合い言葉GG
by mhara21
検索
☆マサコのプロフィール
13才のときにグレン・グールドのピアノに 出会う。以来抱き続けたグールドに会うという夢を追って28才でカナダへ。後追い日記はその記録である。
属性はシャーマン。


☆ミクシに習って、ぬさんからの紹介状
不在の幻影から愛するひとを救い出し、グーグルキャッシュの中に愛のエクリチュールを刻印しつづける、GGの恋人。二人はもう触れあうことができないが故に永遠に惹き付けあうことができる、まるで恒星と惑星の関係のような、あらゆる恋人が夢見るユートピアに住むひとです。


☆このブログの本拠地は
 海峡web版  です。

グールド、並びにグールド家からのプレゼントはこちら。

 グールドのサイン入りレコード
 もう1つのレコード
 グールドの本とそのメモ書き
 パパグールドさんのご本

☆グールドおよび後追い日記に関係のないトラックバックやコメントは削除する場合があります。
カテゴリ
全体
後追い日記81年
後追い日記82年
後追い日記83年
後追い日記84年
後追い日記85年
後追い日記86年
後追い日記87年
グールドからのプレゼント
グールドへのメール
エッセイ
ゴルトベルクをめぐる
グ−ルド・レストラン
8月のゴルトベルク
グ−ルドとエクスタシー
田中希代子
未分類
タグ
(92)
(56)
(32)
(18)
(14)
(13)
(11)
(10)
(8)
(4)
(3)
(3)
(2)
(1)
フォロー中のブログ
海峡web版
記事ランキング
最新のコメント
Dear Toshi, ..
by masako at 19:34
いつもご丁寧なブログ管理..
by mhara21 at 09:07
本日、英語版の訂正と同時..
by mhara21 at 18:30
グールドは、この間夢に現..
by grpspica at 14:15
このニーチェとピアノの写..
by grpspica at 08:45
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...


<21世紀の追記>

<21世紀の追記>

トロントのグールド参りに今や世界中から人が押し寄せる。
ファンはもうあのサウスウッド32番地の家に入ることはできない。
トロント時代のあの家は、まるで音楽の神話のように思えた。
よく、まわりを歩いて散歩もした。

1980年代のグールドの生家では、フランシスのやさしい笑顔が私を迎えてくれた。
2001年に日本のTV番組で沖縄の方言で「pureな人」という意味の「ちゅらさん」が放送された。
その主題歌は、kiroroの歌った「Best Friend」。
その歌詞を書いてフランシスへの「感謝の気持ち」を伝えたい。

「Best Friend」 作詞・作曲 玉城千春
  もう大丈夫心配ないと  泣きそうな私の側で
  いつも変わらない笑顔で  ささやいてくれた
  まだまだまだ  やれるよ  だっていつでも輝いている
  時には急ぎすぎて  見失うこともあるよ  仕方ない
  ずっと見守っているからって笑顔で
  いつものように抱きしめた
  あなたの笑顔に  何度助けられただろう
  ありがとう  ありがとう  Best Friend



next 81年21へ


**********************************
[PR]
by mhara21 | 2006-04-23 11:28 | 後追い日記81年 | Comments(1)
Commented at 2006-04-25 17:20
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< グールドへのメール3 ブラジル映画 後追い日記81年20・グールドハウス >>