合い言葉GG
by mhara21
検索
☆マサコのプロフィール
13才のときにグレン・グールドのピアノに 出会う。以来抱き続けたグールドに会うという夢を追って28才でカナダへ。後追い日記はその記録である。
属性はシャーマン。


☆ミクシに習って、ぬさんからの紹介状
不在の幻影から愛するひとを救い出し、グーグルキャッシュの中に愛のエクリチュールを刻印しつづける、GGの恋人。二人はもう触れあうことができないが故に永遠に惹き付けあうことができる、まるで恒星と惑星の関係のような、あらゆる恋人が夢見るユートピアに住むひとです。


☆このブログの本拠地は
 海峡web版  です。

グールド、並びにグールド家からのプレゼントはこちら。

 グールドのサイン入りレコード
 もう1つのレコード
 グールドの本とそのメモ書き
 パパグールドさんのご本

☆グールドおよび後追い日記に関係のないトラックバックやコメントは削除する場合があります。
カテゴリ
全体
後追い日記81年
後追い日記82年
後追い日記83年
後追い日記84年
後追い日記85年
後追い日記86年
後追い日記87年
グールドからのプレゼント
グールドへのメール
エッセイ
ゴルトベルクをめぐる
グ−ルド・レストラン
8月のゴルトベルク
グ−ルドとエクスタシー
田中希代子
未分類
タグ
(94)
(56)
(32)
(21)
(14)
(13)
(12)
(10)
(8)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
フォロー中のブログ
海峡web版
記事ランキング
最新のコメント
せっかくコメントを書いた..
by grpspica at 12:37
田中希代子さんのファンは..
by grpspica at 10:59
バレンボイムが、[ アル..
by grpspica at 10:54
I'm in Taipe..
by grpspica at 07:16
Dear Toshi, ..
by masako at 19:34
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...


カテゴリ:ゴルトベルクをめぐる( 8 )

ゴルトベルクをめぐる8章 8

 ゴルトベルクをめぐる8章を1から読む


《7. 恋しい人》

 マコはドイツの思想家ニーチェのツァラトゥストラを読んで、演奏会をしないグールドにその面影を。ドビュッシーの楽譜を買って、グールドと同い年のピアニスト田中希代子を思い出しながら、机の上で弾きます。
 マコは20代になっても苦しみだらけ。でもグールドの新しい録音には有頂点。
 9月が来ると自分の誕生日16日とグールドの25日のためにお菓子を作ります。マコのことをよく知らない人は、働きにも行かず、わがままに暮らしていると思っていたでしょうね。


《8. 行動》

 28才になったマコは、トロントに向かい、1981年10月4日、グールドの亡くなる1年前にサイン入りを含めた5枚のレコードを贈られます。
 グールドにとってマコのような熱狂的なファンは煩わしい存在。 マコは「グールドに会えるまで日本に帰らない」とトロントに残り、セントクレア通りのアパートに手紙を送りました。それからアパートの管理人の事務所で「どうしたらいい状態で会えるのか」と相談しました。「今、グールドはこのアパートの9Fで寝ているかも」と思いながら。
「近寄りがたい人よ。あなたをどう扱うかはその時の気分次第よ」


《9. 音楽学生に》

 雪がぽつぽつ降っている夜、マコはアパートの近くで車上のグールドを見かけました。
 6月のある時は、錦の綾模様のようなチューリップの中に座って、グールド家の窓を見ていました。
 -- グールドさんもこのチューリップを見ているかしら? 
 グールドさんのピアノを聴いている時は、病気のことを忘れることができました。人間の辛さを幸せにおきかえる仕事がしたい、と手紙に書きました。
 マコはトロントの2度目の夏に音楽院で練習を始めます。それまでは教会・図書館・知人宅のピアノを借りていました。
 グールドの50才の誕生カードには
 「私はトロント王立音楽院の生徒になります。幸せをありがとう」

 ところでグールドは55年盤の第25変奏の演奏を「ショパンのノクターンみたい」と言っていますが、あなたの感想はいかがですか?








*********************************************
[PR]
by mhara21 | 2007-02-23 00:00 | ゴルトベルクをめぐる | Comments(0)

ゴルトベルクをめぐる8章 7

 ゴルトベルクをめぐる8章を1から読む


《4. 変化》

 数ヶ月たち、後3日でクリスマスという時、マコは近所のおばさんに連れられて「整体指圧」に。
「この子を何とかして丈夫にしたいのです」
「よしよし、ここに寝てごらん。首の骨と尾てい骨が曲がっている。天才タイプだ。体が治って、もしピアノが弾けなくなってもかまわない?」
 −−何ですって! 体が丈夫になれば練習で上手に弾けるはず。

 マコは、「健康でなければ練習出来ない」と治療を受けることに。バキッバキッと全身を鳴らす治療を受けた途端、息は吸いやすくなり、飛ぶように歩けます。試しに指をぱらぱらと動かしてみたら、感触が違う。思い込みかもしれません。

 家に帰ってピアノを弾くと、まあ大変。音は別人のようで、指が思う鍵盤のところへ行きません。食事は山のように食べ、夜はぐっすり眠れます。マコは変化についていけません。ピアノが弾けないのです。

 体の状態が悪くても、音楽が、神様の愛を受ける場所。マコの心が元気でいられたのは「一刻も早くグールドに逢いたい」夢があったから。その世界が奪われたのです。
 「思春期を迎えた居場所のない子供」は、神を呪い、親をなじり、眠れないで壁を叩き壁土を落とす。ぶつけどころもなく苦しみに荒れ狂います。災難が待ち受けているとも知らずに。


《5. ヴィジョン》

 整体を止めたマコの体は痛んでいました。全身性のリューマチ・神経痛といっても医学的に証明されません。

 マコの耳にアリアが帰ってきて言いました。
「病気が治って50才から60才の間に1曲弾ける。永遠を奏でる。人間は永遠をやり取りして生きて行く。一緒に日の出を見に行こう」
 マコは一閃の旭日に悟る。「人間の本質は太陽光線の生命エネルギー」


《6. 霊能者たち》

 マコの苦痛は、医学的なことでは解明がつかない霊的な病気でした。ジッとしていられない痛みや、体が硬直する苦痛に超人的な精神力で耐えるしかありません。
 マコを勇気づけたのは聴き続ける音楽でした。
 そして、人間が人の思いを受けて病気になるという見方をする人と出会い、犠牲者の供養の観音経を書くために宮崎市に移ります。

 数カ月後、体を丈夫にするために60才の霊能者の家に引き取られ、家業のレストランを手伝います。
 少しずつ上達する食堂の仕事をしたから、マコは物事は、毎日決めた時間にやること。上達には辛抱が必要なことを学びました。




「ゴルトベルクを巡る8章 8」へ





*********************************************
[PR]
by mhara21 | 2007-02-22 11:03 | ゴルトベルクをめぐる | Comments(0)

ゴルトベルクをめぐる8章 6

 ゴルトベルクをめぐる8章を1から読む

《1. シャーマン》

 地球ではカナダの反対側に位置する国、日本に訳のわからない病気をする女の子が住んでいました。
 ある日、お父さんが娘を元気づけようとレコードを買いました。
 女の子は、カナダのピアニストグレン・グールドの弾くバッハが鳴り出すと、音を全身で吸い込みました。
 マコはシャーマン。でもまだ誰もそのことを知りません。
 マコが外を歩くと心が平和でない魂が体に移って倒れます。それが巫女としての「死者との交流」と自覚するのは大人になってからでした。


《2. 不安》

 小さなマコはグールドの音楽に合わせて遊びます。お人形を「グールドの赤ちゃん」と抱いてみたり。大きくなるにつれ、全身の調子が悪くなり、15才になりました。何年も学校に行けずに、
「−−神様はなぜ人に病いを与えるのだろう−−
 −−どうして病気を治して下さらないの−−
 −−私の将来はどうなるの−−」


《3. 決意》

 その頃、グールドのゴルトベルク変奏曲のレコードは日本では廃盤になっていました。
 ある日、ピアノの先生が、
「もうゴルトベルクが弾けるよ」
 そこでお母さんは、戦争で亡くなったお兄さんの楽譜をマコに。
「あの人に手紙を書こう。美しい音楽を与えてくれたお礼が言いたい。それだけではつまらない。居場所がない心のために何かをしよう。曲がきれいに弾けたら、テープに入れてカナダに送ろう」
 10分弾いては休み、15分弾いては横になって体力を集め、譜面を取ると、白い雲に乗って地球には帰って来ない世界に登って行くよう。
 マコは生きている証を曲に求めていきました。




「ゴルトベルクを巡る8章 7」へ





*********************************************
[PR]
by mhara21 | 2007-02-21 09:55 | ゴルトベルクをめぐる | Comments(0)

ゴルトベルクをめぐる8章 5


 ゴルトベルクをめぐる8章を1から読む

8、第25変奏曲  童話「ナデシコの花」

《プロローグ》
 「撫子のとこなつかしき色を見ばもとの垣根を人やたづねん」
源氏物語「常夏」より
 カナダのトロント市。そこにはマウントプレザントという大きな墓地があります。第38区域の1050番。ここに1人の音楽家が眠っています。その人は50年の人生の中でいろいろのことをしました。
 お墓参りに来る人たちが、稀にお墓の横に咲く小さなナデシコの花を見つけたら耳を近づけてご覧なさい。ナデシコは
“ My llife has been a proof of his music.
(私の生命は彼の音楽の証です ) ”
 このナデシコは一体誰なのでしょう?



「ゴルトベルクを巡る8章 6」へ




*********************************************
[PR]
by mhara21 | 2007-02-20 13:13 | ゴルトベルクをめぐる | Comments(0)

ゴルトベルクをめぐる8章 4

 ゴルトベルクをめぐる8章を1から読む


7、第29変奏 −演奏者、それとも評論家?

 3和音を重ねることによってオーケストラ効果が出る。全体としてはドラマチックな、見せ場的ムードに溢れる。マイナスイオンが出る滝のイメージ。
 昨今は、ピアニストで指揮者になる東洋人も現われてきた。西洋の指揮者たちは、当然のようにピアノを弾き、指揮者になるのだ。
 世の中に演奏と評論を同時にする人がいるかしら?
 演奏家から評論に回ると、演奏に厳しさを求めない。
「グールドに聴いてほしくてゴルトベルクを弾いたことある」
「心臓ね」
「ある日、治療を受けたら触感が変って弾けなくなったの。忘れたいことは覚えているもの。ピアノをかじるとピアニストのことは言い辛い」




「ゴルトベルクを巡る8章 5」へ







*********************************************
[PR]
by mhara21 | 2007-02-19 13:38 | ゴルトベルクをめぐる | Comments(0)

ゴルトベルクをめぐる8章 3

5、第4変奏曲  ヒトハミナクソヲタレル

 譜面を見ても、弾いてみてもユニットバス。
 狭いアパートのプラスティックで作ったナスのようなお風呂に入っていると同居人が、
「今からここで○○○をする」と宣言!
「なんのうらみがあって.......」と絶叫!!
 シャワーを浴びて慌てて出てしまった。
 西洋の浴室はユニットバスの元祖である。
 ・ ひとつ部屋の十分な広さ
 ・ 長く入浴する習慣がない
 ・ 大きな家では各寝室に配備されている
 この条件により日本の狭苦しいマンションでの悲劇がない。
 グールドの生家、サウスウッド32番地は小さな家で、浴室は1ケ所。 1981年から1988年にかけて私はトイレを使用した。この場所こそ、かのグレン・グールドが.........と思いつつ、彼の母親のピアノを弾くことや、グールドの部屋で新しい住人の息子と遊ぶことも消し飛ぶくらいに物思いに耽った。
 浴室やトイレは人間が一番幸せになれる場所。それがわかるのは病気をしてからだ。
 生理的な爽快さを小曲におさめたバッハはやり手である。


6、第24変奏曲 コンクールの課題曲

 ゴルトベルクがコンクールの課題曲になったら面白いだろう。
 指や手首の関節の柔らかな人には読譜は優しいが、音のプロポーションは露骨に出るので、水着コンテストになるやもしれず、ピアニストにとって嫌みな話をするにはのどかな24変奏がいい。
 ハイネの次のような言葉がある。
「芸術において偉大な仰々しさは、微妙なもの、取るに足らないものより表現しやすい」
 精神性のバロメーターの曲がある。ベートーヴェンのバガテル集も真の音楽家か否かを明らかにしてしまう触媒(catalyst)作用の曲だ。
 21世紀は、音楽のために有意義なコンクールが開かれて欲しい。



「ゴルトベルクを巡る8章 4」へ





**********************
[PR]
by mhara21 | 2007-02-18 00:34 | ゴルトベルクをめぐる | Comments(0)

ゴルトベルクをめぐる8章 2

 ゴルトベルクをめぐる8章を1から読む

3、第27変奏曲 −バッハも短歌を作った

 グレン・グールドは、ゴルトベルクを「ボードレールの恋人たち」の音楽と表現する。
 私の耳には、グールドとチュレックはこの曲をドイツ語で朗読しているが、ジェーン・バーキンが歌う英語訛りのフランス語のゴルトベルクが聴きたい。
「バッハは世にも複雑な和声さえ小曲の枠の中にぴったり納めることが珍しくなかった(突飛な類比だが)それは芭蕉の俳句、杜甫の絶句にも似た、短少の形に宿る深遠微妙の世界である」 吉田秀和

 第27変奏のモティーフは57577の形を取った音の短歌。男女の機微を秘める。最後の左手は、短歌を書きかけた独り言。


4、第28変奏  −星と音楽

 満天の星
 絵画ならゴッホの「ロアーヌ河の星月夜」
 音楽家ならいつか奏でてみたい星のような音たち。ここでは7つひとまとめの32連音符のモティーフが両手合わせて78回繰り返す。ピアニストは7×78で546ケの星を映す。一貫した8分音符は、宇宙の広さを暗示する天幕を張る。空中を超速度で飛翔する星の交流。地上にいる人の心に流れ届く星の優しさ。

 ブゾーニはこの変奏の速度指示を心憎くもアンダンテとしている。
 バッハは聖なる天を表現するためにト長調を用いて作曲したという。ゴルトベルク変奏曲では31曲中、3曲がト短調でその他はすべてト長調。
宇宙空間と星を表わす曲としては、プロコフィエフのピアノ曲「束の間の幻影」が宇宙詩のように、躍動感のある展開を見せる。中でも「束の間の幻影」の17番に、どことなく淋し気な「リゲル」がまたたく。

 リゲルは、オリオン座の3つ星の右下に位置する。2月なら、午後8時に明石市の真南、太陽よりも光度が高い星であるのに、寒色で地味な煌めき星を見つめると、心のピンクとリゲルの水色がト長調のハーモニーを奏でる。
 アッティラ・チャンパイ氏は、グールドについて「僕の星にただひとり」という論文を書いた。グールドは、宇宙のどの星にまたがって、この曲を弾いていたのだろう。


「ゴルトベルクを巡る8章 3」へ






*********************************************
[PR]
by mhara21 | 2007-02-17 10:50 | ゴルトベルクをめぐる | Comments(0)

ゴルトベルクをめぐる8章 1

1、アリア

 バッハのゴルトベルク変奏曲は現在、様々な楽器で弾かれる。チェンバロ・ピアノはもとより弦楽三重奏・ギター・アコーディオン管楽五重奏など多彩な音色で楽しめる。モーツァルトのトルコマーチ付きソナタのようにだれでも弾く曲ではないが、21世紀も演奏者と聴衆に好まれていくであろう。
 音楽を聴いて生じる連鎖反応を記すことはできる。私は名文に触れると連鎖反応が起きる。全身を駆け巡る感触や物思いに耽るわけを書きたくなる。
 音楽と文章は同じ。音楽はイントネーションと音響付きの朗読である。
 音楽を文にするのは難しいが、ゴルトベルクの変奏曲ごとに、順番はデタラメで我が心のゴルトベルクを読み上げる。
 

2、第13変奏 −朝顔に寄せて

 源氏物語を原典で読み始め、ストップした巻の名を取り「○○源氏」と呼ぶそうである。「須磨・明石」で止める人が多いと聞いていたが、当節、朗読カセットやCDの解説で間に合わせて原典を読む人は少ないだろう。
 朝顔の君の清々しさと源氏の冬礼賛で満ち足りたハイティーンの私は「朝顔の巻」で止まる。
 冬と朝顔のシュルレアリスム、凍結したナイアガラ瀑布と朝顔のようなピアノの音。
 13変奏は、「朝顔」のイメージ。花咲きて横や上へと涼しさの夏。左手パートはツルを支える竹の棒。
「いくつもいくつも咲いておくれ」と曲は話す。
 ある漆工芸では、朝顔の押し花を装飾に使う。漆と花弁は溶け合い、色付けの染料を吸い込み手で撫でられて作品となる。
 小箱には、音の思い出を入れよう。


「ゴルトベルクを巡る8章2」へ






*********************************************
[PR]
by mhara21 | 2007-02-16 09:39 | ゴルトベルクをめぐる | Comments(2)