合い言葉GG
by mhara21
検索
☆マサコのプロフィール
13才のときにグレン・グールドのピアノに 出会う。以来抱き続けたグールドに会うという夢を追って28才でカナダへ。後追い日記はその記録である。
属性はシャーマン。


☆ミクシに習って、ぬさんからの紹介状
不在の幻影から愛するひとを救い出し、グーグルキャッシュの中に愛のエクリチュールを刻印しつづける、GGの恋人。二人はもう触れあうことができないが故に永遠に惹き付けあうことができる、まるで恒星と惑星の関係のような、あらゆる恋人が夢見るユートピアに住むひとです。


☆このブログの本拠地は
 海峡web版  です。

グールド、並びにグールド家からのプレゼントはこちら。

 グールドのサイン入りレコード
 もう1つのレコード
 グールドの本とそのメモ書き
 パパグールドさんのご本

☆グールドおよび後追い日記に関係のないトラックバックやコメントは削除する場合があります。
カテゴリ
全体
後追い日記81年
後追い日記82年
後追い日記83年
後追い日記84年
後追い日記85年
後追い日記86年
後追い日記87年
グールドからのプレゼント
グールドへのメール
エッセイ
ゴルトベルクをめぐる
グ−ルド・レストラン
8月のゴルトベルク
グ−ルドとエクスタシー
田中希代子
未分類
タグ
(96)
(59)
(44)
(33)
(16)
(13)
(12)
(10)
(8)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
フォロー中のブログ
海峡web版
記事ランキング
最新のコメント
今、楽譜の右上の作曲者・..
by mhara21 at 17:41
この歌は歌いやすそうでい..
by mhara21 at 17:40
この電話の後、私はすぐマ..
by grpspica at 16:35
リヒテルによりますとマリ..
by mhara21 at 11:11
最近この日記へのアクセス..
by mhara21 at 09:19
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...


ご命日に 

ご命日にあたり31年の生涯で600曲以上の歌曲を残したシューベルト「森の中 D.708」を捧げます。

あいにく訳詩だけですが、
メゾソプラノのクリスティアーナ ストーティンの言葉
「私にとって歌うことは、あらゆる面において真実を見つける手段です。歌うことは自分が何かの一部と感じ、自己と向き合うことでもあります。だから歌うことは『内面的な真実への道』と言えるでしょう」
を添えて。



森の中 D.708    
    シュレーゲル作詞/広瀬大介訳 シューベルト作曲


神の翼のように うなる風が

冷える森の夜に 身を潜める



馬の鐙に足かけた 勇者のごとく

その思いは千々に乱れる



年経た樅の木の ざわめきに似た

精霊のとどろかせる波が荒れ狂う



炎のきらめきもあざやかに

輝き渡る 朝焼けのもと



野を照らしだす 稲光は

その内に 死をはらむ



炎は素早くきらめき 燃えさかる

神のもとへと 昇るかのように



静かな泉の 永遠(とわ)なるせせらぎが

不思議な力で 苦しむ花を救う



穏やかな波がたたえる 悲しみが

われらの心を あやしくとどろかす



はるかかなたの 精霊を呼び寄せ

波で われらを誘う



殻を破った 命の力

激しい衝動の 戦いが

美しき愛となって 満たされる



精霊の息吹に しずめられ

命を生み出す そよぐ風が

その魂を 吹きぬける



神の翼のようにうなる風(グールドのハミング)

くらき森の夜 奥深く



手綱が緩められ

その思いは千々に乱れる

恐怖の去った風に聴くのは

精霊がとどろかせる歌
[PR]
by mhara21 | 2013-10-04 00:00 | エッセイ | Comments(0)
<< sound of silence  月の光とピアニスト >>