合い言葉GG
by mhara21
検索
☆マサコのプロフィール
13才のときにグレン・グールドのピアノに 出会う。以来抱き続けたグールドに会うという夢を追って28才でカナダへ。後追い日記はその記録である。
属性はシャーマン。


☆ミクシに習って、ぬさんからの紹介状
不在の幻影から愛するひとを救い出し、グーグルキャッシュの中に愛のエクリチュールを刻印しつづける、GGの恋人。二人はもう触れあうことができないが故に永遠に惹き付けあうことができる、まるで恒星と惑星の関係のような、あらゆる恋人が夢見るユートピアに住むひとです。


☆このブログの本拠地は
 海峡web版  です。

グールド、並びにグールド家からのプレゼントはこちら。

 グールドのサイン入りレコード
 もう1つのレコード
 グールドの本とそのメモ書き
 パパグールドさんのご本

☆グールドおよび後追い日記に関係のないトラックバックやコメントは削除する場合があります。
カテゴリ
全体
後追い日記81年
後追い日記82年
後追い日記83年
後追い日記84年
後追い日記85年
後追い日記86年
後追い日記87年
グールドからのプレゼント
グールドへのメール
エッセイ
ゴルトベルクをめぐる
グ−ルド・レストラン
8月のゴルトベルク
グ−ルドとエクスタシー
田中希代子
未分類
タグ
(94)
(58)
(44)
(32)
(16)
(13)
(12)
(10)
(8)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
フォロー中のブログ
海峡web版
記事ランキング
最新のコメント
リヒテルによりますとマリ..
by mhara21 at 11:11
最近この日記へのアクセス..
by mhara21 at 09:19
ソナチネ演奏の指のこなし..
by grpspica at 11:16
田中先生のお誕生日は2月..
by grpspica at 07:21
2009年3月5日のお誕..
by mhara21 at 18:58
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...


2つの詩 

子供の頃,包装紙を切って,裏側にベートヴェンやゲーテの気に入った言葉を下手な習字で書いて壁に貼った。
そうしたら上の姉が「みっともない」と全部取ってしまった。
「自由と静寂は最大の財産」
「どんな小さな毛髪も影を投げる」
が特に気に入っていた。

2008年に亡くなったターシャ・テュダーは、冷蔵庫の扉に,気に入りの詩を2つ貼っていた。
そのうちのひとつを紹介しよう。

ひとりで一つの島全部である人はいない。
だれもが大陸の一かけ。
全体の部分をなす。
土くれ一つでも海に流されたなら、ヨーロッパはそれだけ小さくなる。
岬が流されたり、自分や友達の土地が流されたと同じように。私も人類の一部であれば、
だれが死んでも、わが身がそがれたも同じ。
だから弔いの鐘はだれのために鳴っているのかと、たずねに行かせることはない。
鐘はあなたのために鳴っているのだから。

 --ジョン・ダン 「危機に瀕しての祈り」


それから今日はグールドの父上の14回忌。
今はマウント・プレザントで親子3人眠っている。
ターシャが1976年にスケッチした野の花を捧げる。
b0071688_13465995.jpg





以前にアップした記事
「ターシャの家から」







*****************************************
[PR]
by mhara21 | 2009-01-06 00:29 | エッセイ | Comments(2)
Commented by grpspica at 2009-01-06 00:28
マサコさんは以前海峡web版にもこの詩をアップしています。

「ターシャの家から」
http://kaikyou.exblog.jp/2887903/

もうひとつの詩と合わせてお気に入りなのですね。   モニカ
Commented by grpspica at 2009-01-06 12:59
なかなかいい詩ですね。マサコさんが貼ったという詩、剥がしてしまってゴメン。ノリコ
<< 私の宝物  田中希代子さんへの手紙 >>