合い言葉GG
by mhara21
検索
☆マサコのプロフィール
13才のときにグレン・グールドのピアノに 出会う。以来抱き続けたグールドに会うという夢を追って28才でカナダへ。後追い日記はその記録である。
属性はシャーマン。


☆ミクシに習って、ぬさんからの紹介状
不在の幻影から愛するひとを救い出し、グーグルキャッシュの中に愛のエクリチュールを刻印しつづける、GGの恋人。二人はもう触れあうことができないが故に永遠に惹き付けあうことができる、まるで恒星と惑星の関係のような、あらゆる恋人が夢見るユートピアに住むひとです。


☆このブログの本拠地は
 海峡web版  です。

グールド、並びにグールド家からのプレゼントはこちら。

 グールドのサイン入りレコード
 もう1つのレコード
 グールドの本とそのメモ書き
 パパグールドさんのご本

☆グールドおよび後追い日記に関係のないトラックバックやコメントは削除する場合があります。
カテゴリ
全体
後追い日記81年
後追い日記82年
後追い日記83年
後追い日記84年
後追い日記85年
後追い日記86年
後追い日記87年
グールドからのプレゼント
グールドへのメール
エッセイ
ゴルトベルクをめぐる
グ−ルド・レストラン
8月のゴルトベルク
グ−ルドとエクスタシー
田中希代子
未分類
タグ
(94)
(56)
(32)
(21)
(14)
(13)
(12)
(10)
(8)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
フォロー中のブログ
海峡web版
記事ランキング
最新のコメント
せっかくコメントを書いた..
by grpspica at 12:37
田中希代子さんのファンは..
by grpspica at 10:59
バレンボイムが、[ アル..
by grpspica at 10:54
I'm in Taipe..
by grpspica at 07:16
Dear Toshi, ..
by masako at 19:34
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...


後追い日記81年35・ベートーヴェンのバガテル

後追い日記81年を1から読む

b0071688_2057853.jpg


#「バガテル」について

ベートーヴェンは、op.33の7曲、op.119の11曲、op.126の6曲のバガテルと呼ばれる曲を作曲した。バガテル曲集に含まれる個々の曲相互の間に特別な関連はなく、いくつかの小曲をまとめて曲集の形をとっている。

ベートーヴェン以前にも「バガテル」と言う名の作品はあるが、バガテルという名の作品をここまで音楽的に高めたのは、ベートーヴェンが初めてとされている。

バガテルとは、「小さなもの」あるいは「つまらないもの」といった原意である。バガテル集は、コンサートホールで聴衆を湧かすタイプの曲ではない。

バガテルはプロコフィエフの「束の間の幻影」、ドビュッシーの前奏曲、ショパンの前奏曲と同一線上にある作品とされている。

プロコフィエフの「束の間の幻影」は、現代的で宇宙空間にまたたく星の光や、そこに到達する憧れや解放を表している。バガテルは、人の不機嫌や肩のはり、ヒステリーや不和、憤激が楽しい感情にすげ替えられる。

バガテルには、憎みたくても憎めない、争いたくても争えない、人や自分を否定する事の出来ない国がある。悲観して情けながっている人が、同時に、バガテル王国にも住んでいるのだ。

人間は、自分自身を「つまらない」「小さい」と思うから、腹も立つし、悔しいけれど、実際はおもしろくて大きな不思議な力に満ちている。

ベートーヴェンはバガテル集を通して、人間が本来住んでいる心の世界を見せて、「最小は最大である」ということを私達に伝えたかったのではないでしょうか?



next 81年36へ






**********************************
[PR]
by mhara21 | 2006-05-16 09:38 | 後追い日記81年 | Comments(0)
<< 後追い日記81年36・引っ越したい 後追い日記81年34・チャイコ... >>