合い言葉GG
by mhara21
検索
☆マサコのプロフィール
13才のときにグレン・グールドのピアノに 出会う。以来抱き続けたグールドに会うという夢を追って28才でカナダへ。後追い日記はその記録である。
属性はシャーマン。


☆ミクシに習って、ぬさんからの紹介状
不在の幻影から愛するひとを救い出し、グーグルキャッシュの中に愛のエクリチュールを刻印しつづける、GGの恋人。二人はもう触れあうことができないが故に永遠に惹き付けあうことができる、まるで恒星と惑星の関係のような、あらゆる恋人が夢見るユートピアに住むひとです。


☆このブログの本拠地は
 海峡web版  です。

グールド、並びにグールド家からのプレゼントはこちら。

 グールドのサイン入りレコード
 もう1つのレコード
 グールドの本とそのメモ書き
 パパグールドさんのご本

☆グールドおよび後追い日記に関係のないトラックバックやコメントは削除する場合があります。
カテゴリ
全体
後追い日記81年
後追い日記82年
後追い日記83年
後追い日記84年
後追い日記85年
後追い日記86年
後追い日記87年
グールドからのプレゼント
グールドへのメール
エッセイ
ゴルトベルクをめぐる
グ−ルド・レストラン
8月のゴルトベルク
グ−ルドとエクスタシー
田中希代子
未分類
タグ
(92)
(56)
(32)
(18)
(14)
(13)
(11)
(10)
(8)
(4)
(3)
(3)
(2)
(1)
フォロー中のブログ
海峡web版
記事ランキング
最新のコメント
Dear Toshi, ..
by masako at 19:34
いつもご丁寧なブログ管理..
by mhara21 at 09:07
本日、英語版の訂正と同時..
by mhara21 at 18:30
グールドは、この間夢に現..
by grpspica at 14:15
このニーチェとピアノの写..
by grpspica at 08:45
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...


カテゴリ:エッセイ( 123 )

チアーニの「Bach:パルティータ#6」に寄せて


Dino Ciani plays J.S. Bach, Partita No. 6 in E minor, BWV 830
- Live (1971)


もう1曲のバッハ
少年時代のチアーニが
バッハを弾いた後、
Dino Ciani speaks and plays Debussy - Rare Video RAI

神様再登場
・トッカータ
 素敵な演奏。テンポも適切。音の伸びも理想的。
・フーガ
 強弱の微妙についた クレッシェンド、ディミニエンドの美しい。
 神の悲嘆にくれる様子。
 ソステヌートは地球へのダメ押しのような気持ちを表している。

・アルマンド
 再び神の人間に対する感情の音を表す。

・クーラント
 「ええいッt、もうヤケクソ!!! 
  いっそのこと女でも強姦してやろうか ?」
 「女湯の覗きくらいじゃあ、おさまらない」

・Air
 グールドと正反対のヨーロピアンの解釈。
 でも、この気弱な神さまは、トボトボ街を歩くだけ。
 切ない気持ち、ため息だけは、ソプラノにしておこう。

・サラバンド
 神様「もうやだ~」@酒場
もうやだ~(悲しい顔)涙泣き顔ダッシュ(走り出す様)泣き顔泣き顔泣き顔あせあせ(飛び散る汗)泣き顔
  どなたか一緒に飲んで差し上げて。。。

・Temp do Gavotta
 夕陽新聞・隔日新聞・しんぶん青旗・汚教新聞・週刊誌「地球」 。
 各社一斉に「神様の片思い」を報道する。

・Gigue
 神様の記者会見の様子@地球人記者クラブ

〜〜〜〜〜

大好きな曲を大好きなチアーニの演奏で聴くことが出来て、
感無量の時を過ごしております。

少女の日にグレン・グールドの6番にどれだけ引き込まれたことでしょう。
32年前彼の演奏から生まれた連想は.........。

そして今日、その新たなバージョンを書くことになりました。

この曲をバトンにして皆様の幻想、空想を書いてください。


 .......ところで.......

..........この作品の作曲者は、勿論バッハ夫人でしょ?
グッド(上向き矢印)ウインク


*****************



[PR]
by mhara21 | 2017-05-27 11:19 | エッセイ | Comments(0)

WINTER AT SIXTEEN :Visit of Zarathustra

b0071688_10161016.jpg


I was born in Himeji, Hyogo Prefecture, on September 16 , 1952, the
youngest of four children. I grew up with my parents, my mother's
parents and brother and two sisters in Akashi City where my family
moved when I was two.

It was my grandmother who had a strong influence on my life till
I became ten years old. She had graduated from Tsuda Women's
College and taught English.
She looked like a wonderful person to me as compared with my
mother, who was worn out in raising her children and also did not
seem to be hitting it off -- as even I, a child, could see -- with my
father.

My grandmother and I used to sleep together in futon at night after
she read books to me. I guess I was looked after with great care.
She let my elder sister, a primary schoolgirl then, and me listen to
the "Basic English " program while she, too, listened to English
conversation programs intently.
I remember that I came to understand a pure aura emitted from her
in her wholehearted love for learning.

She passed away in 1962. Then years after that was a period of
darkness for both my mother and me.

My family folks, as none of them were in good health, shared the
agony with one another.
I seemed to be the focus of the family members' empathy.
Born weak, I began to have more fits as years passed by.
Attacks of fever stopped me from going to school at Grade 5.

The more I suffered, the more neurotic my mother became about
the difficulties in her marriage. This bonded us closely as we tried
home treatment or therapy from every professional we knew.

My experiences were beyond description.
Like Job in the Old Testament, there were more and more difficulties,
pain and despair gnawing at my body. I barely managed to graduate
from the primary school a year later than I was supposed to.
My disappointment at not being able to attend a junior high school
made me just as neurotic as my mother was.

I was thirteen. What I was living for then was the music played by
Glenn Gould, whom I came to know about around that time and
learning English on the radio to prepare myself for meeting him one
day.

It was the summer when I was fifteen.
Coming back to Akashi after visiting a doctor in Tokyo, I was so
desperately lonely that I needed to talk to my dearest Gould.
So I thought of tape-recording Back's Goldberg Variations and sending
a copy to him, as my mother's piano instructor recommended.
What other hopes were left with me ?

The sheet music of the Goldberg Variations was bought in Tokyo
by my mother's elder brother who died in the war. He took it
back to Taiwan, but I have heard that he said he would be quite
happy to give it away to whoever could play this difficult piece.

When my mother was repatriated from Taiwan after the war,
she left the music with one of her friends as she could not take it
with her. It was sent back later with my uncle's signature on it.
In spite of the lack of interest in food and getting little sleep at night
because of the pain, I had the will power to master this music
in an amazingly short time. I was determined to get myself up
when I collapsed. I would then take a break and finally seat myself
in front of the piano.

In December that year, a shiatsu therapist told me,
"You see genius is but one remove from insanity. You might lose your
talent for playing the piano if I treated you."

With my time drawing somewhat nearer, I did not fear the possible
consequences. I had three sessions of treatment with him and did lose
the incredibly movement of my finger tips, the beautiful tone and the
"elan vital"--all along with the drastic changes in my condition such as
regaining my appetite and becoming able to sleep well.

To make things worse, I was told to go to school in April the following
year when I was supposed to be in Grade 9 (instead of Grade 10).
I could not possibly picture myself being at school ; I had been away
from the regular school curriculum for so long that I was at least five
years behind students of my age, and the classes would offer nothing
but preparations for entrance examinations for high schools.

All of these entangled with my difficulties peculiar to puberty threw me
into the abyss of despair.
My hopes and efforts were rejected, my precious treasure was taken
away all of a sudden, and the cry of my bleeding heart was ignored.
At that time, meaning of life, health or whatever else was all muddled up.
And yet, as I always looked cheerful and high-spirited, people criticized
me constantly for being "overprotected," "schoolphobe," "spoilt," etc..

Although I had already been sick in the previous year, my condition
became far worse in 1969. The facial pain and the toothaches were
particularly severe, making my life a hell on earth.
My body turned rigid --- on one side and then on the other --- every
night between twelve and two o'clock.
Feeling as though rheumatism and neuralgia were hitting me all over,
I had no choice but to rely on my extraordinary spiritual power in
enduring this excruciating pain.
I kept the room temperature unusually high because of the shivering
sensation I had. I had to change clothes as the part of my body
the pain was attacking got sweaty; but the pain did not help me stay
still and I had to keep moving around in the house during the day.
It was the state of sheer madness.


It happened for five days, starting probably on January 21.
My mother was tired out and asleep after tending me during my usual
dreadful fit.

I was all by myself, crying, as I recall, over my sense of despair that
nobody had helped me out of the attacks of the pain and that my efforts
over the years to become healthy had been totally futile.
Realizing that way under the frozen sea was another world of darkness
where I could not even see my finger tips. I felt as though heaven and
earth were crumbling down together.

I yelled out of my anguish :
"Even God cannot save me form where I am now.
How could He exist then? "

Right then, I heard the Aria from the Goldberg from far away in heaven.
With that music came a beautiful spirit who looked like a hermit.
The spirit picked me up and flew miles and miles till we reached a
mountain.
It felt like a world surrounded only by gratuitous devotion and love by
all the artists in history and their earnest admiration for beauty.

Although I was rolling all over on the bed because of the pain and not
having a snatch of sleep, part of me was completely away on the
journey with this spirit.

"You are crying now," the spirit told me, "but your illness will be cured,
and you will be playing the piano when you are fifty or sixty.
The music you will play then will have the power to always find crying
children, just like you. Those children, too, will come to know
themselves and rise. Do you understand ? It is the truth of life.
It is the world of the eternal."

The same thing happened in the same sequence, at the same time
--- around four o'clock --- and for five days.

On the last day, the spirit added, "I have been guiding you this time,
but climb up yourself next time."

We left the mountain and were still flying, this time, to see the sunrise.
As I saw the pale light of dawn coming onto the earth through the
glass window, I knew intuitively that that light was me.
This intuition flashed upon me, like lightening, for five days.

It is October 6, 1990.
I am a little puzzled because I have written, at one stretch, half of that
incident (What else could I have written if that incident was the only
thing to write about in my youth.).
Perhaps I was a child of great fortune to be able to be awakened to the
meaning of the human being as phoenix through that intense experience
at the age of sixteen.

In November, 1969, my sister and I started hand -copying sutras at an
apartment in Miyazaki City on the advice of a psychic healer who lived
there.
"It is the karma of the Itos' ancestors." she said, "that has afflicted
your life. You were born at God's will to purify their souls."

Twenty-two years later, in the fall, my mind is wrapped in various
thoughts --- Nietzsche's Zarathustra and eternal recurrence,
the teaching of The Reverend Masahisa Goi (which I came to know about
later ), my dream of going to Canada (which came true), and my still
being weak ---all like scattered clouds.

I must put down my pen now because I do not think I could write any
more.
Well, I also feel I can see in the readers' minds that my story is too
other-worldly.



b0071688_2322340.jpg





*************************
[PR]
by mhara21 | 2016-11-30 10:16 | エッセイ | Comments(0)

訃 報 Marina Geringas

b0071688_1348337.jpg


私にとってグールド並みの巨星だったトロントでの恩師マリーナ・ゲリンガス先生。
彼女が今年6月20日逝去されたことを知った。
トロント大学音楽部のウォルターホールで偲ぶ会が行われ、
映像作家の一人息子エリックさんが司会する動画を見た。

偲ぶ会の様子 1時間40分のビデオ
Marina Geringas: A Celebration of Life


懐かしい夫君のヤコブさんの写真がなかったことが気になった。
マリーナの交友は世界各地に広がっている。
かつての教え子、友人が語るマリーナ像は、どれも私が知っている先生だった。
先生は以前、
「どうして日本人は助け合わないの? 
 ユダヤ人ならあなたのような音楽家をもっと助けるわよ」
と言われたことがある。
その言葉を思い出す度、いつも田中希代子さんがユダヤ系だったらどんなに守られたかと思う。

幼き日、サンクトペテルブルグから移住してきた室内楽演奏家のヴァディームは
彼は彼女のことを「マリーナおばさん」と呼び「、ロシア語を習っていた」と聞いて羨ましかった。
「あんなに美しくロシア語を話す人はいない」と言っている。
先生のロシア語は、自然界や宝石が光るようだった。

今年5月の最後の電話では、77歳の英語の美しさに圧倒された。
多くの人の「彼女のリリカルな声」にしみじみ、
「あの声は人に愛を与えていたのだ」と思った。

In Memoriam of Marina Geringas



49人の友人知人のメッセージ
This Guest Book will remain online permanently courtesy of Karen Quinton. - See more at: http://www.legacy.com/guestbooks/thestar/marina-geringas-condolences/180440713#sthash.WeA1onwB.dpuf


記事
MARINA GERINGAS
Obituary

http://www.legacy.com/obituaries/thestar/obituary.aspx?pid=180440713

Marina Geringas nurtured talent of Canada’s young elite pianists


Teacher of elite pianists played last concert for Music in the Afternoon in 1982.


Friends and Colleagues Pay Tribute to an Exceptional Teacher
(Royal Conservatory)


Marina Geringas 写真

facebookにもこんなページが。。。
Remembering Marina Geringas

b0071688_13482570.jpg





*****************************
[PR]
by mhara21 | 2016-11-11 13:03 | エッセイ | Comments(0)

一目惚れ

b0071688_08481969.jpg
小林多喜二の作品は一字も読んでいない。
武満徹の音楽は聴かない。
だけど、このお二人は私の永遠の恋人。
最初は写真に一目惚れした。

b0071688_08482409.jpg
3年前、米リーグ・ミネソタツインズのマウアーに一目惚れ。
b0071688_08482728.jpg
続いて女子バレーのキム・ヨンジョンに一目惚れ。
b0071688_08482931.jpg

何の情報も知らず、すべて顔と身体から流れ出ている「気」のようなものに、
今でもノックアウトされる。

1970年、「行為と芸術」という本が出版された。
武満さん目当てに買ったけれど、ほとんどの内容がわからなかった。
今ならもう少し理解できるかも知れないあの本。
どこへ行ったのかしら。

2000年頃、横尾忠則と草間弥生さんの対談を読んだ。
お話の中身はよくわからないけれど、
横尾さんが草間さんを全く理解していないことだけはわかった。
草間さんは日本では虐められるぞと思っていたら、
やはりS字結腸社にやられていた。

この頃は声とお話の仕方で、相手がどんな方か的確にわかるようになった。
永井荷風は、声が美しいけれど、多喜二の声はもうどこでも聴けないだろう。
治安維持法で特高に虐殺された多喜二は、多分、キリストだったと思う。 
昔、NHKに唯一大好きな女子アナがいた。
ショートカットの声も話し方も感じのよい方。
今でも名前を知りたいと、時々思い出す。

キリスト教国のはずのアメリカが、
マニング上等兵をなぜ「キリスト」と思わないのだろう。
ペテン裁判の判決を受けて車に乗り込むマニングさんの小柄で細い身体から、
白い光が見えていた。
私はどうも「白い光」が出ている人が好きみたい。

今や各国首脳は、多国籍企業の傀儡と言われ、福祉国家のスウェーデンすら、
企業の税金がどんどん安くなっているとのこと。
こうして善人が処罰される時代が押し寄せてくるのだろう。


*********************

富岡多恵子【行為と芸術 十三人の作家】美術出版社
13人の顔写真がずらり(本の内容はなし)

http://blog.livedoor.jp/mongabooks/archives/4476117.html

13人の名前はここで、ただし中国語
http://www.flickr.com/photos/futari-issue/2257811758/

見えるものと観えないもの—横尾忠則対話録  (草間弥生さんの対談)
ここの最初のレビューがいい。
http://www.amazon.co.jp/見えるものと観えないもの―横尾忠則対話録-ちくま文庫-横尾-忠則/dp/4480032142


*********************




[PR]
by mhara21 | 2016-10-14 19:59 | エッセイ | Comments(1)

私的グールド・フェスティヴァルを終えて

b0071688_21475327.jpg


 初瀬山
  かたぶく月も
  ほのぼのと
  霞にもるる
  鐘の音かな
         風雅和歌集 春上30  藤原定家
         

  ほのぼのと
  霞の袖の紅を
  くくるはしろき
  和歌の浦波
         拾玉集2191 詠み人知らず


  秋の田の
  穂の上に霧らふ
  朝霞
  いつへの方に
  我が恋やまむ
         万葉集・巻2ー88  いわのひめのおおきさき


毎年9月10月はグールドのことで忙しく過ごしている。
今年はカラフルに楽しむことが出来た。
SNSではグールドに関する新鮮なコメントをいただけて、感謝だった。

これからはグールドを過去のピアニストとして知る人々が主役となって、
グールドを盛り上げていくかなぁとしみじみ思う。

ご挨拶かたがた、短歌を紹介させていただいた。



b0071688_21481634.jpg










********************************
[PR]
by mhara21 | 2016-10-13 21:48 | エッセイ | Comments(0)

グールド没後34年”I was born to love you” by Queen

b0071688_1722638.jpg

         写真はwikipedia掲載画像から photo by Manfred Heyde

グールド没後34年に捧げる歌です。

”I was born to love you” by Queen

I was born to love you
With every single beat of my heart
Yes, I was born to take care of you, ha
Every single day
Alright, hey hey
I was born to love you
With every single beat of my heart
Yes, I was born to take care of you
Every single day of my life
You are the one for me
I am the man for you
You we're made for me
You're my ecstasy
If I was given every opportunity
I'd kill for your love
So take a chance with me
Let me romance with you
I'm caught in a dream
And my dream's come true
So hard to believe
This is happening to me
An amazing feeling
Comin' through
I was born to love you
With every single beat of my heart
Yes, I was born to take care of you, honey
Every single day of my life
I wanna love you
I love every little thing about you
I wanna…

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

http://lyrics.linkpalette.com/queen-lyrics-2.php
http://stimaro.blog35.fc2.com/blog-entry-20.html(同訳)

君を愛するためにぼくは生まれた
鼓動が刻む一瞬一瞬
君を守るためにぼくは生まれた
来る日も来る日もずっと・・・

君を愛するためにぼくは生まれた
鼓動が刻む一瞬一瞬
君を守るためにぼくは生まれた
鼓動が刻む一瞬一瞬

ぼくには君しかいない
ぼくは君のものだ
君はぼくのために生まれた
君はエクスタシーそのもの
君のためなら
どんなことも厭わない
賭けてみないか
ぼくとのロマンスに
夢の中に囚われて
その夢が今叶えられた
信じられない
これが現実だなんて
かつてない感動が
今訪れる

君を愛するためにぼくは生まれた
鼓動が刻む一瞬一瞬
君を守るために
ぼくは生まれた
来る日も来る日もずっと・・・

君を愛したい
どんな小さなことも
愛して、愛し抜きたい
君を愛するために
生まれてきたんだ
そうさ
君を愛するために
ぼくは生まれた
来る日も来る日もずっと
君を守るためにぼくは生まれた
鼓動が刻む一瞬一瞬

かつてない感動が
今訪れる
君を愛するためにぼくは生まれた
来る日も来る日もずっと
そうさ君を愛するためにぼくは生まれた
鼓動が刻む一瞬一瞬

君を愛している
そうさ君を愛するためにぼくは生まれた
そうさ君を愛するためにぼくは生まれた
愛したい、君を愛したい
君を愛したい
これは魔法
寂しくてたまらないんだ
愛して、愛し抜きたい
君の愛をぼくにおくれ




〜〜〜〜〜〜

他の訳のあるページ 1

他の訳のあるページ 2

他の訳のあるページ 3








*********************************
[PR]
by mhara21 | 2016-10-04 00:00 | エッセイ | Comments(0)

グールドのお誕生日に by M&マサコ

b0071688_21454825.jpg


マサコのつぶやき

  今年は9月25日にたどり着くのが、 なかなかでした。
  もう1年という時の速さを感じなかったので。
  来年、贈る 歌の候補はその日のうちに見つかってしまいました。
  いつも思うのですけど 日本にグールドファンはいないような気がする。


Mさんからの返信。

  そんなことはありません。
  日本はグールドファン(およびフルトベングラーファン)が多い国です。
  世界中のグールドファンを繋げているメーリングリストですら、
  盛り上がりはイマイチです。

  今、漸くメールが入ってきました。

  "Discussion of the Canadian pianist Glenn Gould."

 Hello y’all

It is that day of the year again. It was rather quiet in Gouldland and also on f_minor.....summer is almost over, rain and fog will creep into our minds soon. Time for reflections.

Glenn Gould would have celebrated his 84th today. I wonder what he would make of Youtube, music streaming services, the decline of the music industry and the re-invetion of the artist as a live musician and DIY operator or David Cope’s EMI software or how we consume music in general. But he will not, never again. Bloody flaming prescription pills.

I bring gifts anyway.
  Sokolov Bach The Art of Fugue BWV 1080


I have a feeling that this enigmatic old buzzard and Mr. Gould would have been on the same wavelenght for some reason. They don’t come off the factory floor like that anymore nowadays.....

Pat


  みんな、元気?

  また一年が巡ってきました。
  グールディアンもメーリングリストも静かでしたね。
  ようやく夏も終わり、雨や霧が迫ってきて、物を思い返す季節になりました。

  グールドの84回目の誕生日おめでとう。
  彼がyoutubeを見たら、いったいどう利用したでしょう! 
  音楽を垂れ流し、音楽産業を斜陽に導き、
  音楽芸術家を単なるライブ演奏家に作り変え、
  Do it youself 型で、デビット・コープが作ったEMIソフトのように、
  私たちと音楽の関係を一変させたyoutubeを見たら、
  彼ならどうしたでしょう。処方箋なんかないわよね。

  ともかく贈り物よ
  ソコロフのフーガの技法 BWV 1080

  ソコロフのオヤジ野郎とグールドって、
  何か波長が合ったんじゃないかって思うの。
  いずれにしても常人離れしているわ










****************************
[PR]
by mhara21 | 2016-09-26 21:39 | エッセイ | Comments(0)

グールド生誕84年に寄せて



毎年、どんな詩を選ぶか、探すのが楽しみです。
今年は、ブロードウェイ・ミュージカルの「Funny Face」のために
ガーシュイン兄弟が作詞作曲した「 'S Wonderful 」の曲を捧げます。

歌はアニタ・オディで聞いてください。

詳しくはこのサイトで。
美術館巡りと古都散策、Jazz & Bossa など・・

オードリ・ヘップバーンも歌っています。
ラストシーンでは、オードリのスカート丈の短いウェディングドレスが素敵ですね。



   ~ 'S Wonderful ~

  words by Ira Gershwin
  music by George Gershwin 1927年

<歌詞>

 'S wonderful! 'S marvelous!
 You should care for me!
 'S awfully nice! 'S paradise!
 'S what I love to see!

 You've made my life so glamorous
 You can't blame me for feeling amorous.
 'S wonderful! 'S marvelous!
 That you should care for me!

 My dear, it's four-leaf clover time
 From now on my heart's working overtime.
 'S wonderful! 'S marvelous !
 That you should care for me!










〜〜〜〜〜〜〜







[PR]
by mhara21 | 2016-09-25 00:00 | エッセイ | Comments(0)

バッハと官僚

a0019212_1955816.jpg


井上靖氏の自伝的要素が強い本『夏草冬濤』の中で
「豆腐と納豆 は大嫌いで、豆腐と納豆の好きなヤツはもっと嫌い」
というセリフがあった。
「嫌いな人が同じでないと友達になれない」という言葉も
「その人がどんな人か知りたければ、友人を見ればわかる」に通じる。

私はバッハが大好きだけれど、
バッハの中に特に目立って嫌いな曲が一つある。
「半音階的幻想曲とフーガ」である。

最初に聴いたのはケンプの演奏で、何ともやりきれなかった。
シュナーベルとフィッシャーの演奏も聴いたが好きになれなかった。
この曲のかもし出す「官僚的雰囲気」が耐えられなかったのである。

出だしのフレーズは、曲がどの空間に漂っているのかを示す場合が多い。
私はこの曲ではまず、高飛車で不安定さを感じる。

受けて立つ次のフレーズは、つべこべ理屈的。
勝手気ままな、絞切り口 調が思わせぶり。
決まりきったあの調子、この調子のワンパターンで、
allargando(音を強くしながら次第に遅く) で前半が終わる。

後半はテレビでよく見る官僚の答弁、
「前例がないから...」
「調査中であるので...」
の文句と共に、その顔がドアップになるシーン。
浅はかで非情な語りは口先だけのもの。欲得だけの想い。
大きな建物、座り心地のよい椅子。
「俺は偉い、権威がある」
の深い満足感で幻想曲は終わる。

続くフーガのテーマの何というみすぼらしさよ。
人のしみったれた貧しい心がメロディーになればこんなものだろうか?
それが終わりに向けて膨脹しつつラプソディ風押し付け、
「俺は人生の勝者。 敗者はおまえらだ」と言わんばかりで終わる。
曲の悪口も人の悪口と同じで、あまり言ってはいけないのかもしれない。


ピアニストでこの曲を嫌い、「一回きり」と断って弾いた人がいる。
それもあのフーガ好きがフーガを弾いていない。

グレン・グールド。

やっぱりグールドと私は友人なのだ。


a0019212_1956026.jpg

30年近く咲き続ける(しかも一輪だけ)身長60cmはある原種に近いガーベラ


a0019212_1956198.jpg

 そのアップ








*************************
[PR]
by mhara21 | 2016-09-08 13:39 | エッセイ | Comments(0)

Why War is Out of the Question?

a0019212_1849469.jpg


  Why War is Out of the Question? 
                  By Chinatsu Nakayama
                    (translated by Saiko)
For one, war is destruction.
It can destroy in a moment houses and cities,
Old historical remains, beautiful mountains and rivers
Of course, it destroys precious lives too.

For one, war is hunger.
Fields are destroyed, means of transportation are destroyed,
Stores are destroyed, and food disappears.
We suffer tremendous hunger.

For one, war makes us kill people.
No matter how much you don’t want to kill, if you become a soldier
You have to kill people in cold blood,
And more often than not you are forced to become a soldier.

For one, war takes away our freedom.
While having freedom to support war,
You have absolutely no freedom to hamper it.

For one, war brings disease.
Disease infests dirty cities torn by war,
Disease brought by bacteriological weapons and nuclear bombs runs rampant,
Psychological illnesses spread among soldiers,
Bombs contaminate water and air, and weaken life all over the Earth.

For one, war makes men arrogant.
Because, whatever we say, men take the main role in war,
In such a situation it is a man who is considered useful in this world,
And the value of a woman as a human being invariably goes down.

My dear girl, those who wish for such crazy things are either
1.Those who had lost their mind,
2.Those who can profit from war and lord over others or
3.Those who are fooled by such rotten lot.

Remember, because the Article 9 says no armament and
Disputes between states must be solved through discussion
Our constitution is the smartest in the world.

〜〜〜〜〜

なんで戦争はいけないの?   中山千夏

ひとつ、戦争は破壊する。
家や町、古い遺跡や美しい山河をあっという間に破壊する。
もちろん貴い生命も破壊する。
ひとつ、戦争は腹がへる。
田畑が破壊され、交通機関が破壊され、店が破壊され、
食べ物がなくなって、とてつもなく腹がへる。
ひとつ、戦争は人殺しを強制する。
いくら人を殺したくなくても、兵士になれば
平気で人殺しをしなければならないし、
たいてい無理やり兵士にされてしまう。
ひとつ、戦争は自由を奪う。
戦争の足しになることをする自由はあっても、
戦争の邪魔をする自由はまるきりなくなる。
ひとつ、戦争は病気を持ってくる。
破壊された不潔な町には伝染病がはびこり、
細菌兵器や原爆による病気がはびこり、
兵士たちの間には精神病がはびこり、
爆弾は地球全土の水や空気を汚染して生き物を弱らせる。
ひとつ、戦争は男を威張らせる。
なんたって戦争の主役は男だから、
世の中の役に立つのは男、ということになってしまって、
人間としての女の価値は必ず下がる。
 娘よ、こんなバカなことをしたがるのは、
 1.正気じゃない、
 2.戦争になれば儲かったり威張ったりできる、
 3.そういう連中にだまされている、
のどれかさ。
 
覚えておおき、軍備をしない、
国家間のもめごとは必ず話し合いで解決する、
と決めている日本の憲法第9条は、
だから、世界一かしこい憲法なんだよ。
 

a0019212_1848547.jpg


関連記事
なんで戦争はいけないの? by 原 野里子
戦場のピアニスト byモニカ
「わたしの『やめて』」 byグループスピカ
自衛隊員の自殺 by ノリコ




[PR]
by mhara21 | 2016-08-15 12:00 | エッセイ | Comments(0)