合い言葉GG
by mhara21
検索
☆マサコのプロフィール
13才のときにグレン・グールドのピアノに 出会う。以来抱き続けたグールドに会うという夢を追って28才でカナダへ。後追い日記はその記録である。
属性はシャーマン。


☆ミクシに習って、ぬさんからの紹介状
不在の幻影から愛するひとを救い出し、グーグルキャッシュの中に愛のエクリチュールを刻印しつづける、GGの恋人。二人はもう触れあうことができないが故に永遠に惹き付けあうことができる、まるで恒星と惑星の関係のような、あらゆる恋人が夢見るユートピアに住むひとです。


☆このブログの本拠地は
 海峡web版  です。

グールド、並びにグールド家からのプレゼントはこちら。

 グールドのサイン入りレコード
 もう1つのレコード
 グールドの本とそのメモ書き
 パパグールドさんのご本

☆グールドおよび後追い日記に関係のないトラックバックやコメントは削除する場合があります。
カテゴリ
全体
後追い日記81年
後追い日記82年
後追い日記83年
後追い日記84年
後追い日記85年
後追い日記86年
後追い日記87年
グールドからのプレゼント
グールドへのメール
エッセイ
ゴルトベルクをめぐる
グ−ルド・レストラン
8月のゴルトベルク
グ−ルドとエクスタシー
田中希代子
未分類
タグ
(94)
(56)
(32)
(21)
(14)
(13)
(12)
(10)
(8)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
フォロー中のブログ
海峡web版
記事ランキング
最新のコメント
せっかくコメントを書いた..
by grpspica at 12:37
田中希代子さんのファンは..
by grpspica at 10:59
バレンボイムが、[ アル..
by grpspica at 10:54
I'm in Taipe..
by grpspica at 07:16
Dear Toshi, ..
by masako at 19:34
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...


後追い日記81年32・大山氏とのおしゃべり

後追い日記81年を1から読む

b0071688_23375718.jpg


#大山氏とのおしゃべり

キャンセルした航空券の受取金と冬物を取りに大山さんの住むヴァンクーヴァーに行く。

大山「トマス・マンの『魔の山』、英語訳は、「magic mountain」だよ。日本語の「魔」は、悪魔の意があって、名作を一般読者から遠ざけている気がする。『魔法の山』と訳すべきだよ」

マコ「デモーニッシュのことを勘違いしているのに似ている。デーモンは、ギリシャの詩人ヘシオドス(前8世紀末頃活躍した叙事詩人)の考えからきていて、ドイツ人は人に感動を与える文学者や音楽家によく見られると解釈している。悪魔の意味ではなくて守護霊として肯定的に現れるデーモンの事よ」

大山「ショーペンハウエルが、訳者は裏切り者といってるよ」

マコ「作曲作品を演奏家がよく弾けないのに似ているかもね。訳者によっては全く読めないもの」

大山「さすが音楽家のコメント」

マコ「グールドは音楽家としてだけでなく、文学哲学青年としても出来上がっている人。
ボードレールの詩から、ゴルトベルクのムードに近い詩を選んで、
ライナーノーツに一部引用している。マンは彼の敬愛する作家よ」

大山「ところで、君はマンの作品を読んでるの?」

マコ「いいや。ハイジが精一杯よ。たまたま自分の読んでいる本を人が読んでないからって、バカにする人は嫌い。何億冊あるかわからない本だし、読み方だって違う訳じゃない」

大山「アハハ、相変わらず気が強いね」



next 81年33 チャイコフスキー/四季その1へ






**********************************
[PR]
by mhara21 | 2006-05-13 10:09 | 後追い日記81年 | Comments(0)
<< 後追い日記81年33・チャイコ... 後追い日記81年31・日本から... >>