人が夢見るユートピアに住むひとです。


☆このブログの本拠地は
 海峡web版  です。

グールド、並びにグールド家からのプレゼントはこちら。

 グールドのサイン入りレコード
 もう1つのレコード
 グールドの本とそのメモ書き
 パパグールドさんのご本

☆グールドおよび後追い日記に関係のないトラックバックやコメントは削除する場合があります。
カテゴリ
全体
後追い日記81年
後追い日記82年
後追い日記83年
後追い日記84年
後追い日記85年
後追い日記86年
後追い日記87年
グールドからのプレゼント
グールドへのメール
エッセイ
ゴルトベルクをめぐる
グ−ルド・レストラン
8月のゴルトベルク
グ−ルドとエクスタシー
田中希代子
未分類
タグ
(98)
(60)
(44)
(33)
(16)
(13)
(12)
(11)
(8)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
フォロー中のブログ
海峡web版
記事ランキング
最新のコメント
この寒い季節に白いお花に..
by mhara21 at 22:15
今、楽譜の右上の作曲者・..
by mhara21 at 17:41
この歌は歌いやすそうでい..
by mhara21 at 17:40
この電話の後、私はすぐマ..
by grpspica at 16:35
リヒテルによりますとマリ..
by mhara21 at 11:11
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...


長塚節の短歌

b0071688_13183866.jpg


長塚節の短歌

・こころぐき鉄砲百合か我が語るかたヘに深く耳開き居り

・すこやかにありける人は心強し痛みつつあれば我は泣きけり

・蕗の葉の雨をよろしみ立ちぬれて聴かなともへど身をいたはりぬ

・牛の乳をのみてほしたる壜ならで挿(さ)すものもなき撫子の花



田中希代子さんへ(長塚節の短歌から)

・朝顔の赤は萎(しぼ)まずむき捨てし瓜の皮など乾く夕日に

・あさがほの藍のうすきが唯一つ縋(すが)りてさびし小雨さへふり

・朝顔のかきねに立てばひそやかに睫(まつげ)にほそき雨かかりけり

・かつかつも土を偃(は)ひたる朝顔のさきぬといへば只白ばかり



*****************************

[PR]
by mhara21 | 2007-06-21 20:40 | エッセイ | Comments(1)
Commented by mhara21 at 2018-08-06 09:19
最近この日記へのアクセス数がいつになく多くなりました。
アクセスしてくださった皆さま、有難うございます。
長塚節さんの短歌を読んでいただいて大変嬉しゅうございます。

正岡子規にその才能を絶賛された長塚節。
その美しいひらがなと漢字の配置は、最高の生け花。

短歌の魅力はただ意味を伝えるだけではなく、
「視覚的・芸術的にどう見えるかが大切」と思うので
その点でも素晴らしい。

少女の日に彼の短歌に接した時の驚愕と喜びは
今でも続いています。 マサコ
<< あめと天国  スイートピーと朝顔  グールド... >>