合い言葉GG
by mhara21
検索
☆マサコのプロフィール
13才のときにグレン・グールドのピアノに 出会う。以来抱き続けたグールドに会うという夢を追って28才でカナダへ。後追い日記はその記録である。
属性はシャーマン。


☆ミクシに習って、ぬさんからの紹介状
不在の幻影から愛するひとを救い出し、グーグルキャッシュの中に愛のエクリチュールを刻印しつづける、GGの恋人。二人はもう触れあうことができないが故に永遠に惹き付けあうことができる、まるで恒星と惑星の関係のような、あらゆる恋人が夢見るユートピアに住むひとです。


☆このブログの本拠地は
 海峡web版  です。

グールド、並びにグールド家からのプレゼントはこちら。

 グールドのサイン入りレコード
 もう1つのレコード
 グールドの本とそのメモ書き
 パパグールドさんのご本

☆グールドおよび後追い日記に関係のないトラックバックやコメントは削除する場合があります。
カテゴリ
全体
後追い日記81年
後追い日記82年
後追い日記83年
後追い日記84年
後追い日記85年
後追い日記86年
後追い日記87年
グールドからのプレゼント
グールドへのメール
エッセイ
ゴルトベルクをめぐる
グ−ルド・レストラン
8月のゴルトベルク
グ−ルドとエクスタシー
田中希代子
未分類
タグ
(94)
(56)
(32)
(26)
(14)
(13)
(12)
(10)
(8)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
フォロー中のブログ
海峡web版
記事ランキング
最新のコメント
a ghost ? お母..
by grpspica at 21:05
こんな文章を書いて誰もわ..
by grpspica at 06:56
せっかくコメントを書いた..
by grpspica at 12:37
田中希代子さんのファンは..
by grpspica at 10:59
バレンボイムが、[ アル..
by grpspica at 10:54
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
more...


後追い日記81年31・日本からのお客さま

後追い日記81年を1から読む

b0071688_235463.jpg


#日本からのお客さま

「マコさん、お久しぶり。いやぁ、もうほんと、あなた身一つでこんな所でよくやっているよ。僕は去年、ロンドンで数ヶ月暮らしたけれど英語には参ってしまった」

日本から最初のお客、西村氏と長女の明美ちゃんがトロント入りをした。
 「あんた日本にいた時、痛々しかったけど、なかなか生き生きしている。
ところで、グールドはどうなっているの?」
「この間、レコードをいただいたわ」
「それはすごいじゃない」

「手近なところでナイアガラの滝に行こう」


b0071688_23483684.png

マコと父娘は、ナイアガラで、カナダ滝の観光をした。

滝の飛沫はその辺りの空気をイオン化し、人間の脳波をアルファ波、瞑想状態にする作用があるというが、俗化された巨大な滝を横から眺めても、何も感じない。
b0071688_2349284.png


マコは、お店で安売りのトルコ製の財布を3つ買うか2つにするか悩んだ。3つめは店の人が「本当のお買い得」といったけど、プレゼントに3つも買うのは身分不相応とやめにした。

帰りのバスの中で、マコは突如、あの滝の白いベールの向こうに16才の冬に精霊に連れて行ってもらった異界の山を思い出した。こうなると黙っていられなくなり、明美ちゃんと話し込んだ。

「ニーチェの『ツァラトゥストラ』にその山が出ていて、読んだ時、びっくりしたの。超人思想は永劫回帰とセットになっていないとやり切れるものではない。
私は20才の時、今が永遠と気づいて16才の時に授かった超人思想の重荷から解放された。
グールドもニーチェが好きらしいの。どんなに読んでいるでしょうね。ドイツ語の『超人』(u¨bermennsch)には、登高者の意味なのに、英語訳は『スーパーマン』でおかしいと思わない?
私は自分のことをグールドの演奏を聞く伴侶と思っているの」

「私の絵の先生が、芸術というのは、『他への奉仕だ』といっていたわ。あなたのように人に見えないものが観えたり、聞こえないものが聴ける人、素晴らしいなぁと思うの」
b0071688_2351133.jpg

  

日本では「滝行」といって小さな水量の滝に打たれる宗教的な修行の場としてとらえる滝への考えがある。
秋の陽ざしを避けられるバスの中で、マコは、紫外線の刺激から頭を守り、滝を味わいだした。

時間を超越する現実からの空想、あるいは思考力が理屈で先に行くだけの自由着想で頭がうずまく。滝は今、オゾン療法となり、マコを治癒する。2つの滝には、アメリカとカナダに彷徨う霊魂をやさしく浄める神様がいらっしゃる。
水のカーテンの奥には大きな舞台がある。カーテンをくぐり抜けるとドラマの女主人公になるマコの姿が見える。マコは今日1日を滝に住む龍神と共に過ごした気持ちになっていた。



next 81年32へ




**********************************
[PR]
by mhara21 | 2006-05-12 11:03 | 後追い日記81年 | Comments(2)
Commented by mhara21 at 2006-05-13 00:04
この時の写真は、傑作です。被写体が半分しか写っていなかったり、
大部分が空だったり....。カメラマンは誰だったのかな。モニカ
Commented by mhara21 at 2006-05-13 00:10
西村さんはカナダ旅行から戻られて我家を尋ねて下さいました。
そしてしみじみ「トロントで暮らすマサコさんを知ってるのはぼくと明美だけなんだねぇ....。兄弟は誰も知らないんだ....(当たり前だ。誰もカナダ旅行をしてないのだから)彼女は生き生き暮らしてますよ」といろいろ話して下さいました。モニカ
<< 後追い日記81年32・大山氏と... 後追い日記81年30・マコの日記 >>