合い言葉GG
by mhara21
検索
☆マサコのプロフィール
13才のときにグレン・グールドのピアノに 出会う。以来抱き続けたグールドに会うという夢を追って28才でカナダへ。後追い日記はその記録である。
属性はシャーマン。


☆ミクシに習って、ぬさんからの紹介状
不在の幻影から愛するひとを救い出し、グーグルキャッシュの中に愛のエクリチュールを刻印しつづける、GGの恋人。二人はもう触れあうことができないが故に永遠に惹き付けあうことができる、まるで恒星と惑星の関係のような、あらゆる恋人が夢見るユートピアに住むひとです。


☆このブログの本拠地は
 海峡web版  です。

グールド、並びにグールド家からのプレゼントはこちら。

 グールドのサイン入りレコード
 もう1つのレコード
 グールドの本とそのメモ書き
 パパグールドさんのご本

☆グールドおよび後追い日記に関係のないトラックバックやコメントは削除する場合があります。
カテゴリ
全体
後追い日記81年
後追い日記82年
後追い日記83年
後追い日記84年
後追い日記85年
後追い日記86年
後追い日記87年
グールドからのプレゼント
グールドへのメール
エッセイ
ゴルトベルクをめぐる
グ−ルド・レストラン
8月のゴルトベルク
グ−ルドとエクスタシー
田中希代子
未分類
タグ
(92)
(56)
(32)
(14)
(13)
(11)
(8)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)
フォロー中のブログ
海峡web版
記事ランキング
最新のコメント
最近、沢山のチアーニの動..
by mhara21 at 19:43
>きっつぁん様 何..
by mhara21 at 11:05
>きっつぁん様 コ..
by mhara21 at 11:01
 グールドに関する情..
by きっつぁん at 10:59
こんなややこしいものを選..
by mhara21 at 10:57
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...


後追い日記82年37・金のボール

後追い日記82年を1から読む

b0071688_12122090.jpg


#金のボール

グールドの亡き後にもピアノを弾くにはもうひとつの理由があった。
16才の冬、1秒も寝られないほどの体の痛みに襲われる。全身、特に顔面、口の中、歯がひどかった。全身にリューマチが起きたとか、三又神経痛だとか言われたけれど、マコの場合は亡くなった人たちの苦しみ、即ち霊塊の叫びを引き受けていたのである。

夜毎、泣いているマコの耳にはバッハのゴルトベルクのアリアが帰ってきた。毎晩同じ時刻にある種の神様と共に。そしてその精霊は言った
「病気は治る。50〜60才になったらピアノを弾いてその次の世代に何かを渡す」と。

17才の時にニーチェの「ツァラトゥストラ」を読む。登場する仙人のことも2人して日の出前の太陽を見に行ったことも16才の体験に符合していた。それでニーチェファンになり「いつかきっと・…・」と16才の約束を果たそうと心に思っていた。

グールド亡き後のマコの指針は「ツァラトゥストラ」。

「まことに、ツァラトゥストラは1つの目標を持っていた。彼は自分の球を投げた。いまや、きみら友人たちは、わたしの目標の継承者であれ。きみたちに、わたしは金の球を投げ渡す。
わたしの友たちよ、何にもまして、わたしはきみたちが金の球を投げるのを見たい! されば、わたしはなおしばらく地上にとどまる。わたしがそうするのを許せ!」(ツァラトストラの「自由な死」より吉沢伝三郎訳 ちくま学芸文庫)

この「金のボール」こそ、マコにとっては16才の冬にツァラトストラから与えられた、ゴルトベルク(変奏曲)のアリアである。

グールドがニーチェについて何を語るのか知りたかった。そんなことは本人に聞けばいいと思うかもしれない。でもこちらから積極的な問はしない。死んだ人からの声を聞いても、熱心に話こまない姿勢をとる。目に見えない声に振り回されるのが嫌だから。

でもマコはグールドが来ていることを周囲に公言してはばからない。
「グールドは英語で話すの、それとも日本語で話すの?」
「理解する時は、私のなかでは日本語になっているわ」

「体に移ってピアノを弾くことがあるか?」
「グールドは良識ある人だからそんな事はしない」

人は「フーン!」と呆れるか、苦笑いするか、困った表情を浮かべる。
「マコはあれだけ思っていたのだから、絶対何かか起こるよ」と言う人もいた。



next 82年38

この日記の英語版 Golden Ball, 1982(37)


**********************************
[PR]
by mhara21 | 2006-08-13 17:12 | 後追い日記82年 | Comments(0)
<< 後追い日記82年38・クリスマ... 後追い日記82年36 ・11月 >>