合い言葉GG
by mhara21
検索
☆マサコのプロフィール
13才のときにグレン・グールドのピアノに 出会う。以来抱き続けたグールドに会うという夢を追って28才でカナダへ。後追い日記はその記録である。
属性はシャーマン。


☆ミクシに習って、ぬさんからの紹介状
不在の幻影から愛するひとを救い出し、グーグルキャッシュの中に愛のエクリチュールを刻印しつづける、GGの恋人。二人はもう触れあうことができないが故に永遠に惹き付けあうことができる、まるで恒星と惑星の関係のような、あらゆる恋人が夢見るユートピアに住むひとです。


☆このブログの本拠地は
 海峡web版  です。

グールド、並びにグールド家からのプレゼントはこちら。

 グールドのサイン入りレコード
 もう1つのレコード
 グールドの本とそのメモ書き
 パパグールドさんのご本

☆グールドおよび後追い日記に関係のないトラックバックやコメントは削除する場合があります。
カテゴリ
全体
後追い日記81年
後追い日記82年
後追い日記83年
後追い日記84年
後追い日記85年
後追い日記86年
後追い日記87年
グールドからのプレゼント
グールドへのメール
エッセイ
ゴルトベルクをめぐる
グ−ルド・レストラン
8月のゴルトベルク
グ−ルドとエクスタシー
田中希代子
未分類
タグ
(94)
(56)
(32)
(21)
(14)
(13)
(12)
(10)
(8)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
フォロー中のブログ
海峡web版
記事ランキング
最新のコメント
せっかくコメントを書いた..
by grpspica at 12:37
田中希代子さんのファンは..
by grpspica at 10:59
バレンボイムが、[ アル..
by grpspica at 10:54
I'm in Taipe..
by grpspica at 07:16
Dear Toshi, ..
by masako at 19:34
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...


<   2016年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Why War is Out of the Question?

a0019212_1849469.jpg


  Why War is Out of the Question? 
                  By Chinatsu Nakayama
                    (translated by Saiko)
For one, war is destruction.
It can destroy in a moment houses and cities,
Old historical remains, beautiful mountains and rivers
Of course, it destroys precious lives too.

For one, war is hunger.
Fields are destroyed, means of transportation are destroyed,
Stores are destroyed, and food disappears.
We suffer tremendous hunger.

For one, war makes us kill people.
No matter how much you don’t want to kill, if you become a soldier
You have to kill people in cold blood,
And more often than not you are forced to become a soldier.

For one, war takes away our freedom.
While having freedom to support war,
You have absolutely no freedom to hamper it.

For one, war brings disease.
Disease infests dirty cities torn by war,
Disease brought by bacteriological weapons and nuclear bombs runs rampant,
Psychological illnesses spread among soldiers,
Bombs contaminate water and air, and weaken life all over the Earth.

For one, war makes men arrogant.
Because, whatever we say, men take the main role in war,
In such a situation it is a man who is considered useful in this world,
And the value of a woman as a human being invariably goes down.

My dear girl, those who wish for such crazy things are either
1.Those who had lost their mind,
2.Those who can profit from war and lord over others or
3.Those who are fooled by such rotten lot.

Remember, because the Article 9 says no armament and
Disputes between states must be solved through discussion
Our constitution is the smartest in the world.

〜〜〜〜〜

なんで戦争はいけないの?   中山千夏

ひとつ、戦争は破壊する。
家や町、古い遺跡や美しい山河をあっという間に破壊する。
もちろん貴い生命も破壊する。
ひとつ、戦争は腹がへる。
田畑が破壊され、交通機関が破壊され、店が破壊され、
食べ物がなくなって、とてつもなく腹がへる。
ひとつ、戦争は人殺しを強制する。
いくら人を殺したくなくても、兵士になれば
平気で人殺しをしなければならないし、
たいてい無理やり兵士にされてしまう。
ひとつ、戦争は自由を奪う。
戦争の足しになることをする自由はあっても、
戦争の邪魔をする自由はまるきりなくなる。
ひとつ、戦争は病気を持ってくる。
破壊された不潔な町には伝染病がはびこり、
細菌兵器や原爆による病気がはびこり、
兵士たちの間には精神病がはびこり、
爆弾は地球全土の水や空気を汚染して生き物を弱らせる。
ひとつ、戦争は男を威張らせる。
なんたって戦争の主役は男だから、
世の中の役に立つのは男、ということになってしまって、
人間としての女の価値は必ず下がる。
 娘よ、こんなバカなことをしたがるのは、
 1.正気じゃない、
 2.戦争になれば儲かったり威張ったりできる、
 3.そういう連中にだまされている、
のどれかさ。
 
覚えておおき、軍備をしない、
国家間のもめごとは必ず話し合いで解決する、
と決めている日本の憲法第9条は、
だから、世界一かしこい憲法なんだよ。
 

a0019212_1848547.jpg


関連記事
なんで戦争はいけないの? by 原 野里子
戦場のピアニスト byモニカ
「わたしの『やめて』」 byグループスピカ
自衛隊員の自殺 by ノリコ




[PR]
by mhara21 | 2016-08-15 12:00 | エッセイ | Comments(0)

後追い日記1986年16・下宿探し (10月)

b0071688_10132442.jpg


#10月下宿探し

面倒な家探しが又始まった。
下宿はその頃、2人の男性が入替わり立替わりで入って来て、西隣りの部屋に住んでいた。前に私が住んでいた部屋だ。とにかくルームメイトが1人だけというのは静かでよかった。S家とのお別れに当たって、あの大好きなラフマニノフのレコードを「記念品として下さい」なんていうのを思いつかなかったのはつくづくよかったと思う。
その後S氏は97年に亡くなった。
現在夫人が住む38 Bright St. の家に今もあのラフマニノフの弾くトロイカを含むヘンデルの「調子のよい鍛冶屋」の入った名盤があるかどうか? ともかくあの演奏を思うと世の中の苦しみなど、ほとんどブったぎられてしむ。体の芯から生命の躍動があらゆる波状の震えを伝えてくれる。卒倒ものの天才の仕事!!
夫人は「ニューヨークでラフマニノフの実演を聴いたことがあるけれど、演奏が済んだ後、動くことが出来なかった」と私がこのレコードとかける度に顔を輝かせていた。

私は英語圏の人々と心底打ち解けた気はしなかった。
母国語を共有していればこそ話し込むことの出来る人々に会えたとしても、まるで聾唖者になったかのようなもどかしさに耐えられなかった。言葉が出来ないと壁があって動作すらバカになる気がした。その割には自分の感情を表わす下らないことは、喋れた。私が珍しく黙っていると「どうしたの? 今日は温和しいね」とびっくりする人もいた。語学については帰国後の猛勉強でTOEIC870点を取得したが、出だしからそのレベルでカナダ生活を始める事が出来たのならもっと恐怖心も少なく幸せだったろう。言葉が違うのは大変でしんどい。しかし人間の心が違うのはもっと辛い。

引っ越しでごった返したS夫妻がいなくなるとウクライナ人の家主が乗り込んできて、断わりもなく大工仕事を始めた。家中、土埃でメチャクチャな状態になった。


ピアノはちゃんと弾いていた。Mr.Kは「ベートーヴェンのバガテルを弾いてはどうか?」と提案してきたので作品116全曲の楽譜を読んでいた。素敵な曲だった。
ベートーヴェンを弾くのは久し振りだった。
Mr.グリンガスが「子供の伴奏をしてくれないか?」と頼んでみえたので引き受けることにした。何より汚い下宿に帰っても心が休まらなかった。家具付の下宿だったのでも家具もS家に持ってかれ、尋ねてきた友人がその有様を見て「ひどい、ひどい」と言っていた。

ピアノの生徒は益々増えた。私の演奏はMr.Kを毎週驚かせる程に上達していた。
Mr.Kとはグールドの話をよくした。
「グールドに会ったことはないよ。グールドは僕の演奏好きだったんだよ。トロントにはグールドと一緒に寝たことがあるという女性がかなり沢山いる」とウィンクして笑っていた。
「グールドの死が突然だったから日本では自殺説も出たそうです」
「自殺ではない。あの頃、僕の所にトロント総合病院の看護婦さんでグールドの世話をしていた人がピアノを習いに来ていた。その人から色々聞いていたよ」

ピアノはバガテルが弾けるとチャイコフスキーに入っていった。そして念願のパルティータ6番の譜読みに入る。あー、何たる幸せ!
ピアノが練習できる喜びは何物にも変え難かった。しかし練習が終わってバスに乗って下宿の帰るのは嫌だった。

そんなある日、新しいお弟子さんが2人増えた。その家がグールドの父親であるラッセル・H・グールドさんの家の近くだと分かると私はグールドのお父さんに会いたくなった。



next 86年17・ 樹木@アーサー通り(10月)











***********************


[PR]
by mhara21 | 2016-08-15 00:00 | 後追い日記86年 | Comments(0)

祖母の写譜と細字

私が人生に懐かしく思う人は祖母である。
何と言っても、ものすごい人だったから。
祖母は、世渡りとこの世的な計算ができない以外、
多分、天才みたいにほぼすべての事が出来た。

その祖母の残した2冊のノートがある。
a0019212_1211953.jpg


1冊は写譜したもの。教会のオルガンで弾く前奏・後奏用と思われる。
表紙には「Piece for Organ」(Kazue Ishizaki)、目次には21曲が書かれている。
本を1冊丸写しにしたものか、彼女自身が気に入ったものを集めたのかは不明。
a0019212_1213652.jpg

a0019212_121325100.jpg


祖母が教会でオルガンを弾いていたのは台北時代だと思うので、
このノートは昭和初期に書かれたものだろうと推察される。
楽譜の少ない時代には必要な作業だったのかもしれない。
a0019212_12144141.jpg

a0019212_12151251.jpg


伯父も幾つか写譜した楽譜を残している。



もう1冊は料理のレシピノート。
a0019212_9463516.jpg


これには最後の方にNHKの「テレビ料理」の切抜きが1枚貼ってあり、
記事にない「アメリカ風ワッフル」のメモがあるから、
我が家にもテレビのあった時代のものかと思われる。
a0019212_12362335.jpg



ハンバーグステーキと酢豚
a0019212_1247190.jpg


タラコのほぐし方、肉巻葱、塩炒り揚銀杏、ハムスープ
a0019212_12414494.jpg



その細かい字最たるもの
a0019212_12315149.jpg

a0019212_12321537.jpg


勤勉だった祖母を偲ぶ。

彼女の晩年、死に至るまでは、娘の家での半狂乱の生活。
私も同じ場所で半狂乱的な目にあって過ごした。

あー、歴史は繰り返す。




[PR]
by mhara21 | 2016-08-14 10:21 | エッセイ | Comments(0)

8月9日 長崎原爆の日に

グレン・グールドはメンデルスゾーンの無言歌から5曲を残しています。
op19-1 甘い思い出
op19-2 無言歌  後悔
op30-3 慰め
op85-2 別れ
op85-5 帰還

あまりロマン派を演奏していないので、珍しい録音です。
その中から2曲、youtubeで見つけました。


Songs without words 1 (甘い思い出 op19-1)


Songs without words 2 (慰め op30-3)



そこの 大好きなグレーのシャツを着て ピアノを弾いてらっしゃる世にも可愛い坊やへ

お元気でいらっしゃいますか。
この世の中の有り様をどうご覧になっていらっしゃることでしょう。
アメリカが広島と長崎に原爆を落としてから71年経ちました。
こうやって退屈しのぎに勝手に喋ってるともしもあなたが生きてらっしゃったら、
お気に入りのファンのサイトに出かけて 長々とお話しなさったかもと 考えることがあります。

おかげさまで あなたの年より14年も長く 生き延びているようです。
昔はやけっぱちで 早く死にたいといつも思っていましたけど、
この頃は諦めたのか観念したのか、
そんなこと考えても無駄だとわかったように生きております。

あなたはこの世の中に生きてらっしゃるなくて良かったと思います。
それとも気を揉んでいらっしゃるでしょうか。

かつて動物の世界からも人間界からも 助けて助けての声を 聞いていらっしゃったと思います。
ご自分一人がのんびりと暮らせるようなタイプの方ではなかったですね。

もしも仮にですよ、あなたがここで私に乗り移って英語をしゃべり出して、
それがみんな横文字で出たらどうなる??  面白いことでしょうね

今日の原爆の日は どうか私と共に 祈ってください。

永遠なるあなたのファンまこより



[PR]
by mhara21 | 2016-08-09 11:02 | エッセイ | Comments(0)

後追い日記1986年15・新しい先生に(9月)

b0071688_11162963.jpg


#9月-2 新しい先生に

「『パルティータ6番』と『アベッグ変奏曲』と『束の間の幻影』を弾くの」と勢いをつけてマリーナに話した。
「ちょっと待ってよ」とマリーナは当惑気味だった。
「チャイコフスキーの四季も全曲弾くわ。12月に会をするの」
「ねぇマコ。それだったら隣のMr.クバレックに習いに行かない? 彼はチャイコフスキーの『四季』全曲を弾いているわよ」

夏休み中に314のマリーナのスタジオで練習すると面白いことが起こっていた。たとえばャイコフスキー「四季」の「8月」を弾くと隣から「6月」の「舟歌」が聞こえてくる。それが止まると、向こうはしばしこちらの演奏を聴いている。4月の「松雪草」を弾くと向こうから10月の「秋の歌」が聞こえてくる。

Mr.クバレックはマリーナに誰が「四季」を弾いているのかと尋ねたそうだし、私も薄々Mr.クバレックが「四季」を練習しているのではないかと思っていた。
「ねぇ、だったら今から紹介するわ。これから学校に行ってみない?」
マリーナと私はレストランから出ると2人でMr.Kを探しに学校に行った。

「これは私の大好きな生徒です。教えて下さいませんか?とても上手です。きっと彼女を気に入りますよ」
Mr.Kはうつむいて私の靴ばかりを眺めていたが、最後に顔を上げてにっこり笑った。
「これで決まったわ」とマリーナはホッとしていた。
「Mr.Kのところに行ったら、何でもMr.Kの言うとおりにするのよ。わかったわね」と言い、マリーナは生徒のレッスンに急いで行った。

音楽を勉強した人の出鱈目な仕事がよくある。
チャランポラン、練習不足、恥知らず。
それでもとにかく舞台に上がりピアノを弾く図太い神経、こんな演奏会に行き会うことがかなりある。私の場合、体が壊れるほど、練習したのだからいい加減ではないにせよ、その体力を考えれば無謀なプログラムだった。

9月に入るとS氏が
「引っ越すことになるので新しい下宿を探してほしい。
 新しい家は小さいので、あなたを連れていけないのが残念よ」
と夫人。
なんと犬のピピンは薬物注射で殺されることになったという。
大きな犬も暮らせない小さなお家。




next 86年16・下宿探し (10月) へ






*********************
[PR]
by mhara21 | 2016-08-05 00:00 | 後追い日記86年 | Comments(0)

コルトーのインタビュー

a0019212_10261354.jpg


クラッシック関係の古い記事を集めておられる方のブログの中で
コルトーが来日した時のインタビューが掲載されていました。

  チュエボーなチューボーのクラシック中ブログ アルフレッド・コルトー、来日時の会話(1952年)

http://blog.goo.ne.jp/hirochan1990/e/89f69cd72559b456c94e2a0764d6b1ba

その中に、昔から母から聞いたのが、初めてだと思いますが、コルトーの言葉とされる

 「ピアノを1日弾かないと自分が気づく、
  2日弾かないと友達が気がつき、
  3日弾かないと聴衆皆がそれに気づく」

という有名な言葉は、実はルビンシュタインが、昔コルトーに言ったとあります。

バレリーナの森下洋子さんは、ピアノの部分をバレエにして 同じことをおっしゃってました。

言葉というのは、人の言葉をパクって自分のオリジナルのようになさる方もいらっしゃいますし、そうでなくともたまたま同じ考えや言葉になることもあると思います。

そういうわけで真面目で誠実な演奏家たちがどれだけ練習に心を砕き、
生活時間のすべてをそのことに向けて 意志強く 美を探求しているか、
というのは とても大切だと思います。

現在この言葉を日本の音楽ファンがどのように受け継いでるか、分かりませんが
珍しいものを見たので お伝えします







*************************
[PR]
by mhara21 | 2016-08-02 11:00 | エッセイ | Comments(0)