合い言葉GG
by mhara21
検索
☆マサコのプロフィール
13才のときにグレン・グールドのピアノに 出会う。以来抱き続けたグールドに会うという夢を追って28才でカナダへ。後追い日記はその記録である。
属性はシャーマン。


☆ミクシに習って、ぬさんからの紹介状
不在の幻影から愛するひとを救い出し、グーグルキャッシュの中に愛のエクリチュールを刻印しつづける、GGの恋人。二人はもう触れあうことができないが故に永遠に惹き付けあうことができる、まるで恒星と惑星の関係のような、あらゆる恋人が夢見るユートピアに住むひとです。


☆このブログの本拠地は
 海峡web版  です。

グールド、並びにグールド家からのプレゼントはこちら。

 グールドのサイン入りレコード
 もう1つのレコード
 グールドの本とそのメモ書き
 パパグールドさんのご本

☆グールドおよび後追い日記に関係のないトラックバックやコメントは削除する場合があります。
カテゴリ
全体
後追い日記81年
後追い日記82年
後追い日記83年
後追い日記84年
後追い日記85年
後追い日記86年
後追い日記87年
グールドからのプレゼント
グールドへのメール
エッセイ
ゴルトベルクをめぐる
グ−ルド・レストラン
8月のゴルトベルク
グ−ルドとエクスタシー
田中希代子
未分類
タグ
(91)
(56)
(32)
(13)
(13)
(11)
(8)
(4)
(4)
(3)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
フォロー中のブログ
海峡web版
記事ランキング
最新のコメント
>きっつぁん様 何..
by mhara21 at 11:05
>きっつぁん様 コ..
by mhara21 at 11:01
 グールドに関する情..
by きっつぁん at 10:59
こんなややこしいものを選..
by mhara21 at 10:57
どうやら、少しばかり誤解..
by きっつぁん at 10:54
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...


タグ:フィッシャー ( 2 ) タグの人気記事

バッハと官僚

a0019212_1955816.jpg


井上靖氏の自伝的要素が強い本『夏草冬濤』の中で
「豆腐と納豆 は大嫌いで、豆腐と納豆の好きなヤツはもっと嫌い」
というセリフがあった。
「嫌いな人が同じでないと友達になれない」という言葉も
「その人がどんな人か知りたければ、友人を見ればわかる」に通じる。

私はバッハが大好きだけれど、
バッハの中に特に目立って嫌いな曲が一つある。
「半音階的幻想曲とフーガ」である。

最初に聴いたのはケンプの演奏で、何ともやりきれなかった。
シュナーベルとフィッシャーの演奏も聴いたが好きになれなかった。
この曲のかもし出す「官僚的雰囲気」が耐えられなかったのである。

出だしのフレーズは、曲がどの空間に漂っているのかを示す場合が多い。
私はこの曲ではまず、高飛車で不安定さを感じる。

受けて立つ次のフレーズは、つべこべ理屈的。
勝手気ままな、絞切り口 調が思わせぶり。
決まりきったあの調子、この調子のワンパターンで、
allargando(音を強くしながら次第に遅く) で前半が終わる。

後半はテレビでよく見る官僚の答弁、
「前例がないから...」
「調査中であるので...」
の文句と共に、その顔がドアップになるシーン。
浅はかで非情な語りは口先だけのもの。欲得だけの想い。
大きな建物、座り心地のよい椅子。
「俺は偉い、権威がある」
の深い満足感で幻想曲は終わる。

続くフーガのテーマの何というみすぼらしさよ。
人のしみったれた貧しい心がメロディーになればこんなものだろうか?
それが終わりに向けて膨脹しつつラプソディ風押し付け、
「俺は人生の勝者。 敗者はおまえらだ」と言わんばかりで終わる。
曲の悪口も人の悪口と同じで、あまり言ってはいけないのかもしれない。


ピアニストでこの曲を嫌い、「一回きり」と断って弾いた人がいる。
それもあのフーガ好きがフーガを弾いていない。

グレン・グールド。

やっぱりグールドと私は友人なのだ。


a0019212_1956026.jpg

30年近く咲き続ける(しかも一輪だけ)身長60cmはある原種に近いガーベラ


a0019212_1956198.jpg

 そのアップ








*************************
[PR]
by mhara21 | 2016-09-08 13:39 | エッセイ | Comments(0)

あめと天国 

カラ梅雨だったせいか、今日(6/24)の雨は嬉しい。
雨の音は、木の葉にあたる時に、1つ1つ違う音がする。
b0071688_1604278.jpg

 ロウ梅なら「ザラッ」。
 芙蓉なら「トスン」。
 それから土なら「スッ」。
 セメントの上なら「ポトン」。
 水漏れする雨樋からは「シャー」

結構うるさい音楽隊。


小さな雨をピアノの音にしたピアニストがいる。
筆斜−(ひっしゃ−)だ。
ナナメ向きで絹糸のような雨が土に埋もれてヌカのようになる時、
平均律の第2巻第21番変ロ長調のフーガを思う。
あるかなきか、いるかいないかわからないような存在が、
とても大切なのをこのフーガの住人は教えてくれる。
b0071688_1621428.jpg


こんな雨の日は、エドウィン・フィッシャーのことを偲びつつ、
雨の音になって、静かに土に帰る日を楽しみにする。
天国へ行くなら、第1巻第13番嬰ヘ長調のプレリュードがいいな。
入口の所で、門番とやや押し問答があるのがフーガ。
 
「ホラホラ、私はこんなにいいことしましたよ。入れなさいよ」
 「いやいや、入れる人は (小声で)コネなんですよ」
 「じゃあ、やっぱりここは地上と変わらないんだね」
 「天国なんて、人間の考えた理想だよ」
 「あっそうか、宗教は人間が作ったものだからね」

どなたか、この続きをやって下さい!
b0071688_1625944.jpg
 


*****************************************
[PR]
by mhara21 | 2007-06-26 21:01 | エッセイ | Comments(0)