合い言葉GG
by mhara21
検索
☆マサコのプロフィール
13才のときにグレン・グールドのピアノに 出会う。以来抱き続けたグールドに会うという夢を追って28才でカナダへ。後追い日記はその記録である。
属性はシャーマン。


☆ミクシに習って、ぬさんからの紹介状
不在の幻影から愛するひとを救い出し、グーグルキャッシュの中に愛のエクリチュールを刻印しつづける、GGの恋人。二人はもう触れあうことができないが故に永遠に惹き付けあうことができる、まるで恒星と惑星の関係のような、あらゆる恋人が夢見るユートピアに住むひとです。


☆このブログの本拠地は
 海峡web版  です。

グールド、並びにグールド家からのプレゼントはこちら。

 グールドのサイン入りレコード
 もう1つのレコード
 グールドの本とそのメモ書き
 パパグールドさんのご本

☆グールドおよび後追い日記に関係のないトラックバックやコメントは削除する場合があります。
カテゴリ
全体
後追い日記81年
後追い日記82年
後追い日記83年
後追い日記84年
後追い日記85年
後追い日記86年
後追い日記87年
グールドからのプレゼント
グールドへのメール
エッセイ
ゴルトベルクをめぐる
グ−ルド・レストラン
8月のゴルトベルク
グ−ルドとエクスタシー
田中希代子
未分類
タグ
(94)
(56)
(32)
(21)
(14)
(13)
(12)
(10)
(8)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
フォロー中のブログ
海峡web版
記事ランキング
最新のコメント
せっかくコメントを書いた..
by grpspica at 12:37
田中希代子さんのファンは..
by grpspica at 10:59
バレンボイムが、[ アル..
by grpspica at 10:54
I'm in Taipe..
by grpspica at 07:16
Dear Toshi, ..
by masako at 19:34
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...


カテゴリ:後追い日記84年( 20 )

後追い日記84年20・テレビ出演&X’masキャンプ

後追い日記84年1へ

b0071688_942644.jpg


#テレビ出演

そんなこんなで、人を信じられないような気持ちで生きていた。
12月に入るとウィルバーが「CBCテレビ(カナダのテレビ局)がわが家に取材に来るよ。」と言った。「トロントで暮らす留学生がどんなクリスマスを過ごしているのだろう?」と言う主旨の番組の撮影だった。
当日、新しいルームメイトのメキシコ人のエルサとマコとトロット一家はCBCの一行を待っていた。待てども待てどもCBCは来なかった。マコはトロット夫人に耳うちをした。
「私たち、担がれているのではないの?」
「んまぁ!」とトロット夫人は笑い出した。
「何故、そんな事言うの? 大丈夫よ。CBCは来るわよ」

やっとCBCが到着した。初めてのTV出演。
アナウンサーのインタヴューが始まった。質問は「日本とカナダのクリスマスの違いは?」というものだった。マコは、日本では生の樅の木をクリスマスツリーにすることがないので、カナダでふんだんに生きている樅の木をツリーにしているのが珍しい」と言いたいのに、よく喋れない英語のため何を話しているのか分からなくなった。カァーと上がって、アナウンサーの顔を見て、
「私たち、今、木のお話しをしているところかしら?」
「Yes, we are ! ! 」


#クリスマスキャンプ

b0071688_9363338.jpg

マコとエレンはクリスマスキャンプに出かけたので実際の放映は見なかった。エルサが学生センター主催のクリスマスキャンプに誘ってくれたのだ。「しんどいから行かない」と言うマコに、「駄目よ。こんなところで1人ぽっちでクリスマスを過ごしたら」と連れ出してくれた。自己管理が悪いのとしんどいので、荷物もきちんと作れなかったがついて行った。着替えの上下はキャンプの中で買った。

キャンプ場で人がサッカーをしているのに気づかず、所在なげに熊の子のようにノソノソ散歩していると、いきなりガァーンと頭にサッカーボールが飛んで来た。
「大丈夫?」と男性が2人駆けつけてくれた。
「大丈夫」と言っても念のためと、メインホールがある建物まで連れて行くと言い張った。どこの国の人とも分からない男性に雪の中、肩を左右から担いで運ばれて行くのはとても気持ち良かった。後で、遠くで見ていた日本人達が、
「『マサコさん、早よから、あんなにモテてるわ』と話していたのよ」と笑って教えてくれた。

マコは「クリスマスツリー」という名前のグループに振り分けられ、寝場所はベトナムから移住してきた女の子と一緒。
あちこちにピアノがあった。自然にARCTで弾いた曲を弾いて遊んだ。人が集まって、日本人の新婚カップルのダンナさん「フルートで『春の海』を吹きたいから、伴奏をして下さい」
キャンプのお陰で、後にパーティーのお招きを受けたりピアノのお弟子さんが増えた。

24日の午後、クリスマスツリーを切りに行こうと軽トラックに乗った。森の中で皆で木を選んで切る。電気ノコギリが唸り大きな木が倒れた。濃い緑が白い雪をはね返す。
これぞカナダのクリスマス。車に乗せてワイワイ帰ってきた。

キャンプ最後の晩は音楽会をすることになり、「春の海」も出場した。
その後は無伴奏の男性コーラスで出演した中国人の男性グループだった。指揮者が中間部の伴奏を弾いて欲しいと言いながら、その部分を弾いてみせた。
楽譜もなく、直前に1度聴いたきりのメロディーに伴奏をつける。それだけでも大仕事なのにいざ彼等が歌い始めると調子が全然違うのだ。当然指揮者が弾いてくれた調で歌うものと思っていたマコは慌てた。臨機応変に対応できないマコの性格がよく出てしまい、うまく対応出来なかった。
何で指揮者はあんなことしたのかしら。聞かせてくれた同じ調で歌を始めてくれたらよかったのに。度胸のないマコは、慌てふためいて何とも後味の悪い出来となった。でもこれも懐かしい思い出となっている。

トロントに帰ると、ナイアガラフォールズ市に住むルイーズから電話があった。ルイーズとは初めてヴァンクーバーからトロントに来る時、飛行機の中で隣り合せたご縁だった。
「TV見たわよ。あんなにやせて。真っ青な顔をしていたわ」
台湾教会でも「TVを見た」と声をかけられた。何故か、吹き出して笑いが止まらない人もいた。マコは、今だに見なくてよかったと思っている。

8月7日にARCTを受けてから、全くピアノを練習できなかった。
専攻を声楽に変えて頑張っていたが、いつピアノの練習を再開できるか悩みの種だった。
8ヶ月でARCTを準備できたのは幸運であったが、体力的には無理な土方仕事をした後のように疲れ切っていた。。

又、雪一色の冬が来ていた。
ーいつまでも、いつまで降りしきる雪を見てる。
ーああ、この雪の様にいつまでもいつまでも、ピアノを練習していたい。
84年、勉強と病気の年は、静かに終わっていった。



next85年1へ






*************************************
[PR]
by mhara21 | 2007-02-06 13:23 | 後追い日記84年 | Comments(1)

後追い日記84年19 ・詐欺師

詐欺師

マリーナの弟子のGというルーマニア人の変な女性に欺された。
朧げながら世の中のゴタゴタの80%以上はお金のことだというのが分かってきた。得をしようとする人、楽をしようとする人、骨惜しみしようとする人、ほとんどの人がとてもケチで人を利用しようとする心がいっぱいだということが、実際の体験から学べた。

Gはマコに「自分のスタジオがあるからそこでピアノの練習をしないか」と持ちかけてきた。
音学院ではレッスン室にはスケジュールがあり、練習時間が自由に決められない。鍵をもらってある程度自由に使えるスタジオの方が勉強には有難いし、学生が音楽院で生徒を教えることは禁止されていたので、将来のレッスン場としてもスタジオがある方がいいと思ったマコはその話しに乗った。
半年分の使用料を払い込み、楽譜を持ち込んで2、3度スタジオを使った。

ある日スタジオに行くとピアノもマコの楽譜もそのスタジオからなくなっていた。びっくりして階下の家主に事情を聴くと、逆に「家賃を払っていない」Gの所在をマコに尋ねた。連絡のとれたGにマコは何度もお金と楽譜を返すように言ったが無視された。見るに見かねた友人が半年後彼女のアパートに同行、楽譜を取り返してたがお金は戻らなかった。

Gは見た感じが暗く、妙な顔つきだったので、年齢も分からなかった。いつもマコに「お金がないの。食べていないの」と言っていた。でもお金を持っていたし、後年、音楽院の先生から「あの人変な人で、僕の友人がお金を取られたと言っていたよ」と聞かされ、やっぱりそうかと思った。

この話にはおまけが2つある。音楽院の4年生の時、教師としての意識レベルの低い先生が開いたピアノ伴奏のコースを取った。能力に差のある生徒を一緒にして平気な先生で、レッスン中でも私用の電話をかけたりする。

このコースにGも出席していて、何とGとマコは一緒にピアノを弾くことになったのである。人の善し悪しをその人の能力で判断するのは良くないことだが、その時に聴いた奇妙な彼女のピアノを、今、思い出す。

尊敬する「ビジネス英語」の杉田敏先生は、「その人の日本語を聴いただけで英語の能力が分かり、はずれたことがない」と。日本人の英語を聴くと相手がどんな人だかよく分かる。その時のGのピアノも彼女の人柄を表わしていた。
人それぞれだけれど、その人の全体は、それぞれの細部によく表われる。小さなことに気づき過ぎて、こちらの反応を表わすのはよくない。英語の「Don't speak soon.(早く結論を出すな)」は、特別の意味がある。

話をGに戻そう。87年の最後の下宿では、次姉が小さなTVを買ってくれた。ある時ニュースで、ホームレスの人々の為にスープのサービスを始めたとフィルムを流した。その中に何とあのGがいた。大写しでコートも脱がずに椅子に腰掛けて、1さじ1さじスープをすすって飲んでいる。

「何でもお金になる所には出かける人だなぁ」

下から若い女の子が声をかけてきた。
「マサコさん、何をそんなに楽しそうに大きな声で笑っているの?  教えて」

マコは涙を拭きながら屋根裏部屋から2階に降りて行った。


next84年20へ






*************************************
[PR]
by mhara21 | 2007-02-02 12:17 | 後追い日記84年 | Comments(0)

後追い日記84年18 ・友子さん 


#友子さん 

11月になるとほんの少し体力が回復してきた。
学業がスケジュール通り出来ないことで学校の先生との話し合いもあった。
歌の先生は、マコが去年払い込済みのレッスンを積極的に受け、テスト準備を始めたのでご機嫌がよかった。このオードリー先生も良心的な方だった。12月には、5月にARCT受験の為に延ばしていた歴史のテストを受けなければならなかった。

サヤンの歌声を聴いていても、慰められない心で館内を歩いていると、黒髪の美しい女性が、日本語の本を読んでいるのが目に飛び込んで来た。
図書館で熱心に本を呼んでいる人に思いきって声をかけた。
「その本はおもしろいですか?」
相手は中断されたのに不快な表情がなかった。
友子さんは、「本が好きなら家に沢山あるから、見に来ない?」
ピアノが練習出来ずに退屈していたマコには救いの神だった。

自宅にはマンガ本に加え、霊話の本が多い。マコはビックリして自分の霊感の話を始めるのだった。余裕のある人は違う。
「おもしろい。もっと聞かせて。私は鈍くて何もないけれど、そういう話、大好きなの」

結婚前は、日本の新聞社の海外支局に働いていたという。ご主人はハンサムで子供はいない。
マコは思いきり、本を借りて来た。
もしも友子さんが絵を書くのなら、グールドが晩年につきあっていた既婚の日本女性とは、友子さんのような人ではなかったか?

日本人の知合いが増えて日本語使用が多くなる。
アルバイトのピアノのお弟子さんは、カナダに数年いて日本に帰国する人ばかりで、土着の生徒は少ない。
マコは、長期に生徒とつき合いたくないので、あれこれ人が入れ変わることを気楽に考えていた。先生業が、似合うとは思えない。

でも教会でも、出稽古に出かけても、日本人とばかり話すようになってきた。

冬には天候不順な土地+1ケ所で教える場所が、見つけにくかった。トロント、スカボロー、ミシソーガは歩くには広すぎたのである。


next84年19へ






*************************************
[PR]
by mhara21 | 2007-02-01 17:25 | 後追い日記84年 | Comments(0)

後追い日記84年17 ・透明な対象



#透明な対象

マコはトロントの風景を見ても形容したいと思ったことがない。日本から同人誌に入らないか?と誘いが来て、鉛筆で文をひねっても、カナダの自然の大まかさと文才の無さで、出て来るのは、順列も整わない文章ばかり。

学校へは、他のクラスの授業があるので、週に何日かは出ていくが、ピアノが弾けないと自分のお家ではないよう。

「ハハハ、あなたこの頃、少しふっくらしてきたわ。弾いていないでしょう。練習量の多い時は、ガリガリのガリ。食事をしに出かけようともしないで、やるものね。音楽院って、手袋したり、弾いている時、ハミングしたり、結構グールドのまねしている連中がいるでしょう?
私、あなたの丸こい背中を見ていると、グールドさんが『ついているのではないか?』と思うのよ」

「あら、そうだったの。なぜこんなに下手なのかしら?」

「マコって、別に音楽しなくていい人なのよ。○○先生も××氏も言っていたわ。何でも持っている人だって」

「どういう意味? 病気を持っているということ?」

「違うわよ。勇気や行動力、努力のことよ。それに、マコの話し相手になれるのは、音楽家では、フランス語で小説を書いた、ヴァレリー・アファナシエフしかいないだろうって」

「アファナシエフは共感覚者ではないけれど、シューベルトのピアノソナタに『白』を見るそうよ。モスクワ音楽院では、マリア・ユージナがゴルトベルク変奏曲に新約聖書をかこつけるので鬱陶しくて、ユージナに寄りつかなかったことを後悔しているの」

「ねぇ、マコって視覚的記憶力で歴史のテスト本からみんな覚えるって本当?」

「ええ、でもショルティは視覚的メモリーの持ち主は、音楽的でないといっているわ」

「グールドは例外よね」

「ブレンデルは、音に色も見ないし、その手の記憶術はないそうよ。いかにもそんな感じがする。学生の間で、フォト系とピッチのいい人たち、演奏するとすぐわかるわね。水のように流れる感じがね」

「ARCTが済んで、先は何するの?」

「わからない。日本には帰りたくないの。湿気のせいで体がもっと痛いし、家族が仲良し過ぎてピアノが練習出来ないの」

「まあ、それだったら、なぜ結婚したがるの?」

「わからない。専業主婦願望がいけないそうよ。北米では2組に1つが離婚する。その際夫婦の財産は、まっぷたつ。とにかく働いて自立している女性以外は、男性のお呼びでないといわれたことがあるわ。
私一度に沢山のこと少しずつするのが苦手でね。家事なら、家事だけで充分なの。 その考えが、お話にならないそう。日本のバカなお嬢さん(おばさんなのに)だって。 家に怠け者の専業主婦がいると、男の人はかわいそうね。
今、グールドが生きていたら、ベトナム人に化けて、お手伝いさんになるわ。 ピアノのキイを叩いて、怒られるの」

「あなたは、グールドと一緒なら、一生結婚出来ないわよ」

「いいの。1人がいい。病気の時、相手に悪く思われず、寝てられるし、自分を責めることもないし」

マコは、自分は人と違うから「ミンナ」のところには行けないと知っていた。でも人が、マコとどれくらい、異なるかのところは全く、わかっていない。
「透明な対象」は、その存在を人間に気づかれるほど、ドヂな精霊ではないのだ。それで人は、いつも寂しがってばかりいる。



next 84年18へ






*************************************
[PR]
by mhara21 | 2007-01-30 09:49 | 後追い日記84年 | Comments(0)

後追い日記84年16 ・偏見


#偏 見

日本には「戦後」という言葉がないのも帰国してから、数々の情報から知った。マコのような、1952年生まれ、日本人、天皇制を当り前のように尊び、正しい歴史教育を受けず、社会問題に何の関心も持たず、活動しない‥。いわゆるバブリーノのはしり。 その結果として、マコは正常な感触を失い、まっとうな行動が出来ず、寂しさを募らせてしまう人生の一時期を過ごした。

例えば、学校の近くに一時期2人の北米インディアンの青年がうろついていた。一目ではずれ者と分かる風情だった。もしマコがその時、アイヌ民族の歴史を知り、アイヌ民族がどういう存在なのか分かっていたら、あんなおぞましい目をして青年達を見ることが出来ただろうか?

「トロント」という地名がインディアン語の「集合」を表わすことは知っていたし、面白いとは思っていたけれど、何を意味するのか、分かっていなかった。

小学校の低学年の頃、アイヌ民族を馬鹿にする言葉を発して、3つ年上の姉を苛めていた。家族の誰1人と教えたことではないのに何故、マコがその過ちを犯せたのだろう。
それは、兄か姉の教科書にアイヌ民族をさもバカにしたような写真が載せてあったから。それを見ただけでマコが、差別的な言動に出たのだ。

トロントでのマコの心の軌道を思い出す時、そこには、物と金で操られていた人間の悲しい姿が浮き彫りにされる。

84年17へ






*************************************
[PR]
by mhara21 | 2007-01-27 10:33 | 後追い日記84年 | Comments(0)

後追い日記84年15 ・買い物依存症

b0071688_2174895.jpg


#買い物依存症

10月に入っても苦しみだらけで、来る日も来る日も生き地獄。どんなに寝ていても食事が出てくる訳がなく、フラフラの体で食事に出なければならなかった。

自分の心が満たされないことを買い物をして紛らわそうという買い物依存症は日本にいた頃から。次々あれこれ欲しくなり、洋服でも着潰すということが出来ない。もう何年(ひどい時は2、3年)も着ているから飽きたとか古いとか、ここにキズがあるとか、つまらないことを言って捨てようとした。靴でも少しゆるんでくると敷皮を求めずにまだ履けるものを捨てた。

別にお洒落という訳ではない。何が何だか分かっていない人間の姿がよく出ていた。たとえば靴でも日本で買ってもらった上等を捨てて、カナダの安い靴を買った。20ドル(カナダ)位を使うのは平気だった。

住居についてはお金を使わないように心がけ、1間貸し下宿で常に月200ドル位の部屋代で屋根裏部屋や地下室に住んだ。当時1ベッドルームのアパートは月850ドルくらいの家賃だったが、後に香港からの移住者が急増してくると、トロントの住宅費は高騰を続けたため、帰国する年には狭い部屋のスシ詰め下宿に月350ドル払うようになった。

勉強以外のときは病気で苦しんだから、旅行にはほとんど出かけていない。マコの無駄遣いは虚しいものだった。

最後の下宿で日本の若い女性ばかり数人と同居した時、食べ物を平気で捨てる人を見た。さすがにマコは食べ物を捨てることはしなかったけれど、物を大切に出来ない人間の心が、どんなにすさんだものなのかは、身を持って知っている。
欠点を人のせいにするつもりはないけれど、マコは戦後生まれの日本人が患っているいろいろな病気に罹っていた。

next
84年16へ






*************************************
[PR]
by mhara21 | 2007-01-26 09:50 | 後追い日記84年 | Comments(0)

後追い日記84年14 ・昆 布



#昆 布

日本からの荷物に「こんぶ(昆布)」が入っていた。
祖母は、こんぶ(昆布)とその都度削ったかつお節を合わせて、お出汁を取る人だった。海の栄養分を吸収した黒い海草は、神秘的な味を提供する。

朝鮮語では「コンブ」=「勉強」のこと。
音楽を愛する人たちを育てるドイツ音楽界のような味覚と未だに明治元年のような日本の音楽の味加減。
本を沢山読み、一般教養が充実している人たちの書く文は、「コンブ出汁」が入っている。たとえば阿刀田高のように。

昆布を使わない家庭に育つと、「日高」「利尻」「羅臼」それぞれの微妙な味の違いがわからないように、音の味覚に興味がない家庭に育つとラジオからグールド、アファナシエフ、リヒテルの演奏するバッハが流れても、違いはわからない。

グールドは、コンブというよりは、独特のソースやケチャップを作ったような気がする。子供に幼い時にグールドを最初に聴かせるとエッシェンバッハやシュナーベルを好まなくなるのでは?

薄味で育てないとデリケートな味覚は育たないように、教養の高い響きがわからなくなる可能性を生む。甘辛い味付けになれた耳には、もの足らなく感じるのだ。

世の中には、絶対とか、これのみが正しいなんてことはない。「なんでもありぃ」なのだけど、母親、父親のピンからキリまで、すばらしい主婦とロクでなしの主婦に出会うと益々、マコの人間に対する好みは激しくなる。

音楽院にいると、欲深い両親に育てられる子供の演奏に触れる機会が多くなる。今日のクラシック界は子供をスターにしたいだけのヘドロがまわり切った泥沼のようだ。


next84年15へ



*************************************
[PR]
by mhara21 | 2007-01-24 09:57 | 後追い日記84年 | Comments(0)

後追い日記84年13 ・病気宣言



#病気宣言

9月の半ばに病気宣言をする。1番理解のあるマリーナ先生のレッスンを休みにし、翌年の1月末まで練習することが出来なかったかわりに、声楽には週2回通った。そのおかげで声楽は翌年5月の受験でグレード8に通った。ここでもひとつの事に一時期に集中したいというマコの考えは、先生方の理解を得るのに苦労した。

副科は他にオルガンやヴァイオリンを取って遊んだけれど、授業料の点でも音楽院はユニークだった。レッスン料はワンレッスン制で、生徒の方が24時間以上前にキャンセルを申し出ると先生の方はチャージ出来ない。

実際は、極めて曖昧。良心的な先生は、直前のキャンセルでもチャージされない。一方前期、後期の月謝(これは学年始めに各コースと、予定される個人レッスンの授業料を算出して全額払い込まれる)をレッスンしようがしまいが全額受け取りたい先生もいる。(予定のレッスンより回数が多くなることは勉強上あることだ)。

マコは数ヵ月レッスンを待ってもらって、健康とスケジュールが整ったら、週に2度レッスンしていただいて構わないと希望した。

しかし学校当局がマコのやり方はとてもわがままであると解釈して、授業を受けなくても授業料は払うことになった。

8月末から寝たり起きたり。数日寝ていたある日、「今日は9月16日で32歳の日」と起き上がって、ヨロヨロ窓のそばに行った。

外をのぞいて見ると虹が出ていた。頭がボーっとしていて「流れ星が消える前に願い事をすると叶う」の言い伝えと「虹」を混同して「良い音楽家になれますように」と祈った。すると、その願いを天が聞いたかのように、もう1本の虹がサッと出た。空にかかる2本の虹が消えるまで弱りきった体で見つめていた。


next84年14へ






*************************************
[PR]
by mhara21 | 2007-01-21 10:00 | 後追い日記84年 | Comments(0)

後追い日記84年12 ・相談役



#相談役

マコは、顔見知りのローズに呼び止められた。
「私、グレイド9を受けるのだけど、先生のことでトラブルがあるので、聞いてくれない?」
「いいわよ」
「あなた、もうARCT済んだのですって? 私のピアノを聴いてみてよ」

2人は、部屋に入るとローズは気のない調子で試験へ向けて準備している曲を次々に弾いた。
「そんなに16連符の曲ばかりで、どの曲もアレグロに近いような物、誰が選んだの?」
「全部先生よ。私、止めようかと思ってるの。校長秘書が『マコが先生なしでテストに行ったから、悩みを聞いてもらいなさい』と言ったのよ。私、あなたのように自信ないの」
「こんなに同じような曲ばかりなら、手が疲れやすくなるし、ムードが変わらないから、練習しにくいと思う」

「私ね、時々なんで自分なんかがピアノ弾いているのかなと思うのだけど。一体何のため?ジャマイカで私より上手な人が、ドイツに留学して卒業したら、すぐビジネスを始めて、成功して、ピアノなんかやってられないと言うの。あの人でさえよ。私はどう考えてもあなたのように好きでないし、自分の意見なんか何もないの」

「ハハ、何とかなるわよ。テストは1人でもいけるし、ストレスが高いのなら先生を止めなさいよ。でも今から曲目を変えるのは遅いわね」

音楽院に長くいると、こんな相談が多くなっていった。先生と生徒は夫婦のようで、師弟関係がうまくいっているケースはほとんどなく、関係良好に見える場合でも、先生が満足で、弟子は不満足か、あるいは逆だという人が数多くいた。


next84年13へ






*************************************
[PR]
by mhara21 | 2007-01-20 16:31 | 後追い日記84年 | Comments(0)

後追い日記84年11 ・9月


#9月

ピアノの試験が終わると疲労困憊していた。体力があれば気分転換に旅行にでも出かけるのだろうが、身動きがとれなかった。休みたいのに、又もや、ズルズルと友人との事柄に巻込まれていくのだった。
まともに学校に行けなかったことが対人関係の要領の悪さに出てくるのか、いろいろなことを気にし過ぎたり、気が離せなかったり、あるいは気付かないことも多くあった。 
頭と神経を酷使する中、よくぞ後年マコを悩ませた発作がこの時に始まらなかったと思う。

音楽院の学習システムもマコのやり方には合わない。一時に様々の事をするのが似合わないにマコにとって、学校というシステムのカリキュラムは酷だし、無駄が多いと考える。

ドイツのシュタイナー学校では、国語だけしたい人は何時間も国語だけしていいと聞く。4科目を同時に選択して、どれもが25%にとどまるよりは、1科目のみに集中して100%に近づける方が楽しいし、1時間ずつ4つのことをするより1つのことに4時間使うほうが合理的だし習得するものが深まる。でも音楽院では、このわがままはなかなか通らなかった。

いろいろこだわって、ゆっくり時間をかけて丁寧に事をしたい人間にとって、学校は修羅場である。

また学校では嫌な先生とのトラブルもある。技術のない教師や心の汚い、ずるい先生に出逢うと災難に近い経験をする。先生の中には、わざと時間に遅れ、早く出ていくデタラメな人もいた。そんな人はあらゆるところでお金を得ようとする魂胆が丸出しになっていた。


84年12へ






*************************************
[PR]
by mhara21 | 2007-01-19 10:19 | 後追い日記84年 | Comments(0)