合い言葉GG
by mhara21
検索
☆マサコのプロフィール
13才のときにグレン・グールドのピアノに 出会う。以来抱き続けたグールドに会うという夢を追って28才でカナダへ。後追い日記はその記録である。
属性はシャーマン。


☆ミクシに習って、ぬさんからの紹介状
不在の幻影から愛するひとを救い出し、グーグルキャッシュの中に愛のエクリチュールを刻印しつづける、GGの恋人。二人はもう触れあうことができないが故に永遠に惹き付けあうことができる、まるで恒星と惑星の関係のような、あらゆる恋人が夢見るユートピアに住むひとです。


☆このブログの本拠地は
 海峡web版  です。

グールド、並びにグールド家からのプレゼントはこちら。

 グールドのサイン入りレコード
 もう1つのレコード
 グールドの本とそのメモ書き
 パパグールドさんのご本

☆グールドおよび後追い日記に関係のないトラックバックやコメントは削除する場合があります。
カテゴリ
全体
後追い日記81年
後追い日記82年
後追い日記83年
後追い日記84年
後追い日記85年
後追い日記86年
後追い日記87年
グールドからのプレゼント
グールドへのメール
エッセイ
ゴルトベルクをめぐる
グ−ルド・レストラン
8月のゴルトベルク
グ−ルドとエクスタシー
田中希代子
未分類
タグ
(92)
(56)
(32)
(18)
(14)
(13)
(11)
(10)
(8)
(4)
(3)
(3)
(2)
(1)
フォロー中のブログ
海峡web版
記事ランキング
最新のコメント
Dear Toshi, ..
by masako at 19:34
いつもご丁寧なブログ管理..
by mhara21 at 09:07
本日、英語版の訂正と同時..
by mhara21 at 18:30
グールドは、この間夢に現..
by grpspica at 14:15
このニーチェとピアノの写..
by grpspica at 08:45
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...


後追い日記82年34・休憩

後追い日記82年を1から読む

b0071688_20532176.jpg
 

 # 休憩

1998年7月23日
ここまで書いた私は、グールドに飲み残しでないコーヒーをお供えしていないのを思い出し、慌ててマレーシアのブキメラ村支援のジャカランダコーヒーをブラックでお供えし、自分用にはアイスコーヒーを作った。
その時「マコ、初めて僕にコーヒーをお供えできる落ち着いた生活になってよかったね」とグールドが言ってくれた気がした。
グールドのことばを書くには、それなりの勇気がいる。
91年4月、ハングルを勉強している時を境に、コンタクトが取れない。
後追い日記を書こうとした私は、以前のように話が出来ないかと、何度も霊界のグールドヘの連絡を試みた。
しかしただ眠くなるだけ。眠って仕事をするスェーデンボルグのことを思い出し、夢でお話が聴けるかと寝ることにした。

30年前、日本ではグールドの情報はほとんど入らなかった。ところが今では、その頃グールドとつきあっていた女性の名前までわかる。

各国のグールドファンがそれぞれにグールドへの思いを綴るおびただしい数の本。その中にはグールドのスクリャービンのソナタに色を視る人。グールドが『最後の清教徒』という割にはその演奏のめくるめく官能との矛盾を指摘する人。あるいはグールドを訪れた神はへルダーリンを訪れた神と同一だと言い切る人・…・とごった返している。
日本では宮澤淳一という若手のグールドファンがグールド研究の第一人者として活躍している。

私のグールドヘの思いは愛ではなく、わがままな恋なのだ。大和撫子ならぬカワラナデシコのようにグールドを想う人がここにもいるだけのこと。



next 82年35へ





**********************************
[PR]
by mhara21 | 2006-08-11 09:20 | 後追い日記82年 | Comments(1)
Commented by mhara21 at 2006-08-14 20:56
GG没後にソニーから出された、レコードのカタログ一覧表の表紙です。これで、持っているものいないものを慌ててチェックしたっけな。モニカ
<< 後追い日記82年35・10月1... Program of &quo... >>