合い言葉GG
by mhara21
検索
☆マサコのプロフィール
13才のときにグレン・グールドのピアノに 出会う。以来抱き続けたグールドに会うという夢を追って28才でカナダへ。後追い日記はその記録である。
属性はシャーマン。


☆ミクシに習って、ぬさんからの紹介状
不在の幻影から愛するひとを救い出し、グーグルキャッシュの中に愛のエクリチュールを刻印しつづける、GGの恋人。二人はもう触れあうことができないが故に永遠に惹き付けあうことができる、まるで恒星と惑星の関係のような、あらゆる恋人が夢見るユートピアに住むひとです。


☆このブログの本拠地は
 海峡web版  です。

グールド、並びにグールド家からのプレゼントはこちら。

 グールドのサイン入りレコード
 もう1つのレコード
 グールドの本とそのメモ書き
 パパグールドさんのご本

☆グールドおよび後追い日記に関係のないトラックバックやコメントは削除する場合があります。
カテゴリ
全体
後追い日記81年
後追い日記82年
後追い日記83年
後追い日記84年
後追い日記85年
後追い日記86年
後追い日記87年
グールドからのプレゼント
グールドへのメール
エッセイ
ゴルトベルクをめぐる
グ−ルド・レストラン
8月のゴルトベルク
グ−ルドとエクスタシー
田中希代子
未分類
タグ
(92)
(56)
(32)
(14)
(13)
(11)
(8)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)
フォロー中のブログ
海峡web版
記事ランキング
最新のコメント
最近、沢山のチアーニの動..
by mhara21 at 19:43
>きっつぁん様 何..
by mhara21 at 11:05
>きっつぁん様 コ..
by mhara21 at 11:01
 グールドに関する情..
by きっつぁん at 10:59
こんなややこしいものを選..
by mhara21 at 10:57
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...


タグ:ニーチェ ( 32 ) タグの人気記事

WINTER AT SIXTEEN :Visit of Zarathustra

b0071688_10161016.jpg


I was born in Himeji, Hyogo Prefecture, on September 16 , 1952, the
youngest of four children. I grew up with my parents, my mother's
parents and brother and two sisters in Akashi City where my family
moved when I was two.

It was my grandmother who had a strong influence on my life till
I became ten years old. She had graduated from Tsuda Women's
College and taught English.
She looked like a wonderful person to me as compared with my
mother, who was worn out in raising her children and also did not
seem to be hitting it off -- as even I, a child, could see -- with my
father.

My grandmother and I used to sleep together in futon at night after
she read books to me. I guess I was looked after with great care.
She let my elder sister, a primary schoolgirl then, and me listen to
the "Basic English " program while she, too, listened to English
conversation programs intently.
I remember that I came to understand a pure aura emitted from her
in her wholehearted love for learning.

She passed away in 1962. Then years after that was a period of
darkness for both my mother and me.

My family folks, as none of them were in good health, shared the
agony with one another.
I seemed to be the focus of the family members' empathy.
Born weak, I began to have more fits as years passed by.
Attacks of fever stopped me from going to school at Grade 5.

The more I suffered, the more neurotic my mother became about
the difficulties in her marriage. This bonded us closely as we tried
home treatment or therapy from every professional we knew.

My experiences were beyond description.
Like Job in the Old Testament, there were more and more difficulties,
pain and despair gnawing at my body. I barely managed to graduate
from the primary school a year later than I was supposed to.
My disappointment at not being able to attend a junior high school
made me just as neurotic as my mother was.

I was thirteen. What I was living for then was the music played by
Glenn Gould, whom I came to know about around that time and
learning English on the radio to prepare myself for meeting him one
day.

It was the summer when I was fifteen.
Coming back to Akashi after visiting a doctor in Tokyo, I was so
desperately lonely that I needed to talk to my dearest Gould.
So I thought of tape-recording Back's Goldberg Variations and sending
a copy to him, as my mother's piano instructor recommended.
What other hopes were left with me ?

The sheet music of the Goldberg Variations was bought in Tokyo
by my mother's elder brother who died in the war. He took it
back to Taiwan, but I have heard that he said he would be quite
happy to give it away to whoever could play this difficult piece.

When my mother was repatriated from Taiwan after the war,
she left the music with one of her friends as she could not take it
with her. It was sent back later with my uncle's signature on it.
In spite of the lack of interest in food and getting little sleep at night
because of the pain, I had the will power to master this music
in an amazingly short time. I was determined to get myself up
when I collapsed. I would then take a break and finally seat myself
in front of the piano.

In December that year, a shiatsu therapist told me,
"You see genius is but one remove from insanity. You might lose your
talent for playing the piano if I treated you."

With my time drawing somewhat nearer, I did not fear the possible
consequences. I had three sessions of treatment with him and did lose
the incredibly movement of my finger tips, the beautiful tone and the
"elan vital"--all along with the drastic changes in my condition such as
regaining my appetite and becoming able to sleep well.

To make things worse, I was told to go to school in April the following
year when I was supposed to be in Grade 9 (instead of Grade 10).
I could not possibly picture myself being at school ; I had been away
from the regular school curriculum for so long that I was at least five
years behind students of my age, and the classes would offer nothing
but preparations for entrance examinations for high schools.

All of these entangled with my difficulties peculiar to puberty threw me
into the abyss of despair.
My hopes and efforts were rejected, my precious treasure was taken
away all of a sudden, and the cry of my bleeding heart was ignored.
At that time, meaning of life, health or whatever else was all muddled up.
And yet, as I always looked cheerful and high-spirited, people criticized
me constantly for being "overprotected," "schoolphobe," "spoilt," etc..

Although I had already been sick in the previous year, my condition
became far worse in 1969. The facial pain and the toothaches were
particularly severe, making my life a hell on earth.
My body turned rigid --- on one side and then on the other --- every
night between twelve and two o'clock.
Feeling as though rheumatism and neuralgia were hitting me all over,
I had no choice but to rely on my extraordinary spiritual power in
enduring this excruciating pain.
I kept the room temperature unusually high because of the shivering
sensation I had. I had to change clothes as the part of my body
the pain was attacking got sweaty; but the pain did not help me stay
still and I had to keep moving around in the house during the day.
It was the state of sheer madness.


It happened for five days, starting probably on January 21.
My mother was tired out and asleep after tending me during my usual
dreadful fit.

I was all by myself, crying, as I recall, over my sense of despair that
nobody had helped me out of the attacks of the pain and that my efforts
over the years to become healthy had been totally futile.
Realizing that way under the frozen sea was another world of darkness
where I could not even see my finger tips. I felt as though heaven and
earth were crumbling down together.

I yelled out of my anguish :
"Even God cannot save me form where I am now.
How could He exist then? "

Right then, I heard the Aria from the Goldberg from far away in heaven.
With that music came a beautiful spirit who looked like a hermit.
The spirit picked me up and flew miles and miles till we reached a
mountain.
It felt like a world surrounded only by gratuitous devotion and love by
all the artists in history and their earnest admiration for beauty.

Although I was rolling all over on the bed because of the pain and not
having a snatch of sleep, part of me was completely away on the
journey with this spirit.

"You are crying now," the spirit told me, "but your illness will be cured,
and you will be playing the piano when you are fifty or sixty.
The music you will play then will have the power to always find crying
children, just like you. Those children, too, will come to know
themselves and rise. Do you understand ? It is the truth of life.
It is the world of the eternal."

The same thing happened in the same sequence, at the same time
--- around four o'clock --- and for five days.

On the last day, the spirit added, "I have been guiding you this time,
but climb up yourself next time."

We left the mountain and were still flying, this time, to see the sunrise.
As I saw the pale light of dawn coming onto the earth through the
glass window, I knew intuitively that that light was me.
This intuition flashed upon me, like lightening, for five days.

It is October 6, 1990.
I am a little puzzled because I have written, at one stretch, half of that
incident (What else could I have written if that incident was the only
thing to write about in my youth.).
Perhaps I was a child of great fortune to be able to be awakened to the
meaning of the human being as phoenix through that intense experience
at the age of sixteen.

In November, 1969, my sister and I started hand -copying sutras at an
apartment in Miyazaki City on the advice of a psychic healer who lived
there.
"It is the karma of the Itos' ancestors." she said, "that has afflicted
your life. You were born at God's will to purify their souls."

Twenty-two years later, in the fall, my mind is wrapped in various
thoughts --- Nietzsche's Zarathustra and eternal recurrence,
the teaching of The Reverend Masahisa Goi (which I came to know about
later ), my dream of going to Canada (which came true), and my still
being weak ---all like scattered clouds.

I must put down my pen now because I do not think I could write any
more.
Well, I also feel I can see in the readers' minds that my story is too
other-worldly.



b0071688_2322340.jpg





*************************
[PR]
by mhara21 | 2016-11-30 10:16 | エッセイ | Comments(0)

シルヴァプラナ

a0019212_9411438.jpg


畠山陸雄著「クララ・ハスキル」の評伝は、私に思う存分、ヨーロッパの霊気を与えてくれる。
音楽を通してしか知らなかった人々の街を歩く姿や、話し声まで伝わって来る。

1947年の春に、リパッティはサン・モリッツ近くの小さな村で2回演奏する。
その内の1つがシルヴァプラナの小さな教会。
そこで並んで入場しようとしているシュナーベルさんを見かける。

シルヴァプラナ湖のほとりで、ニーチェは永劫回帰の霊感を受けている。
私の長い間の憧れの地。

p116からp117にかけては、エドウィン・フィッシャーとの交流について、書き送った手紙が載っている。

私は幼い時から、レコードでヨーロッパの演奏に多く触れた。
コルトー、シュナーベル、そして日本人離れした田中希代子さんの大ファンだった。
だから、いまだに日本式のピアノ演奏には馴染めないでいる。

この著書には、その夢のピアニストたちとの交流が多かったリパッティの生涯が綴られているので、熱狂して読めるのだ。

クララ・ハスキルとリパッティはとても身体が弱い。グールドと田中希代子さんも病いに苦しんでいた。
ニーチェも発作に苦しんだ。

しかし皆さんは今の太陽の強さや電磁波に身を晒さない内にあの世に行かれて、お倖せだと思う。
日照は私の心拍数を122にまでしてしまう。こんな時こそ、現在も生き続ける真実の演奏家の名演によってのみ、自分が守られて生きて行く事が出来るように思う。
それに哲学と詩があれば、もう充分。





*********************

[PR]
by mhara21 | 2014-10-02 00:00 | 田中希代子 | Comments(1)

グエル別邸の門で

b0071688_0293119.jpg


オッパ、お元気ですか?
今年のご命日は、2人してスペインはバルセロナ、グエル別邸の門で待ち合わせましょう。

ヘーゲルが、芸術について順位をつけていて、1番目は建築なのです。
全部で6つしかない順位の中 で、音楽は何番目か知っている?

さて、私たちの間では、ニーチェの「ツァラトゥストラ」が欠かすことの出来ない話題なのですが.....。
子供の頃ツァラトゥストラを読んだあなたは、ドイツ語訛りの英語を喋って遊んでいらしたそうですね。

最近、日本では「ツァラトゥストラ」がよく売れているそうですが、どこまで理解されているのでしょうか?
それはともかく、私は近年、ニーチェというのは「パワースポット」のような人で、なぜか人々の気をひくというのも、「霊的」なせいじゃないのかなぁと。
だから意味がわからなくても、何か感じたり、エネルギーが出ている存在ではないか。

ニーチェが霊感を得た場所、
 1. 南仏のエズ(海辺) 
 2. シルス・マリアの村(湖のそば)
も、水に関係しているので、ツァラトゥストラというのは、ひょっとすると「龍神」ではないかと勝手に思っているのです。

で、この門の前で、そんな事を語らえたらと思いました。

ニーチェの理解者、ルドルフ・シュタイナーは
「ツァラトゥストラは7回この世に出現しており、その内1回はピュタゴラスの先生だった」と。
もしシュタイナーがオッパの後に生まれていたら、
「ツァラトゥストラは8回この世に出現しており、その内1回はピアニストだった」
と言うのではないかな?

さて、お話をガウディに戻しますと、ガウディは音の研究にも没頭していたそうです。
ピュタゴラスは,弓に貼った弦の長さを変える中で天上の和声と呼ばれる「ピュタゴラス音階」を発見したそうですが、ガウディは、ある周波数の震動が重なった時の美しいハーモニーを鐘の形で読み取ろうとしていたそうです。

さて再び門のお話。
ガウディはこの門をジャシント・ベルダゲールの次のような詩の一節からデザインを考えたそうです。
 「あなたの船の祝福されし翼に乗り、 
  ヘスペリデスの花の中にオレンジの木を探した」

この龍の門は建てられた当初、扉を開け閉めするたびに「指」が動き、
色ガラスの目が光るように細工されていたそうです。

そしてこの扉は、驚く程軽いということです。
指1本で今でもスーっと開けられるとのこと。
オッパが愛したピアノのキィーのように。

でも10月4日は、あなたが息を吹きかけるときっと開く。
それを私はこの目で見たかったのよ。
やってみんしゃい!

今まではご命日にデートしたことがなかったですね。
このドラゴンの鉄門扉、気に入っていただけましたか?


---------
参考図書 外尾悦郎著「ガウディの伝言」 光文社新書

グエル別邸の門1 La puerta de finca Guell

グエル別邸の門とミラーリェスの石門




*****************************************
[PR]
by mhara21 | 2012-09-18 00:29 | エッセイ | Comments(1)

10月4日 ご命日に

b0071688_095583.jpg

b0071688_0121880.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

このソネット形式の詩の作者アルブレヒト・ハウスホーファー(1903-1945) は、地理学者で 1940年からはベルリン大学の先生でした。
ナチス政権への疑問に目覚めていたアルブレヒトは、1944年12月逮捕。
そしてヒトラーが自殺するわずか1週間前に政治犯として現在のベル リン 中央駅付近で殺害。
その遺体と共に80編の詩が書かれた12枚の血染めの紙を発見した弟ハインツは、翌1946年「モアビート・ソネット集」を出版。
今回ご紹介した詩は、収監中にハウスホーファーが死を覚悟して書いた詩の中からのひとつです。

グールドの晩年のゴルトベルクを聴く時、わずか28年前にオートバイに乗っていた暴走族の姿はなく、死を覚悟した音楽家の演奏に聴こえます。
2度目の録音より1年4ヶ月後、音楽の神さまの弾丸によって頭を打ち抜かれることを予想してゴルトベルクを演奏したグールド が、「オム・マ ニ・パドメ・フム」の内 容に似 ているので、この詩を選びました。

「いかにすれば没頭し、一人ひとりの意志を全体へもたらすか。・・・・後略」とは、ニーチェの「ツァラトゥストラ」の教えに通じます。

グールドの音楽精神は、仏陀に繋がるのではないでしょうか?


注1 この詩は典型的なSonett(ソネット)の形式に則っている。ソネットとは、13世紀イタリアに生まれ、シェークスピアに代表される イギ リスで特に多様な発展を遂げた14行構成の定型詩のこと。

注2 Om Mani Padme Hum チベット仏教徒によって唱えられている最古の真言(マントラ。仏に対する祈りを象徴的に集約した言葉)で、omは「始まり」、humは「終わり」 を意味しており、「宝石のような蓮に心からの挨拶を」といった意味。








[PR]
by mhara21 | 2011-10-04 00:12 | エッセイ | Comments(0)

おめでとう、ニーチェさん 

b0071688_14581689.jpg


今日はニーチェの生まれた日。

1982年10月15日は、トロントでグールドの追悼式があった日で、何やらちょっぴり因縁を感じる。

世界のグールドファンで、グールドにニーチェの思想を感じる人は私の知る限り、私以外に2人いる。

ギレーヌ・ゲルダン女史は
「実にニーチェ的なグールドの夢は、
 音楽との創造的な真の関係を高めるようにと
 我々を励ましてくれる」と。

「グールドの音楽概念は、
 ニーチェの思想と同じであった」
児童文学者のジョナサン・コット氏。

ニーチェにとって、哲学とは音楽の流れと同じであった。
「音楽がなかったら、人生は誤りであろう」
とニーチェ。

いつも激しい痛みに襲われたニーチェは、
恐らく世界の思想者の中でも、
もっとも共感覚的に哲学を理解していたのでは
ないだろうか?

ニーチェは、名が知られている割には、
全く理解されていない。
ニーチェへの唯一無二の理解者は、
同国人のルドルフ・シュタイナーだろう。

シュタイナーは、数字や色や香りや
真の食べ物にこだわる現実的な霊能者であったから、
ニーチェへの高い理解を示すことが出来たと思う。
シュタイナーは
「放牧された牛の糞しか作物の肥料に出来ない」
と語る。
「牛舎で他の牛の吐く息を吸いながら食事をした牛の糞を作物の肥料にしても、人間のDNAに狂いが出る食物が出来る」
と意見する。
牛の吐く息の炭酸ガスがもう公害という訳だ。

来年のカレンダーには「牛」が。
丑年だもの。

辰年生まれのニーチェにとって、
どんな丑年になりますか?


私のニーチェへのラブレター「ニーチェへの手紙」をニーチェになって読んでみてね!!
 http://kaikyou.exblog.jp/1110058


++++++++++++++++

ここはグールドをメインにしたブログ(田中希代子さんは含む)ですが、
グールドのことも書いているので、こちらにもアップしました。



*****************************************
[PR]
by mhara21 | 2008-10-15 14:59 | エッセイ | Comments(0)

41年前の夏

41年前、ある決心をした。
14才と11ヶ月で、ゴルトベルクの読譜を始め、グールドに聴いてもらおうと考えついたのだ。

人の最高集中時間は1日15〜30分だと思う。
これがニーチェのツァラトゥストラに繋がるとも知らずに、その年の12月には、第25変奏を残して、格別の演奏になって行く。

ところが、触感が急に変わって、弾けなくなる。


今では、すっかり汚れきった50代の頭と心でやっている。
若い時のようにバックオーライは出来ない。
疲れ過ぎるから、1回だけ。

時々、精霊が来ているように弾くこともあるが、
大概は蝶やトラの交尾を想像したりして遊んでいる。
いい練習をと思って、お掃除おばさんの気持ちで始めるが、直ぐにチンタラ遊んで、後、不潔で気持ちが悪いと自己反省。

いつか、かつての私のように、この曲を弾き上げ、苦しんで生きていることを誰かに知ってもらいたい演奏者がいらしたら、私は喜んで聴かせていただく。
b0071688_10472135.jpg




*****************************************
[PR]
by mhara21 | 2008-07-22 10:48 | エッセイ | Comments(0)

真珠と田中希代子さん   by マサコ

 
b0071688_0362370.jpg


  1996年10月30日 ゼロ日通信から 

毎年、秋になると特別に思い出すことがある。
それは22年前に私を襲った狂気のことだ。
月並な言い方だが、
「あれは一体、何だったんだろう」とずっと思い続けてきた。
最近、ようやくその説明がつくようになった。

人類の海の底には、人間の魂と生命を司る「真珠」が育っている。
何十年かに1度だけ誰かがその真珠を取りに行く。
その真珠を取りに行く者は必ず、頭か体をやられてしまう。
何しろ海底は水深何十万メートルの世界だから、
滅多なことでは採集に行く者がいない。

「その真珠」は大きく育つ。
たまにそれを手にした者がいても、持っているだけでは決して輝かない。
人に与えようとした時にだけ、光沢を放つ。
また、受け取った真珠を手にした人は、自らその輝きを楽しめても、
決して人に与えることはできない。

私の知る限りでは、田中希代子さんが、その大きな真珠を私に与えて下さった。
 私もまた、22才の時にこの真珠を取りに行ったのだ。
 死よりも辛かったあの脳の異変。
 水圧に押しつぶされて、息も吸えない苦しさ。
 当り前のことが全て当り前でなくなった、あの大変さ。
 それは私が海の底に潜ったためではないだろうか?

ニーチェは、ツァラトゥストラの中でこの真珠のことを
「黄金のまり」と称している。
そして「その黄金のまりを他の人に投げる様子を見たい」とまで書いている。

20才の8月1日に私は日記に次のように記している。
 
     「いつか」
 私は佳い音楽家になりたいと考えています。
 それは私が昔、病気をしたからです。
 佳い音楽家というのは、ある特定の伴侶に語りかけができる音楽家のことです。
 私がいつそれになれるか、又、毎日、それのために何をするか、
 そんなこと、知らないです。
 でも、いつかきっと運命は私を海に沈ませるでしょう。
 そして宇宙はお魚をすくう網のようなもので、
 私を海底からすくい上げるでしょう
 そして宇宙のまにまに、
 私は数々の天使と優しい昔からいる1つの神様を見るでしょう。
 そして、地上では午前正午にツァラトゥストラと交信しているでしょう。
 そう、太陽が真上に来る時に。




*****************************************
[PR]
by mhara21 | 2007-07-21 01:59 | 田中希代子 | Comments(1)

修道女モニカ

b0071688_17545199.jpg
 

クープラン作曲「修道女モニカ」は、ピアノ学習者によってよく弾かれる小品である。
 プロのピアニストで聴いたのは、田中希代子さんの演奏のみ。この演奏は、田中さんの名演の中でも私のもっとも好む演奏の一つである。

 Aセクションのトリルを聴いただけで、田中希代子さんが天才だとよくわかる。Aセクションは整っていて、田中さんのトリルの美しさが「形」として、響く。落ち着いて、明晰。修道女モニカの日々の生活ぶりもかくありなんと納得がいく。

 ところがBセクションになると、にわかに空がかき曇り、ドロドロした人間のどす黒い感情が流れてくる。田中さんは美しい音の中に激しさを、慟哭を、暗い色調で流してくる。
 心の中でこの曲を繰り返し鳴らしているといやが上にも、人間の「整える力」と、「自分を解き放ち、むき出しにしたものが流れる力」を感じる。

 これだ。ニーチェのいう「アポロ的」なものと「ディオニュソス的」なものとは。
 2000年は、ニーチェの没後100年にあたり、世界中で50以上の出版物が刊行された。その中の「白眉」とされる、リュディガー・ザフランスキーの「ニーチェーその思考の伝記」から説明を引用する。

 「アポロは形式、明晰さ、堅固な輪郭、明るい夢の神、何よりも個性化の神である。彫刻、建築、メロスの神々の世界、叙事詩の精神——これらが全てアポロ的である。一方、ディオニュソスは解体、陶酔、忘我、無礼講酒宴(オルギアスムス)の荒々しい神である。音楽と舞踏が特に好まれる形式である」

 芸術は人生でもある。
 感情をむき出しにせず、にこっと笑って済ますのが「アポロ」なら、おどろおどろしい気持ちが内部でとどまらずに発散するのを感じる「ディオニュソス」も人の心というものだ。
 大脳皮質の左右半球の異なる役割で、主要な言語中枢《アポロ》、非言語的な観念構成の《ディオニュソス》。「顕在意識と潜在意識」。「コントロールできるもの」と「コントロールしない(発散させる)ことによって抑制状態へと促す」この二つのものが人生、人間を生きるものにとって不可欠なのだろう。

 楽曲形式のABA型は、我々の心のパターンかもしれない。簡単にいうとアポロは視覚、ディオニュソスは聴覚である。

 ニーチェの言葉
「一切の存在の基盤である世界のディオニュソス的根底は、アポロ的な浄化力によって再び超克されうるぎりぎりの限度においてのみ、個別的な人間に意識されうる」

 田中さんの「修道女モニカ」は、ニーチェの思想を音現化した極めて稀な演奏といえよう。 




*********************************************
[PR]
by mhara21 | 2007-04-04 10:15 | 田中希代子 | Comments(2)

ゴルトベルクをめぐる8章 7

 ゴルトベルクをめぐる8章を1から読む


《4. 変化》

 数ヶ月たち、後3日でクリスマスという時、マコは近所のおばさんに連れられて「整体指圧」に。
「この子を何とかして丈夫にしたいのです」
「よしよし、ここに寝てごらん。首の骨と尾てい骨が曲がっている。天才タイプだ。体が治って、もしピアノが弾けなくなってもかまわない?」
 −−何ですって! 体が丈夫になれば練習で上手に弾けるはず。

 マコは、「健康でなければ練習出来ない」と治療を受けることに。バキッバキッと全身を鳴らす治療を受けた途端、息は吸いやすくなり、飛ぶように歩けます。試しに指をぱらぱらと動かしてみたら、感触が違う。思い込みかもしれません。

 家に帰ってピアノを弾くと、まあ大変。音は別人のようで、指が思う鍵盤のところへ行きません。食事は山のように食べ、夜はぐっすり眠れます。マコは変化についていけません。ピアノが弾けないのです。

 体の状態が悪くても、音楽が、神様の愛を受ける場所。マコの心が元気でいられたのは「一刻も早くグールドに逢いたい」夢があったから。その世界が奪われたのです。
 「思春期を迎えた居場所のない子供」は、神を呪い、親をなじり、眠れないで壁を叩き壁土を落とす。ぶつけどころもなく苦しみに荒れ狂います。災難が待ち受けているとも知らずに。


《5. ヴィジョン》

 整体を止めたマコの体は痛んでいました。全身性のリューマチ・神経痛といっても医学的に証明されません。

 マコの耳にアリアが帰ってきて言いました。
「病気が治って50才から60才の間に1曲弾ける。永遠を奏でる。人間は永遠をやり取りして生きて行く。一緒に日の出を見に行こう」
 マコは一閃の旭日に悟る。「人間の本質は太陽光線の生命エネルギー」


《6. 霊能者たち》

 マコの苦痛は、医学的なことでは解明がつかない霊的な病気でした。ジッとしていられない痛みや、体が硬直する苦痛に超人的な精神力で耐えるしかありません。
 マコを勇気づけたのは聴き続ける音楽でした。
 そして、人間が人の思いを受けて病気になるという見方をする人と出会い、犠牲者の供養の観音経を書くために宮崎市に移ります。

 数カ月後、体を丈夫にするために60才の霊能者の家に引き取られ、家業のレストランを手伝います。
 少しずつ上達する食堂の仕事をしたから、マコは物事は、毎日決めた時間にやること。上達には辛抱が必要なことを学びました。




「ゴルトベルクを巡る8章 8」へ





*********************************************
[PR]
by mhara21 | 2007-02-22 11:03 | ゴルトベルクをめぐる | Comments(0)

8月のゴルトベルク3

 さて「因縁めく」話として、1981年カナダのグールドに会いに出発する4月、グールドはゴルトベルクの再録音を開始。私がトロントに到着した5月15日の録音も記録に残っている。未知の国にただ一人、最愛のグレン・グールドに近づくときに、変奏曲のことを思い出した。

15才の時にテープを送っても、グールドに大笑いされて、聞いてももらえずにゴミ箱に捨てられたテープを送ろうとした本人が、ままならぬ英語力でもグールドに会いたいとカナダに押しかけていくのもみな「若さ」の為せるわざ。
 ゆえに「若いっていいわねぇ」と「若さ」を眩しく思うのだ。

 トロントで暮らして半年になる頃、ゴルトベルクの楽譜を買って、弾く気のない楽譜を抱えて暮らした。

 1982年8月、私はトロント王立音楽院で時を過ごしていた。8月はグールドがゴルトベルク変奏曲を再録音したことについて、ティム・ペイジがインタビューのためトロント入りしていた。インタビューは春秋社発行の「グレン・グールド大研究」で読むことができる。

 グールドが亡くなる頃は、観光ヴィザから学生ヴィザに切り替えるため米国のバッファロー市やナイヤガラフォールズ市にいた。その時もどういうわけかゴルトベルクを思い出してばかりいた。

 ニーチェの「ツァラトゥストラ」のスタイルは聖書を見本にしているので、ツァラトゥストラを30才に。なぜならキリストが教えを始めた頃、30才だったから。どうでもいいような理由なのだが、私も30才になっていた。(キャハハ、ツァラトゥストラと同い年)

 学生ヴィザがもらえなければ観光ヴィザのまま国外退去の命令が出る。そうなるとカナダに入国できぬまま日本に帰国することになる。その恐怖の中、いつしか私の心は、「ゴルトベルクを弾いた時は、この半分しか生きていなかった。倍、生きたからといって賢くはないが」と呟くように。

 学校に入学するチャンスが廻ってきて昔の一念を思い出す。そして学生ヴィザと共にグールドの死のニュース。
 悲しみに包まれてトロントに戻った夜には、モンサンジョンが撮影したグールドの2度目のゴルトベルクのフィルムがTV放送された。フィルムのグールドは、コントロール力を増して、職工のゴルトベルクを創り出している。
 「1+30+1=32」の形見をグールドから手渡されたよう。

 頭のよい、知性高く才能のある人物が肉体界を去り、乗り越えられない淋しさであった。この世にグールドがいなくなったという事実。向うが会いたがらなくても同じ街に暮らし、ピアノを弾いていればきっと会える・・・それが打ち砕かれた。

 音楽や文学、哲学の話をする人が存在し、巡り合えると信じていた私の「伴侶」はグールドしかいなかった。思うことを語ったり、心を通い合わせたりする人が一人もなく心が満たされない。グールドの旅立ちの後の人生であった。


「8月のゴルトベルク4」へ



*********************************************
[PR]
by mhara21 | 2007-02-12 11:35 | 8月のゴルトベルク | Comments(2)