検索
☆マサコのプロフィール
13才のときにグレン・グールドのピアノに 出会う。以来抱き続けたグールドに会うという夢を追って28才でカナダへ。後追い日記はその記録である。
属性はシャーマン。


☆ミクシに習って、ぬさんからの紹介状
不在の幻影から愛するひとを救い出し、グーグルキャッシュの中に愛のエクリチュールを刻印しつづける、GGの恋人。二人はもう触れあうことができないが故に永遠に惹き付けあうことができる、まるで恒星と惑星の関係のような、あらゆる恋人が夢見るユートピアに住むひとです。


☆このブログの本拠地は
 海峡web版  です。

グールド、並びにグールド家からのプレゼントはこちら。

 グールドのサイン入りレコード
 もう1つのレコード
 グールドの本とそのメモ書き
 パパグールドさんのご本

☆グールドおよび後追い日記に関係のないトラックバックやコメントは削除する場合があります。
カテゴリ
全体
後追い日記81年
後追い日記82年
後追い日記83年
後追い日記84年
後追い日記85年
後追い日記86年
後追い日記87年
グールドからのプレゼント
グールドへのメール
エッセイ
ゴルトベルクをめぐる
グ−ルド・レストラン
8月のゴルトベルク
グ−ルドとエクスタシー
田中希代子
未分類
タグ
(98)
(60)
(44)
(33)
(16)
(13)
(12)
(11)
(8)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
フォロー中のブログ
海峡web版
記事ランキング
最新のコメント
この寒い季節に白いお花に..
by mhara21 at 22:15
今、楽譜の右上の作曲者・..
by mhara21 at 17:41
この歌は歌いやすそうでい..
by mhara21 at 17:40
この電話の後、私はすぐマ..
by grpspica at 16:35
リヒテルによりますとマリ..
by mhara21 at 11:11
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...


グエル別邸の門で

b0071688_0293119.jpg


オッパ、お元気ですか?
今年のご命日は、2人してスペインはバルセロナ、グエル別邸の門で待ち合わせましょう。

ヘーゲルが、芸術について順位をつけていて、1番目は建築なのです。
全部で6つしかない順位の中 で、音楽は何番目か知っている?

さて、私たちの間では、ニーチェの「ツァラトゥストラ」が欠かすことの出来ない話題なのですが.....。
子供の頃ツァラトゥストラを読んだあなたは、ドイツ語訛りの英語を喋って遊んでいらしたそうですね。

最近、日本では「ツァラトゥストラ」がよく売れているそうですが、どこまで理解されているのでしょうか?
それはともかく、私は近年、ニーチェというのは「パワースポット」のような人で、なぜか人々の気をひくというのも、「霊的」なせいじゃないのかなぁと。
だから意味がわからなくても、何か感じたり、エネルギーが出ている存在ではないか。

ニーチェが霊感を得た場所、
 1. 南仏のエズ(海辺) 
 2. シルス・マリアの村(湖のそば)
も、水に関係しているので、ツァラトゥストラというのは、ひょっとすると「龍神」ではないかと勝手に思っているのです。

で、この門の前で、そんな事を語らえたらと思いました。

ニーチェの理解者、ルドルフ・シュタイナーは
「ツァラトゥストラは7回この世に出現しており、その内1回はピュタゴラスの先生だった」と。
もしシュタイナーがオッパの後に生まれていたら、
「ツァラトゥストラは8回この世に出現しており、その内1回はピアニストだった」
と言うのではないかな?

さて、お話をガウディに戻しますと、ガウディは音の研究にも没頭していたそうです。
ピュタゴラスは,弓に貼った弦の長さを変える中で天上の和声と呼ばれる「ピュタゴラス音階」を発見したそうですが、ガウディは、ある周波数の震動が重なった時の美しいハーモニーを鐘の形で読み取ろうとしていたそうです。

さて再び門のお話。
ガウディはこの門をジャシント・ベルダゲールの次のような詩の一節からデザインを考えたそうです。
 「あなたの船の祝福されし翼に乗り、 
  ヘスペリデスの花の中にオレンジの木を探した」

この龍の門は建てられた当初、扉を開け閉めするたびに「指」が動き、
色ガラスの目が光るように細工されていたそうです。

そしてこの扉は、驚く程軽いということです。
指1本で今でもスーっと開けられるとのこと。
オッパが愛したピアノのキィーのように。

でも10月4日は、あなたが息を吹きかけるときっと開く。
それを私はこの目で見たかったのよ。
やってみんしゃい!

今まではご命日にデートしたことがなかったですね。
このドラゴンの鉄門扉、気に入っていただけましたか?


---------
参考図書 外尾悦郎著「ガウディの伝言」 光文社新書

グエル別邸の門1 La puerta de finca Guell

グエル別邸の門とミラーリェスの石門




*****************************************
[PR]
by mhara21 | 2012-09-18 00:29 | エッセイ | Comments(1)
Commented by mhara21 at 2012-09-18 11:36
残念ながらこの別邸には行けず、写真がありません。
1枚だけあった絵はがきを載せました。
もっと素敵な姿があちこちにアップされています。
無断拝借は出来ないのでお二方のブログをご紹介させていただきました。 モニカ
<< 10月の星 「私の心が聞こえる?」 >>