合い言葉GG
by mhara21
検索
☆マサコのプロフィール
13才のときにグレン・グールドのピアノに 出会う。以来抱き続けたグールドに会うという夢を追って28才でカナダへ。後追い日記はその記録である。
属性はシャーマン。


☆ミクシに習って、ぬさんからの紹介状
不在の幻影から愛するひとを救い出し、グーグルキャッシュの中に愛のエクリチュールを刻印しつづける、GGの恋人。二人はもう触れあうことができないが故に永遠に惹き付けあうことができる、まるで恒星と惑星の関係のような、あらゆる恋人が夢見るユートピアに住むひとです。


☆このブログの本拠地は
 海峡web版  です。

グールド、並びにグールド家からのプレゼントはこちら。

 グールドのサイン入りレコード
 もう1つのレコード
 グールドの本とそのメモ書き
 パパグールドさんのご本

☆グールドおよび後追い日記に関係のないトラックバックやコメントは削除する場合があります。
カテゴリ
全体
後追い日記81年
後追い日記82年
後追い日記83年
後追い日記84年
後追い日記85年
後追い日記86年
後追い日記87年
グールドからのプレゼント
グールドへのメール
エッセイ
ゴルトベルクをめぐる
グ−ルド・レストラン
8月のゴルトベルク
グ−ルドとエクスタシー
田中希代子
未分類
タグ
(91)
(56)
(32)
(13)
(13)
(11)
(8)
(4)
(4)
(3)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
フォロー中のブログ
海峡web版
記事ランキング
最新のコメント
>きっつぁん様 何..
by mhara21 at 11:05
>きっつぁん様 コ..
by mhara21 at 11:01
 グールドに関する情..
by きっつぁん at 10:59
こんなややこしいものを選..
by mhara21 at 10:57
どうやら、少しばかり誤解..
by きっつぁん at 10:54
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...


タグ:English 1982-1983 ( 1 ) タグの人気記事

Program of "In Memoriam Glenn Gould "October 15,1982 日本語のまま

Top
b0071688_221218.jpg


p.1
b0071688_22122083.jpg

・前奏として「バッハの前奏曲とフーガロ短調BWV544 」
    https://www.youtube.com/watch?v=i3qWqAD3EA0 

・家族並びに司祭館の入場に合わせて参列者起立して歌う
・讃美歌「神への賛美」(詩編第百編)

    https://www.youtube.com/watch?v=mj9w7IUQ5AU

p.2
b0071688_22123042.jpg

・開会挨拶
・独唱 ブラーム作曲 モテットop110-1「されど我は惨めなる者」

    https://www.youtube.com/watch?v=Y6W3QFQ3DO4

・詩編150編 朗読
・独唱 バッハ作曲 モテットBWV227-3「イエスよ、わが喜び」

    https://www.youtube.com/watch?v=a4SKrGYMp7A

・伝道の書第44章1-9 朗読
・フルート演奏 バッハ作曲 フルートソナタBWV1020から「アレグロ」

    https://www.youtube.com/watch?v=EN2dfenkEAw

・マタイによる福音書第6章25−34 朗読

p.3
b0071688_22124338.jpg

・独唱 バッハ作曲マタイ受難BWV244から「主よ、憐れみ給え」
         Kathleen Ferrierの歌声をyoutubeからどうぞ。。。

    https://www.youtube.com/watch?v=VL4qmyAo8W0

・献辞 
・弦楽四重奏 ベートーヴェン作曲弦楽四重奏曲第13番第5楽章「カヴァティーナ」op130

https://www.youtube.com/watch?v=oO1ianfHOyk

・祈祷
・讃美歌 「Now Thank We ALL Our God」

https://www.youtube.com/watch?v=_Z2_JLqOjNY

p.4
b0071688_22125517.jpg

・祝祷
・ゴルトベルク変奏曲から「アリア・ダ・カーポ」

https://www.youtube.com/watch?v=I95v2Gi1fms

-----------------------------------------------
・司式関係者(聖ミカエル合唱団監督神父、英国国教会曲牧師、
     救世主教会牧師、ユダヤ教ラビ、救世軍大尉)

p.5
b0071688_2213886.jpg

・賛助演奏者
・セント・ポール英国国教会への謝辞
・グレン・グールド記念基金はトロント大学音楽部学長へ



さすがのグールドさん。
キリスト教(カトリック、英国国教会、プロテスタント、救世軍)にユダヤ教のラビまでが司式に。。。。
彼の音楽の元、みんなが感謝の思いを一つにした追悼式だったのですね。



                           tranlated by Saiko



Catch-up Diary 1982 (34)  An Intermissionへ 


Japanese version of this page October 14, 1982 (33)






************
[PR]
by mhara21 | 2016-10-15 00:00 | 後追い日記82年 | Comments(0)