合い言葉GG
by mhara21
検索
☆マサコのプロフィール
13才のときにグレン・グールドのピアノに 出会う。以来抱き続けたグールドに会うという夢を追って28才でカナダへ。後追い日記はその記録である。
属性はシャーマン。


☆ミクシに習って、ぬさんからの紹介状
不在の幻影から愛するひとを救い出し、グーグルキャッシュの中に愛のエクリチュールを刻印しつづける、GGの恋人。二人はもう触れあうことができないが故に永遠に惹き付けあうことができる、まるで恒星と惑星の関係のような、あらゆる恋人が夢見るユートピアに住むひとです。


☆このブログの本拠地は
 海峡web版  です。

グールド、並びにグールド家からのプレゼントはこちら。

 グールドのサイン入りレコード
 もう1つのレコード
 グールドの本とそのメモ書き
 パパグールドさんのご本

☆グールドおよび後追い日記に関係のないトラックバックやコメントは削除する場合があります。
カテゴリ
全体
後追い日記81年
後追い日記82年
後追い日記83年
後追い日記84年
後追い日記85年
後追い日記86年
後追い日記87年
グールドからのプレゼント
グールドへのメール
エッセイ
ゴルトベルクをめぐる
グ−ルド・レストラン
8月のゴルトベルク
グ−ルドとエクスタシー
田中希代子
未分類
タグ
(94)
(56)
(32)
(21)
(14)
(13)
(12)
(10)
(8)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
フォロー中のブログ
海峡web版
記事ランキング
最新のコメント
せっかくコメントを書いた..
by grpspica at 12:37
田中希代子さんのファンは..
by grpspica at 10:59
バレンボイムが、[ アル..
by grpspica at 10:54
I'm in Taipe..
by grpspica at 07:16
Dear Toshi, ..
by masako at 19:34
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...


後追い日記81年40  ・奴隷生活

後追い日記81年を1から読む


#ゴドウスキー家の奴隷生活

労働は際限がなく、マコはくたびれ切ってしまった。 疲れがひどくなっていたのか、用事を言いつけられる度に何故だか「サンキュー」としか言えなくなる。
「私の言うことにいちいち「サンキュー」と言わないでよ」と言うゴドウスキー夫人にまた「サンキュー」と答えて大笑いとなる。

「shocked」という言葉も発音も「ショックテッド」とやらかして大笑い。ボーッとした頭でフキンと雑巾を一緒に洗った時は、ゴドウスキー夫人が見たら気が狂うだろうとおかしかった。

「結婚した直後は、主人の姉妹と住んでいたの。彼女達のために毎日いろいろなことをしたわ。ある日、私やり返したの。自分でしなさいって。今のマコはあの頃の私みたいよ。マコはいい人だから、世の中の人が全部自分みたいにいい人だと思っている。私がそうじゃないことを教えてあげるわ」

「アリゾナの別荘で、主人の姉妹の物が無くなった時、主人の父は私のスーツケースを開けさせて中を調べたの。一生忘れてやらないから」
(こんなことはマコの育った環境からは想像も出来ない)

「あなたまさかここからバイバイする気じゃないでしょうね」

夫婦の寝室には小さな鍵の付いた赤い皮の宝石箱があった。いつかお金持ちと結婚して鍵のついた宝石箱を持てるかしら?
後日、宝石箱はまだ必要がないので、取り敢えず鍵だけ買ってみた。 マコも充分なバカだった。

ローズマリーはマコをお客に、子供用のイスに座ってギターを弾く真似をしながら、歌を聞かせてくれる。こんな天国から来た子供達が両親そっくりのお金と遊びだけの生活を送るようになるのはすぐのこと、この人達にとって学問や芸術はただの見栄と虚栄なのだろう。

母親が家にいなければ、子供への責任を含めて私の荷は重くなる。夜は夫婦で遊びに行くことが多く、帰りは午前様である。
両親が外出すると、子供達は、ベビーシッターに挑戦するように、羽目を外し、ギロギロした目で私がどう対応するのか見ていた。

ゴドウスキー家のクリスマスは、家族揃っていつもアリゾナへ行く。
「あなたは私達がいなくなったら、死んだ様に寝るでしょうね」



next 81年41へ






**********************************
[PR]
by mhara21 | 2006-05-21 10:11 | 後追い日記81年 | Comments(0)
<< 後追い日記81年41  ・チャ... 後追い日記81年39・ゴドウス... >>