合い言葉GG
by mhara21
検索
☆マサコのプロフィール
13才のときにグレン・グールドのピアノに 出会う。以来抱き続けたグールドに会うという夢を追って28才でカナダへ。後追い日記はその記録である。
属性はシャーマン。


☆ミクシに習って、ぬさんからの紹介状
不在の幻影から愛するひとを救い出し、グーグルキャッシュの中に愛のエクリチュールを刻印しつづける、GGの恋人。二人はもう触れあうことができないが故に永遠に惹き付けあうことができる、まるで恒星と惑星の関係のような、あらゆる恋人が夢見るユートピアに住むひとです。


☆このブログの本拠地は
 海峡web版  です。

グールド、並びにグールド家からのプレゼントはこちら。

 グールドのサイン入りレコード
 もう1つのレコード
 グールドの本とそのメモ書き
 パパグールドさんのご本

☆グールドおよび後追い日記に関係のないトラックバックやコメントは削除する場合があります。
カテゴリ
全体
後追い日記81年
後追い日記82年
後追い日記83年
後追い日記84年
後追い日記85年
後追い日記86年
後追い日記87年
グールドからのプレゼント
グールドへのメール
エッセイ
ゴルトベルクをめぐる
グ−ルド・レストラン
8月のゴルトベルク
グ−ルドとエクスタシー
田中希代子
未分類
タグ
(98)
(60)
(44)
(33)
(16)
(13)
(12)
(11)
(8)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
フォロー中のブログ
海峡web版
記事ランキング
最新のコメント
この寒い季節に白いお花に..
by mhara21 at 22:15
今、楽譜の右上の作曲者・..
by mhara21 at 17:41
この歌は歌いやすそうでい..
by mhara21 at 17:40
この電話の後、私はすぐマ..
by grpspica at 16:35
リヒテルによりますとマリ..
by mhara21 at 11:11
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...


詩と音楽と

#IMAGE|a0019212_1355391.jpg|201411/08/12/|mid|120|90#]

春夫の「車塵集」は父の配慮により16才の時に手にした。
このことで、どれだけ父に感謝しているかわからない。
それから約40年。私の心は佐藤春夫と歩み続けることになる。

昨秋、ようやく知恩院にてお墓参りが出来て、
せっせとコーラルピンクの美しい墓石を磨いてきた。
40年近く思い続けた詩人の墓。
しかし私の心は、春夫の戦争への思い方で失望もしていた。

それはともかく、春夫の詩才は、漢詩からの邦訳によく表れている。
戦時中、信州に疎開した1年間の生活を詠んだ「佐久の草笛」の
絶品の詩歌の原型は、この中国詩からの翻訳にある気がする。
6世紀の沈満願の「水かがみ」を紹介する。


軽鬢覚浮雲  浮ぐもの鬢(びん)月の眉

雙蛾初擬月  水草さけてかんざしの

水澄正落釵  落ちたるあたり澄みわたる

萍開理垂髪  水を鏡になほすおくれ毛


私はズボラで、かんざしに縁がなく、女らしくもないのに
この詩が最も好きだった。

何万回読んだろう。

考えると音楽もこの量以上は要らない。

田中希代子さんのサンサーンスの第5番。
最初の和音が聴こえて来る。
[PR]
by mhara21 | 2007-07-17 22:00 | エッセイ | Comments(0)
<< ピンクのわすれな草と田中希代子さん あめと天国  >>