合い言葉GG
by mhara21
検索
☆マサコのプロフィール
13才のときにグレン・グールドのピアノに 出会う。以来抱き続けたグールドに会うという夢を追って28才でカナダへ。後追い日記はその記録である。
属性はシャーマン。


☆ミクシに習って、ぬさんからの紹介状
不在の幻影から愛するひとを救い出し、グーグルキャッシュの中に愛のエクリチュールを刻印しつづける、GGの恋人。二人はもう触れあうことができないが故に永遠に惹き付けあうことができる、まるで恒星と惑星の関係のような、あらゆる恋人が夢見るユートピアに住むひとです。


☆このブログの本拠地は
 海峡web版  です。

グールド、並びにグールド家からのプレゼントはこちら。

 グールドのサイン入りレコード
 もう1つのレコード
 グールドの本とそのメモ書き
 パパグールドさんのご本

☆グールドおよび後追い日記に関係のないトラックバックやコメントは削除する場合があります。
カテゴリ
全体
後追い日記81年
後追い日記82年
後追い日記83年
後追い日記84年
後追い日記85年
後追い日記86年
後追い日記87年
グールドからのプレゼント
グールドへのメール
エッセイ
ゴルトベルクをめぐる
グ−ルド・レストラン
8月のゴルトベルク
グ−ルドとエクスタシー
田中希代子
未分類
タグ
(92)
(56)
(32)
(18)
(14)
(13)
(11)
(10)
(8)
(4)
(3)
(3)
(2)
(1)
フォロー中のブログ
海峡web版
記事ランキング
最新のコメント
Dear Toshi, ..
by masako at 19:34
いつもご丁寧なブログ管理..
by mhara21 at 09:07
本日、英語版の訂正と同時..
by mhara21 at 18:30
グールドは、この間夢に現..
by grpspica at 14:15
このニーチェとピアノの写..
by grpspica at 08:45
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...


タグ:セイディ ( 3 ) タグの人気記事

後追い日記84年2 ・秘書のセイディ

#秘書のセイディ

グールドの秘書だったセイディに逢うことになった。
待ち合わせの場所はトロント大学の食堂。セイディはスリランカの人。
職安から紹介されて、グールドの面接に行った。
「あなたはピアノを弾くの?」
と尋ねるグールドに「いいえ」と答え、逆にセイディから
「あなたはピアノを弾くの?」と質問されたグールドは
「ウッ!!」

グールドはセイディのためにコーヒーを入れてくれる優しい上司で、セイディによるといろいろな所で働いたが、コーヒーを入れてくれた上司はグールドだけ。またグールドは有能な人でセイディに与える仕事が何分かかるか言って、その通りだった。

「グールドが生きていればきっとあなたに会ったでしょうね」
「そうは思わないわ」
「いえ、会いましたとも」
セイディは優しいまなざしでマコの目を眺めると「今でもグールドさんのことを思うの?」と聞いた。瞬間、マコは泣き出していた。

グレン・グールド。なんという美しい名前だろう。 
人によっては「シャネル」にその人の全てを委ねて、その製品を所有することで心が満たされるように、マコには心にグールドの音楽を纏うことが生命の糧となっている。
グールドへの想い、グールドを失った悲しみは、日を追う毎に深まる。
トロント時代、グールドに「今度はトロントでマコがピアノを弾く番」と励まされても、マコは喜べなかった。

グールドからの通信は91年の4月以来、完全に絶たれた。そのことを切なく悲しく思う今、グールドの励ましに支えられて過ごした日々は宝石のよう。
 「どうして私は1人なの?」
孤独に耐えかねてグールドによく尋ねた。
「芸術のためだよ」。

ピアノ曲は1月中、まだモーツァルトにかかりきりだった。マリーナ先生は生徒の指導のために使う曲と使わない曲をはっきり分けていらした。そして曲に関しては、どの曲をどういう目的のために与えるか、はっきりした見解と明確な指導力をもっていらした。

マコがARCT用に選んだモーツァルトのソナタハ長調K309は、マリーナの教授のレパートリーに入っている曲ではなかった。元来マコは一般受けする曲は好きになれないので、選んだモーツァルトの曲もあまり頻繁には弾かれない難しい地味なものだった。
5年間の学生生活は音楽院で時間を過ごすことが多かったが、1度だけ誰かがこの曲の3楽章を弾いていた。一緒にいたマリーナは「懐かしいものが聞こえてくるわね」と楽しそうだった。
板チョコと雪でモーツァルトが作った御菓子のような味がする第3楽章は好きだ。


next84年3へ






**********************************
[PR]
by mhara21 | 2006-12-15 22:58 | 後追い日記84年 | Comments(0)

グールドへのメール30 そろそろお別れよ

グールドへのメールを1から読む

 2001.5.10

 日本は湿気を帯びた空気が充満。部屋にいてもベトベトの塩水の海の中。湿気に弱いのはピアノばかりではありません。落ち込む体調になるのは私やニーチェだけではないでしょう?

 ゆうべTVを観ていると不必要なダム建設のために5年間に水道料金が現行の2倍になる市があるということでした。どこかで誰かがおかしなことをするとしわ寄せが来る。そのしわ寄せが不正者に戻るのが来世、では遅すぎる。一部の人がお金を掴もうとするから、下々の者が苦しむことになる。節水するとお金がまわらなくなるので、水は使った方がいい面もあるそうで、世の中はどうなっているのだろう?と考え込みました。 

 あなたはいつも考えていた方で夜、眠っているときでさえ考えている人だったと伺っています。
考える人といえば、ロダンが花子という日本女性と関わりがあったことを知り驚きました。

 あなたが日本語の「草枕」を2冊もってたことから、誰が贈ったのだろう?どこで入手したのか不思議に思われていること知っていますか?

 こうした謎をこの世に遺すのは何よりの楽しみだったのでは?

 秘書だったセイディが晩年のグールドは絵を画く日本女性と親しかったと言っていました。本当ですか?どうもピアノを弾く女性には興味なかったみたいですね。
 ともかく、その日本女性には逢ってみたいです。これも「デルヘの恋文」と一緒で本当はいなかったのではないかしら?

 とにかくなかなか自作自演の多い方のようです。ティム・ペイジのインタビューも台本は全部書いていたのですから。人を操りたかったと思われても仕方ないでしょう。
 グールドファンとして、自分の作ったアンケートに答えてみます。

 もっとも好きな演奏
 ベートーヴェンのコンツェルト1番
 理由
 生き生きとして、生命の喜びに溢れているから。

 嫌いな演奏
 特にこれっというのはなし。全体として、アクの強いもの。自己主張の激しいもの。押しつけがましいものは、みんな嫌い。

 グールドからのテレパシー
 ありすぎて、こまる。でもないと淋しい。幽霊としてのグールドも山程知っている。そんなことをいう人がいたら(私の他にも)助かったと思う。みんなが言い出せば、さもありなんと嬉しい。

next グールドへのメール31へ



**********************************
[PR]
by mhara21 | 2006-12-06 09:55 | グールドへのメール | Comments(0)

グールドへのメール27 電磁波過敏症 

グールドへのメールを1から読む

 2001.4.28

 大型冷蔵庫のお陰で楽しみだったこの部屋が拷問部屋です。なんと浅はかなことをしてしまったのでしょう。広くてカナダみたいなので「グレン」と名付けて、たのもしがっていたのに。
この冷蔵庫は、2人の姉が空間にピタリとはまる大きさで選んで、私としたら、照明が気に入っていた、小さなのを電磁波を懸念して推せばよかったと悔やんでいます。

流しの横にあるので電気イスに座っているみたい。電磁波は器具の横にたまる。丸いものに集まるので頭に来るの。脳の血流を変えるので、あちこちの器官が機能しなくなります。亡霊と戦っているみたい。

 電磁波は風で散るから戸を開けて風が通る部屋にいると疲れるのです。アー!
 早く逃げ出せばいいものを、「けだもの」につかまったように、体がきつくて動けない。この感じは霊魂にやられた時に似ています。ちなみに、電磁波過敏症の人は霊につかれやすいそうです。

 今日は、オックステール・スープに入れようと思っていた飲み残しのビールを捨てられ、もう一人の姉はゴミすら捨てない生き方なのに、片方は、人が要るものまで捨てて歩きます。

 上の姉は相変わらず土日も10:00くらいまで働きます。子供の頃から勉強机に座っている姿しか見たことがない姉です。

 この間TVで、新しいタイプの完全自動乾燥洗濯機を開発した技術者が、奥方のお弁当を毎日2食持って出勤。細長い三段のお弁当箱にお料理が美しく並んでいたわ。洗濯機が壊れたら、ぜひあの製品を買いましょう。
 料理は、あきません。ピアノと同じで下手の横好きです。
 こんなお話し、生涯、料理も掃除もしなかった方には興味のない話題でしょう。

 昔、ジムというCBCの守衛をしていた方が、グールドの車の中がメチャクチャに散らかっていて、すごかったと。秘書のセイディさんには、いつもコーヒーを作ってあげたそうですね。

 極論ですが、自分のこととして私は人間は50才以上生きる必要ないと思っています。昔の人は50才で死ねたから、よかったのです。好きな人々は皆、40代で仕事を仕上げて亡くなった人ばかりです。ニーチェ(実際に亡くなったのは、55才ですが45才で気が狂う)、D・H・ロレンス、先にあげた日本人男性3名も早くに亡くなっています。

 ブレンデルは現在世界最高のピアニスト。にぶくなくて知性派の代表格です。それでも天才のうぶ毛には、かなわない。k.570の変ロ長調のソナタでは、ジャズの潮風風にオリジナルから、少しアドリブをつけて音を変えていますが、それすらグレインジャーのジャズの潮風には、かないません。実は兄がブレンデルにそっくりなの。

 さあて、グールドはグレインジャー好きでないでしょう?背骨がガタガタして鼻を押さえる程、妙な匂いなのでは?

 この間、7才の少女と一緒に「ソロモンの雅歌」を聴きました。
 「これは彼氏と聴きたい曲だわ。いい気持ちになって、幸せになって、彼氏がキスしてくれるの」
 私もとにかく気持ちが良くなって何がなんだかわからなくなるの。歌詞を見て、なるほど。
 正に「谷間のゆり」的音楽。(シャロンのバラがチューリップであろうと言われているのは知ってる? チューリップはユリ科ね。)

 ところが、これをかけていると兄が、
 「さっきから妙なものばかり聴いているな。気色が悪いから早く消せい!」

 人って、好みが様々。要するに合えばいいのです。

 ところで、グレインジャーの晩年の写真。1922年4月30日、飛び降り自殺した母親のローズさんがついているみたいですね。隣に一目惚れした美形のエラ夫人が付き添っているから、グレインジャーは様になっているけど。水木しげるの妖怪みたいなグレインジャーの写真は、そしてリューマチ系の関節の形の指には、心に残るものがあります。

 グールドとグレインジャーは、共にママっ子であること以外、似ているところがありません。ブゾーニを驚愕させた才能のグレインジャー。グールドだって早く生まれていたら同じくらい、驚かれたと思いますが・・・。
 合い言葉「GG」


next グールドへのメール28へ



**********************************
[PR]
by mhara21 | 2006-12-03 10:34 | グールドへのメール | Comments(0)