合い言葉GG
by mhara21
検索
☆マサコのプロフィール
13才のときにグレン・グールドのピアノに 出会う。以来抱き続けたグールドに会うという夢を追って28才でカナダへ。後追い日記はその記録である。
属性はシャーマン。


☆ミクシに習って、ぬさんからの紹介状
不在の幻影から愛するひとを救い出し、グーグルキャッシュの中に愛のエクリチュールを刻印しつづける、GGの恋人。二人はもう触れあうことができないが故に永遠に惹き付けあうことができる、まるで恒星と惑星の関係のような、あらゆる恋人が夢見るユートピアに住むひとです。


☆このブログの本拠地は
 海峡web版  です。

グールド、並びにグールド家からのプレゼントはこちら。

 グールドのサイン入りレコード
 もう1つのレコード
 グールドの本とそのメモ書き
 パパグールドさんのご本

☆グールドおよび後追い日記に関係のないトラックバックやコメントは削除する場合があります。
カテゴリ
全体
後追い日記81年
後追い日記82年
後追い日記83年
後追い日記84年
後追い日記85年
後追い日記86年
後追い日記87年
グールドからのプレゼント
グールドへのメール
エッセイ
ゴルトベルクをめぐる
グ−ルド・レストラン
8月のゴルトベルク
グ−ルドとエクスタシー
田中希代子
未分類
タグ
(92)
(56)
(32)
(14)
(13)
(11)
(8)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)
フォロー中のブログ
海峡web版
記事ランキング
最新のコメント
最近、沢山のチアーニの動..
by mhara21 at 19:43
>きっつぁん様 何..
by mhara21 at 11:05
>きっつぁん様 コ..
by mhara21 at 11:01
 グールドに関する情..
by きっつぁん at 10:59
こんなややこしいものを選..
by mhara21 at 10:57
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...


タグ:ハスキル ( 1 ) タグの人気記事

アベッグ変奏曲 1

アベッグ変奏曲は、シューマンが、友人の愛した女性メタ・アベッグ嬢にちなんで作曲した。
(架空の伯爵令嬢パウリーネ・フォン・アベッグの名という話もある)
その主題は、ABEGGとアベッグ嬢の姓をもじった音符の配列になっている。

技巧を主とした俗っ気の多い曲だが、その雰囲気は、
ヘルダーリンの言葉「でも君は生まれたのだ。清澄な日のために」のようだ。

清楚なテーマに続く積極的な第一変奏では、左手でのテーマの再現が見事である。
第二変奏は、いかにもシューマン的。山合いの谷間に咲く花々に似た内向的な曲。
やんちゃな第三変奏曲では、右手のスケールに対し、
左手の鼓動がジャズ・ドラムの効果をあげている。
カンタービレは、物憂げな夢想がアルプスの山々にこだまする。
ジャズ・トランペットの歌い上げが、夕焼けによく似合う。
曲を締めくくるファンタジアの美しさ。
右手は16連音符の連続でクルクル廻っている。
1小節は波紋で、1フレーズ(4小節のこと)にまとまると純心さが戯れる。
23小節目から2度くり返し、3度目で高みに繋ぐモティーフは、
光太郎の「もしも智恵子が・・・」の詩を思い起こさせる。

a0019212_14533793.jpg

  
私は、アベッグ変奏曲に、特別な思い出がある。
シャーマンの修業が一番激しかった16〜7才の頃、
私は「アベッグ」を、クララ・ハスキルの演奏で毎日聞いていた。
ハスキルの透徹した音が忘れられない。
その頃、光太郎の「智恵子抄」全作品に触れた。
「智恵子抄」の多くの詩歌を好きになれなかった。
それはおそらく「智恵子抄」にまつわる俗性が嫌いだったため。
でもひとつだけ例外があった。

 もしも智恵子がここに居たら
 奥州南部の山の中の一軒家が
 たちまち真空管の機構となって
 無数の強いエレクトロンを飛ばすでせう

この詩歌を読んだ時、私の頭に「アベッグ変奏曲」が鳴り響いた。
「いつか私もこのエレクトロンを飛ばしたい」と願った。

アベッグを弾いて思うことは、
私にとってアベッグは「ハイジ」の面影を宿す、入間の高みを目指す曲。
またニーチエに霊感を与えたスイスのエンガディン峡谷に匹敵する名曲。
この「アベッグ」を、私は、貴重なレパートリーのひとつとしたい。 

(1994.08.28 海峡paper版11号から)

a0019212_1458657.jpg

リパッティと並ぶハスキル



アベッグ変奏曲2へ




[PR]
by mhara21 | 2014-01-21 13:22 | エッセイ | Comments(0)