合い言葉GG
by mhara21
検索
☆マサコのプロフィール
13才のときにグレン・グールドのピアノに 出会う。以来抱き続けたグールドに会うという夢を追って28才でカナダへ。後追い日記はその記録である。
属性はシャーマン。


☆ミクシに習って、ぬさんからの紹介状
不在の幻影から愛するひとを救い出し、グーグルキャッシュの中に愛のエクリチュールを刻印しつづける、GGの恋人。二人はもう触れあうことができないが故に永遠に惹き付けあうことができる、まるで恒星と惑星の関係のような、あらゆる恋人が夢見るユートピアに住むひとです。


☆このブログの本拠地は
 海峡web版  です。

グールド、並びにグールド家からのプレゼントはこちら。

 グールドのサイン入りレコード
 もう1つのレコード
 グールドの本とそのメモ書き
 パパグールドさんのご本

☆グールドおよび後追い日記に関係のないトラックバックやコメントは削除する場合があります。
カテゴリ
全体
後追い日記81年
後追い日記82年
後追い日記83年
後追い日記84年
後追い日記85年
後追い日記86年
後追い日記87年
グールドからのプレゼント
グールドへのメール
エッセイ
ゴルトベルクをめぐる
グ−ルド・レストラン
8月のゴルトベルク
グ−ルドとエクスタシー
田中希代子
未分類
タグ
(94)
(56)
(32)
(26)
(14)
(13)
(12)
(10)
(8)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
フォロー中のブログ
海峡web版
記事ランキング
最新のコメント
a ghost ? お母..
by grpspica at 21:05
こんな文章を書いて誰もわ..
by grpspica at 06:56
せっかくコメントを書いた..
by grpspica at 12:37
田中希代子さんのファンは..
by grpspica at 10:59
バレンボイムが、[ アル..
by grpspica at 10:54
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
more...


後追い日記81年29・英語で話すということ

後追い日記81年を1から読む

b0071688_2326225.jpg


#英語で話すということ

教会ではピアノを弾く背中の所に大きなヒーターがあって暖かだ。帰りにスイッチを消すように言われた覚えはない。
人は自分が要求しない内に叶えられた事柄については感謝はしても忘れてしまうものなのかもしれない。
稀に牧師さんとかち合うことがあり、その時は帰ってきた。

お礼として献金をした。「無料です」と言われたけれど、「そういう訳には ‥‥」という意味でどういう英語を喋ったんだったか‥‥。
英語はいつもチンプンカンプン。彼と彼女 ( heとshe ) を間違えるなんていうのはしょっちゅうだった。

マーサは8月24日に男の子を生んでいた。その名前をマコは長い間、「ジェーン Jane 」だと思っていた。
「彼の名前はジェームスよ。ジェーンは女の子の名前」と言われるまで気が付かなかった。
そう言えばアメリカでは台風に女性の名前を付ける。「ジェーン台風」「キャスリーン台風」
そしてジェームズが男性の名前とも知っていたのだけれど、生きている人間に触れての知識ではなかった。

人前で上がってしまうと母国語でもうまく話せない。聞き取りも出来ない。外国語も同じだ。現地で英会話を覚えるのは無理な話。英会話こそ自国で学び、意味合い、程合いの加減を知っておかなければ思いもかけないところで相手の人をバカにすることになる。
1つの言葉の背後の状況を知っておくのは大切なことだった。

ラジオのテキストの丸覚え以外に下地のないマコの英語は、けもの道のよう。言葉のストレスはひどかった。
頭が回り過ぎるのか、気が走り過ぎるのか、音がつかめない。
沢田美喜さんの本に語学を身につけていれば、立派な体格や宝石以上だという言葉があった。言葉が出来ると恐怖心が少なくなり、相手も言葉上から起こる警戒心がなくなる。

仕事をするのでなければ、同じ心を持ったもの同士、テレパシー的な言語が通じる。話が出来ないよりは出来た方がいい。それが語学だった。その出来具合によって、ピンからキリまでの生活が待っているのも、他の能力と変らなかった。



next 81年30へ


写真  ジェームスとその弟妹



**********************************
[PR]
by mhara21 | 2006-05-10 10:17 | 後追い日記81年 | Comments(0)
<< 後追い日記81年30・マコの日記 グレン・グールドからの贈り物 ... >>