合い言葉GG
by mhara21
検索
☆マサコのプロフィール
13才のときにグレン・グールドのピアノに 出会う。以来抱き続けたグールドに会うという夢を追って28才でカナダへ。後追い日記はその記録である。
属性はシャーマン。


☆ミクシに習って、ぬさんからの紹介状
不在の幻影から愛するひとを救い出し、グーグルキャッシュの中に愛のエクリチュールを刻印しつづける、GGの恋人。二人はもう触れあうことができないが故に永遠に惹き付けあうことができる、まるで恒星と惑星の関係のような、あらゆる恋人が夢見るユートピアに住むひとです。


☆このブログの本拠地は
 海峡web版  です。

グールド、並びにグールド家からのプレゼントはこちら。

 グールドのサイン入りレコード
 もう1つのレコード
 グールドの本とそのメモ書き
 パパグールドさんのご本

☆グールドおよび後追い日記に関係のないトラックバックやコメントは削除する場合があります。
カテゴリ
全体
後追い日記81年
後追い日記82年
後追い日記83年
後追い日記84年
後追い日記85年
後追い日記86年
後追い日記87年
グールドからのプレゼント
グールドへのメール
エッセイ
ゴルトベルクをめぐる
グ−ルド・レストラン
8月のゴルトベルク
グ−ルドとエクスタシー
田中希代子
未分類
タグ
(92)
(56)
(32)
(18)
(14)
(13)
(11)
(10)
(8)
(4)
(3)
(3)
(2)
(1)
フォロー中のブログ
海峡web版
記事ランキング
最新のコメント
Dear Toshi, ..
by masako at 19:34
いつもご丁寧なブログ管理..
by mhara21 at 09:07
本日、英語版の訂正と同時..
by mhara21 at 18:30
グールドは、この間夢に現..
by grpspica at 14:15
このニーチェとピアノの写..
by grpspica at 08:45
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...


<   2016年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

WINTER AT SIXTEEN :Visit of Zarathustra

b0071688_10161016.jpg


I was born in Himeji, Hyogo Prefecture, on September 16 , 1952, the
youngest of four children. I grew up with my parents, my mother's
parents and brother and two sisters in Akashi City where my family
moved when I was two.

It was my grandmother who had a strong influence on my life till
I became ten years old. She had graduated from Tsuda Women's
College and taught English.
She looked like a wonderful person to me as compared with my
mother, who was worn out in raising her children and also did not
seem to be hitting it off -- as even I, a child, could see -- with my
father.

My grandmother and I used to sleep together in futon at night after
she read books to me. I guess I was looked after with great care.
She let my elder sister, a primary schoolgirl then, and me listen to
the "Basic English " program while she, too, listened to English
conversation programs intently.
I remember that I came to understand a pure aura emitted from her
in her wholehearted love for learning.

She passed away in 1962. Then years after that was a period of
darkness for both my mother and me.

My family folks, as none of them were in good health, shared the
agony with one another.
I seemed to be the focus of the family members' empathy.
Born weak, I began to have more fits as years passed by.
Attacks of fever stopped me from going to school at Grade 5.

The more I suffered, the more neurotic my mother became about
the difficulties in her marriage. This bonded us closely as we tried
home treatment or therapy from every professional we knew.

My experiences were beyond description.
Like Job in the Old Testament, there were more and more difficulties,
pain and despair gnawing at my body. I barely managed to graduate
from the primary school a year later than I was supposed to.
My disappointment at not being able to attend a junior high school
made me just as neurotic as my mother was.

I was thirteen. What I was living for then was the music played by
Glenn Gould, whom I came to know about around that time and
learning English on the radio to prepare myself for meeting him one
day.

It was the summer when I was fifteen.
Coming back to Akashi after visiting a doctor in Tokyo, I was so
desperately lonely that I needed to talk to my dearest Gould.
So I thought of tape-recording Back's Goldberg Variations and sending
a copy to him, as my mother's piano instructor recommended.
What other hopes were left with me ?

The sheet music of the Goldberg Variations was bought in Tokyo
by my mother's elder brother who died in the war. He took it
back to Taiwan, but I have heard that he said he would be quite
happy to give it away to whoever could play this difficult piece.

When my mother was repatriated from Taiwan after the war,
she left the music with one of her friends as she could not take it
with her. It was sent back later with my uncle's signature on it.
In spite of the lack of interest in food and getting little sleep at night
because of the pain, I had the will power to master this music
in an amazingly short time. I was determined to get myself up
when I collapsed. I would then take a break and finally seat myself
in front of the piano.

In December that year, a shiatsu therapist told me,
"You see genius is but one remove from insanity. You might lose your
talent for playing the piano if I treated you."

With my time drawing somewhat nearer, I did not fear the possible
consequences. I had three sessions of treatment with him and did lose
the incredibly movement of my finger tips, the beautiful tone and the
"elan vital"--all along with the drastic changes in my condition such as
regaining my appetite and becoming able to sleep well.

To make things worse, I was told to go to school in April the following
year when I was supposed to be in Grade 9 (instead of Grade 10).
I could not possibly picture myself being at school ; I had been away
from the regular school curriculum for so long that I was at least five
years behind students of my age, and the classes would offer nothing
but preparations for entrance examinations for high schools.

All of these entangled with my difficulties peculiar to puberty threw me
into the abyss of despair.
My hopes and efforts were rejected, my precious treasure was taken
away all of a sudden, and the cry of my bleeding heart was ignored.
At that time, meaning of life, health or whatever else was all muddled up.
And yet, as I always looked cheerful and high-spirited, people criticized
me constantly for being "overprotected," "schoolphobe," "spoilt," etc..

Although I had already been sick in the previous year, my condition
became far worse in 1969. The facial pain and the toothaches were
particularly severe, making my life a hell on earth.
My body turned rigid --- on one side and then on the other --- every
night between twelve and two o'clock.
Feeling as though rheumatism and neuralgia were hitting me all over,
I had no choice but to rely on my extraordinary spiritual power in
enduring this excruciating pain.
I kept the room temperature unusually high because of the shivering
sensation I had. I had to change clothes as the part of my body
the pain was attacking got sweaty; but the pain did not help me stay
still and I had to keep moving around in the house during the day.
It was the state of sheer madness.


It happened for five days, starting probably on January 21.
My mother was tired out and asleep after tending me during my usual
dreadful fit.

I was all by myself, crying, as I recall, over my sense of despair that
nobody had helped me out of the attacks of the pain and that my efforts
over the years to become healthy had been totally futile.
Realizing that way under the frozen sea was another world of darkness
where I could not even see my finger tips. I felt as though heaven and
earth were crumbling down together.

I yelled out of my anguish :
"Even God cannot save me form where I am now.
How could He exist then? "

Right then, I heard the Aria from the Goldberg from far away in heaven.
With that music came a beautiful spirit who looked like a hermit.
The spirit picked me up and flew miles and miles till we reached a
mountain.
It felt like a world surrounded only by gratuitous devotion and love by
all the artists in history and their earnest admiration for beauty.

Although I was rolling all over on the bed because of the pain and not
having a snatch of sleep, part of me was completely away on the
journey with this spirit.

"You are crying now," the spirit told me, "but your illness will be cured,
and you will be playing the piano when you are fifty or sixty.
The music you will play then will have the power to always find crying
children, just like you. Those children, too, will come to know
themselves and rise. Do you understand ? It is the truth of life.
It is the world of the eternal."

The same thing happened in the same sequence, at the same time
--- around four o'clock --- and for five days.

On the last day, the spirit added, "I have been guiding you this time,
but climb up yourself next time."

We left the mountain and were still flying, this time, to see the sunrise.
As I saw the pale light of dawn coming onto the earth through the
glass window, I knew intuitively that that light was me.
This intuition flashed upon me, like lightening, for five days.

It is October 6, 1990.
I am a little puzzled because I have written, at one stretch, half of that
incident (What else could I have written if that incident was the only
thing to write about in my youth.).
Perhaps I was a child of great fortune to be able to be awakened to the
meaning of the human being as phoenix through that intense experience
at the age of sixteen.

In November, 1969, my sister and I started hand -copying sutras at an
apartment in Miyazaki City on the advice of a psychic healer who lived
there.
"It is the karma of the Itos' ancestors." she said, "that has afflicted
your life. You were born at God's will to purify their souls."

Twenty-two years later, in the fall, my mind is wrapped in various
thoughts --- Nietzsche's Zarathustra and eternal recurrence,
the teaching of The Reverend Masahisa Goi (which I came to know about
later ), my dream of going to Canada (which came true), and my still
being weak ---all like scattered clouds.

I must put down my pen now because I do not think I could write any
more.
Well, I also feel I can see in the readers' minds that my story is too
other-worldly.



b0071688_2322340.jpg





*************************
[PR]
by mhara21 | 2016-11-30 10:16 | エッセイ | Comments(0)

後追い日記1986年22・グールド家への電話(11月)

b0071688_11422726.png


#グールド家への電話

11月のある夜、電話帳で番号を調べるとグールド家に電話をかけた。
ヴェラ夫人が電話口に出た。

「弁護士のS氏から私のことをお聞きになったことがあると思いますが‥‥」と会話を始めた。ヴェラ夫人は大変用心深かったがグールド氏に代わるといった。
「グールド氏の死後、カナダに残り学校に行っています。ぜひお目にかかりたい。お宅に伺ってもよろしいですか?」と聞くと
「私もあなたに会いたいから、どうぞ」と言われ、又ヴァラ夫人に代わった。
「それにしてもあなたは本当に逢いにいらっしゃるだけなんでしょうね」とヴェラ夫人は不愉快そうに言う。そして「私たち、私たちに近付こうとする人をとても警戒して言るのですよ」とこわい声で続けた。
その言葉や様子から私は『グールド夫妻には寄付の依頼が多くてウンザリなさっているのではないかしら?』と思った。

しっかり者のヴェラ夫人は「念のため、あなたの電話番号を教えて」と言われ、
「0070番」と答えると「なんと奇妙な番号でしょう」と感想をもらした。私もいつもこの奇妙な番号を不思議に思っていたので初めてヴェラ夫人に人間味を親しみを感じた。 



その後のグールドの父上を訪問日記はこちら
GG生誕83年・没後33年を迎えて ーーR.H.グールド宅訪問記




next 86年22・クバレックとの勉強(11月) へ






*****************



[PR]
by mhara21 | 2016-11-20 00:00 | 後追い日記86年 | Comments(0)

後追い日記1986年21・クバレックとの勉強(11月15日)

b0071688_1055764.jpg


#11月 15日クバレックとの勉強

クリスマスが近付くと恒例のグリンガス教室の学生コンサートがある。私は小さな子供たちの曲を丁寧に稽古した。アナと言うシンガポール系中国人の少女はバッハのト長調の曲と2フレーズの小曲を弾くとになった。私は時間が合わないのでアナの家まで言ってリハーサルをしようと思った。住所もウロ覚えで下宿を飛び出して1日中いろいろなことをして夜、エグリントンの駅から歩き、着いた家は違う家。親切なその家の人のお陰で歩きに歩いてようやく辿り着いた。「駅から歩いて来た」と言うと皆、目を回していた。

食事の仲間に入れていただいた後、リハーサルをした。アナに「ゆっくり弾け」と母親が言った。それに対して私は「音の質で早く弾いたように聞こえたのだから、アナ、こういう音で弾いてごらん」とピアノでその音を出した。アナはその真似をした。テンポは変わらなかったけど、今度は音の膨らみでゆっくり聴こえた。美しい音楽になった。母親はびっくりしていた。帰りはご主人が車で送って下さった。ご主人は何だか思い詰めたような顔をしていた。食事中バンクーヴァーで生ウニをどれだけ沢山食べたかとか話していたけれど食事中にまだ食べ物の話しをする健啖家であった。
後日C夫人は「主人は『マコが賄い付の下宿に暮らしているとは信じられん。あの痩せようは何だ。時々家に招いてご飯を食べさせてあげなさい』と言っているのよ」と話して下さった。

「子供の演奏者はいつヴァイオリンの弓を振り上げて弾き出すか分からないから気を付けなさい」とグリンガス夫妻に言われていたが、本当に同じことよく起こった。でも本番ではぴったりあった演奏が出来てホッとした。
 
どれもこれも楽しい仕事だった。この慎ましやかな仕事は音楽の喜びに溢れていた。「ぜひキワニスで私の生徒の仕事をしてください」と頼まれたが断わった。引っ越しも考えていたので、あれこれ手を出す気にはなれなかったのだ。


ピアノの生徒たちは主に台湾教会のある場所でレッスンしていた。
Mr.Kとの前期が終った。指使いも何も皆、楽譜に書き込んで下さるので嬉しかった。マリーナは『いい加減自分で考えたらどうなの?』という感じだったので、『先生を変わるのも悪くないなぁ』と思っていた。

マリーナとクバレックの先生としての違いは、すぐにわかった。マリーナの明敏さがクバレックにはなかった。クバレックはその頃夫人との別居に踏み切ることで、相当辛い時期を送っていたと思う。
ベートーベンのバガテルを弾くように勧めてくれたことには感謝しているが、それによって私の体力には余分な重荷となり体がつぶれたことも事実だった。このあたりの読みがマリーナと違い不的確であった。

マリーナほど、優れた教師はいなかった。
1年目はできないことは全く要求せず、2年目はただただ生徒を鍛え上げた。そして3年目になるとひたすら生徒が自立するようにハッパをかけた。
『指使いは書き込まないのよ。プロとはそういうものよ。プロの楽譜って何も書いていないのよ。』私が指使いを書くのすら、ダメだと言っていた。

グールドの楽譜は書き込みが多いようだ。
彼にとって楽譜など録音の際の『見取り図』にすぎなかった。ギーゼキングと同じでフォトグラフィックメモリーの持ち主で、弾く前に楽譜が頭に入るタイプであった。

私も阪神大震災の前は、フォトグラフィックメモリーがあった。ご丁寧に指使いや書き込みまで頭の中に出てくるコチコチタイプだった。指使いの数字を覚えているだけで音符を忘れない自信すらあった。

グールドとクバレックには奇妙な話がある。クバレックからグールドのプロデュースによってコルンゴルトのピアノソナタを録音した話は聞いたことがない。ところが、グールドのプロデューサーだったカズディンの本には、グールドが自分がプロデューサーになった時の感じをしゃべっている個所がある。
その録音は今はCDで聞ける。
おおよそ、グールドの好みの音楽とは思えない。
勿論、CDでもグールドがプロデュースしたことになっている。グールドのライナーノーツもある。でもクバレックの口から、「グールドに会ったことはない」と聞いているので、どういう事情だろうと考えてしまう。

何はもあれ、下宿で、心に愛のないわがまま、気まま、チャランポランの痴女とはいかなるものか、もう2ヶ月勉強しなければならなかった。
11月に「教会のクリスマスコンサートにブラームスを弾いてくれませんか?」と顔見知りのドイツ人に頼まれていた。
ブラームスを弾くのはほぼ初めてだった。

12月のコンサートで、本場ドイツの人々から大拍手を浴びた3人の音楽家。演奏後、お祝いの言葉をいただいた。
私は密やかにグールドがどんなに喜んでいるだろうと思った。
あれこれピアノのレッスンをこなし、場所を貸してくださる人から「疲れ切っているよ」と心配されたけど、大した仕事をしているとは思わなかった。
何もかも結局はフル回転の1年だった。
音楽で高揚しつつも、すぐに疲れで体が壊れてしまう。その両極端の学生の生活。5年目の2/3の学期が終わろうとしていた。


86年のクリスマスもニューヨークで過ごした。一度も行ったことのないエンパイアステイトビルディングを遠目から、眺める毎に
——いつかきっと偉い音楽家になるのだ ——
という闘志が燃え上がるのを感じた。



86年23・グールド家訪問(12月1日) へ






*****************************
[PR]
by mhara21 | 2016-11-15 00:00 | 後追い日記86年 | Comments(0)

訃 報 Marina Geringas

b0071688_1348337.jpg


私にとってグールド並みの巨星だったトロントでの恩師マリーナ・ゲリンガス先生。
彼女が今年6月20日逝去されたことを知った。
トロント大学音楽部のウォルターホールで偲ぶ会が行われ、
映像作家の一人息子エリックさんが司会する動画を見た。

偲ぶ会の様子 1時間40分のビデオ
Marina Geringas: A Celebration of Life


懐かしい夫君のヤコブさんの写真がなかったことが気になった。
マリーナの交友は世界各地に広がっている。
かつての教え子、友人が語るマリーナ像は、どれも私が知っている先生だった。
先生は以前、
「どうして日本人は助け合わないの? 
 ユダヤ人ならあなたのような音楽家をもっと助けるわよ」
と言われたことがある。
その言葉を思い出す度、いつも田中希代子さんがユダヤ系だったらどんなに守られたかと思う。

幼き日、サンクトペテルブルグから移住してきた室内楽演奏家のヴァディームは
彼は彼女のことを「マリーナおばさん」と呼び「、ロシア語を習っていた」と聞いて羨ましかった。
「あんなに美しくロシア語を話す人はいない」と言っている。
先生のロシア語は、自然界や宝石が光るようだった。

今年5月の最後の電話では、77歳の英語の美しさに圧倒された。
多くの人の「彼女のリリカルな声」にしみじみ、
「あの声は人に愛を与えていたのだ」と思った。

In Memoriam of Marina Geringas



49人の友人知人のメッセージ
This Guest Book will remain online permanently courtesy of Karen Quinton. - See more at: http://www.legacy.com/guestbooks/thestar/marina-geringas-condolences/180440713#sthash.WeA1onwB.dpuf


記事
MARINA GERINGAS
Obituary

http://www.legacy.com/obituaries/thestar/obituary.aspx?pid=180440713

Marina Geringas nurtured talent of Canada’s young elite pianists


Teacher of elite pianists played last concert for Music in the Afternoon in 1982.


Friends and Colleagues Pay Tribute to an Exceptional Teacher
(Royal Conservatory)


Marina Geringas 写真

facebookにもこんなページが。。。
Remembering Marina Geringas

b0071688_13482570.jpg





*****************************
[PR]
by mhara21 | 2016-11-11 13:03 | エッセイ | Comments(0)

後追い日記1986年20・新しい下宿(11月10日)

b0071688_15263886.png


#11月新しい下宿

ようやく新しい下宿を決めた。
Pと言う2度離婚した女性の家だった。私の荷物の状態は買い込んだ下らない品々の袋で、それはひどかった。友人に助けられて10月末に新しい地下室の部屋に移った。これが悲劇の始まりだった。

生きているうちに会える人は極少ない。
会っても共に食事をする人はさらに少ない。
ましてや1つの家に何か月も同居するご縁は余程縁の深いものであろう。わがままでいい加減、心の汚い女性との同居では幸せになれるはずがなかった。(食事付ということだった。)

まず夜遅く練習を終えて帰る私の玄関になる台所の入り口の電気を付けてあることがなかった。表の外灯も決してつけていなかった。
ところがある日、「娘がパーティーにいって遅く帰るから電燈は消さないように」と言われた。その上「それが礼儀ってもんでしょう?」とのたもうた。消そうにもスイッチのある場所など教えてもらってもいない。その夜、明々と表の庭の外灯も入り口の電気もついていた。
こんなに高い下宿代を払っているのにと思うと腹が立ったが何も言わなかった。この灯りの無さは彼女の人に対する思いやりのない闇の世界だった。

色のステキな犬がいた。夜遅く食事をしていると私の膝頭から股にかけて顔を突っ込んで食事が終わるまで、付き合ってくれるのでとてもかわいかった。ある晩帰って来ると毛糸の帽子が切られていた。私は笑いながら捨てた。家の中に動物がいる暮らしはとても楽しかった。

またある晩、練習して疲れ切って帰ってくるとテーブルの上に犬の食器にサラダが入れてあった。「あれ、これひょっとして犬の食器じゃない?」とびっくりしてしまった。しかし犬の食器はいつも自動食洗器でほかの食器と一緒に洗っていたし、「犬は家族の一員なのだから。これでいいのかしら‥‥?」と思ってサラダを食べた。でも心の中に電気の件と同じように何かがくすぶり続けた。

地下室には自分のお金で電話を取り付けるように言われたし、私が少し長く洗濯機を使うとわざわざ上から何を洗っているのか見に来た。食事の時は、油身の大い部分をわざと私にたっぷりつけていた。

最初の主人との子供は2人で大きくなっていた。1人は農夫になっている。2度目の主人との子供も2人。娘は家に居たし、息子は寄宿舎のある私立の学校にいて、時々家に帰って来ていた。

Pは私が子供を教えて1時間に$20、00取るのは高いと言い、一体ピアノなんざ弾いて何をする気か?と尋ねた。2度目の主人が子供と過ごすために子供を迎えに来ると彼女は顔をそむけて決して見ようとしなかった。私にやっていることは全てに人にしているんだなぁとガラス戸に映る歪んだ人間関係を食事をしながら見ていた。

Pのいじめは様々であった。私は家に寄り付かなくなり、電話で現状をアナウンスしてはウサを晴らした。その時得た私の電話番号は0070番という誠に奇妙な番号だった。


next 86年21・グールド家への電話 へ





**********************

[PR]
by mhara21 | 2016-11-10 00:00 | 後追い日記86年 | Comments(0)