合い言葉GG
by mhara21
検索
☆マサコのプロフィール
13才のときにグレン・グールドのピアノに 出会う。以来抱き続けたグールドに会うという夢を追って28才でカナダへ。後追い日記はその記録である。
属性はシャーマン。


☆ミクシに習って、ぬさんからの紹介状
不在の幻影から愛するひとを救い出し、グーグルキャッシュの中に愛のエクリチュールを刻印しつづける、GGの恋人。二人はもう触れあうことができないが故に永遠に惹き付けあうことができる、まるで恒星と惑星の関係のような、あらゆる恋人が夢見るユートピアに住むひとです。


☆このブログの本拠地は
 海峡web版  です。

グールド、並びにグールド家からのプレゼントはこちら。

 グールドのサイン入りレコード
 もう1つのレコード
 グールドの本とそのメモ書き
 パパグールドさんのご本

☆グールドおよび後追い日記に関係のないトラックバックやコメントは削除する場合があります。
カテゴリ
全体
後追い日記81年
後追い日記82年
後追い日記83年
後追い日記84年
後追い日記85年
後追い日記86年
後追い日記87年
グールドからのプレゼント
グールドへのメール
エッセイ
ゴルトベルクをめぐる
グ−ルド・レストラン
8月のゴルトベルク
グ−ルドとエクスタシー
田中希代子
未分類
タグ
(92)
(56)
(32)
(18)
(14)
(13)
(11)
(10)
(8)
(4)
(3)
(3)
(2)
(1)
フォロー中のブログ
海峡web版
記事ランキング
最新のコメント
Dear Toshi, ..
by masako at 19:34
いつもご丁寧なブログ管理..
by mhara21 at 09:07
本日、英語版の訂正と同時..
by mhara21 at 18:30
グールドは、この間夢に現..
by grpspica at 14:15
このニーチェとピアノの写..
by grpspica at 08:45
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...


後追い日記81年41  ・チャンス到来

後追い日記81年を1から読む

b0071688_10393955.jpg


#チャンス到来

ゴドウスキー家の人々がいなくなった。
グールドにクリスマスカードを出してやっともらったレコードのお礼を言う。
すぐに引っ越しの準備を始める。不動産屋や新聞広告を調べて次々に家を見に行く。

その合間に、夕食を作り、前の家主梁夫婦と友人を招いた。 
彼らは探検に来たようにはしゃいでいた。
梁氏は食事の時、
「僕達がマコの引っ越しの荷物を運び込んだ時、あの人は座り込んで見ていただろう? 変な人だなぁ、どうして手伝わないのかと思ったよ」
「成金趣味の奥様がそんな事するはずないでしょ。夫人はすぐあなたの事を、背の高い格好いい人は何人?と聞いたわよ。『中国人』だというと『ポマードをぬっていないし、眼鏡も掛けていない珍しい中国人で気に入った』って」

目が大きくてメガネをかけていない梁氏は、自分がけなしていた人に好感をもたれたと知ると大喜び。

東洋人の小さな目とメガネは印象深いらしい。
リサも「パパもママも私も妹も目が大きい。日本人とか中国人は眼が小さくて、見えないからメガネをかけている。マコも目が小さいから眼鏡」と言っていた。


#数字占い

日本人の知り合いも寄ってくれた。
「私はここの住所が9番地と聞いた時から病人の多い家かなと思った。9は芸術関係にはいいけれど頭を使わない人たちには、合わない数」とマコ。

「僕の家の住所番号はどうかい?」
「160は0があるから、いい番号よ。私は0は360°と解釈している。古代インドの数学者が0を見つけた。無という概念を抽象化して、『零』という数字で表わしたのは、バラモン教の数学者。
マクルーハンは、「0」が「無限」の性格を得たのは、ルネッサンス期の絵画で「遠近法」と「消失点」が盛んになった時といっているわ。
古代エジプトでは『神を冒涜する』として遠近法の使用を禁じていたそうよ。

 「0」というと「何もない」意味と「空が無限」という観念。たとえば自分の位置から物事を見ても一部しか見えないわね。でも円周を歩き回り、違う角度から見れば事柄(庭の花木でも)は全く違って受け取れるもの。私の感じる360°は、神様の視点に近い考え方が出来やすい暗示と考えているの。私自身はほとんど「0」にご縁がない。

「0」という数字で哲学を見事に打ち出したのは画家のマレーヴィチね。ニーチェより感情の少ないわかりやすい哲学。シュプレマチズムといえば私は「ツァラトゥストラ」を丸と三角形で説明出来る。

「バレーメカニック」の丸と三角形のようにね。三角形といえばトマス・マンは「ヨゼフとその兄弟たち」で突然、エジプトでの三角形の説明をしだしたり。あのヨゼフをアセンダントが乙女座の生まれと何度も強調しているでしょう。あれはきっと乙女座の主星が水星でコミュニケーションに優れていることをいっているよ。ヨゼフの口のうまさは何度も話題になっているわ。
実は私も第一宮が乙女で水星が入っているの。

グールドの占いもしてあるわ。逢えたら話せるのが楽しみ。グールドに感じる数字は「32」。昔の家が32番地。1932年生まれ。コンサートを止めたもの32才。彼に関するものを読むと32が目立つ。32は「グッドラック」「僥倖」の意味なの、なぜかは知らないけれど。ジョイスのユリシーズには「32」が全体で11回も出てくる。共感覚者は数字につよいこだわりがある訳」

「おもしろいな。僕はあの家を買う時、住所番号が気に入って決めたのだけど、親父がカナダに来て車の免許を取ったら、番号に160の並びがあるので驚いたことがある」

「私は、72や27、916や78並びに縁があるのよ」

「それじゃあ、僕と家内の相性をみてくれる?」
マコは独学独習、得意の数字占いで座を盛り上げていた。

クリスマスまではポーランド人の家政婦さん作り置きの牛タンを茹でたものを楽しんだ。料理の時からハーブのせいか夢見るような香りが漂っていた。



next 81年42へ



**********************************
[PR]
by mhara21 | 2006-05-22 09:47 | 後追い日記81年 | Comments(1)
Commented by mhara21 at 2006-05-22 11:24
この家にいた時期は、本当に大変だったようで、手紙もあまり来なかったような気がする。
写真も1枚も残っていない空白の時代です。モニカ
<< 後追い日記81年42・下宿探し 後追い日記81年40  ・奴隷生活 >>