合い言葉GG
by mhara21
検索
☆マサコのプロフィール
13才のときにグレン・グールドのピアノに 出会う。以来抱き続けたグールドに会うという夢を追って28才でカナダへ。後追い日記はその記録である。
属性はシャーマン。


☆ミクシに習って、ぬさんからの紹介状
不在の幻影から愛するひとを救い出し、グーグルキャッシュの中に愛のエクリチュールを刻印しつづける、GGの恋人。二人はもう触れあうことができないが故に永遠に惹き付けあうことができる、まるで恒星と惑星の関係のような、あらゆる恋人が夢見るユートピアに住むひとです。


☆このブログの本拠地は
 海峡web版  です。

グールド、並びにグールド家からのプレゼントはこちら。

 グールドのサイン入りレコード
 もう1つのレコード
 グールドの本とそのメモ書き
 パパグールドさんのご本

☆グールドおよび後追い日記に関係のないトラックバックやコメントは削除する場合があります。
カテゴリ
全体
後追い日記81年
後追い日記82年
後追い日記83年
後追い日記84年
後追い日記85年
後追い日記86年
後追い日記87年
グールドからのプレゼント
グールドへのメール
エッセイ
ゴルトベルクをめぐる
グ−ルド・レストラン
8月のゴルトベルク
グ−ルドとエクスタシー
田中希代子
未分類
タグ
(92)
(56)
(32)
(18)
(14)
(13)
(11)
(10)
(8)
(4)
(3)
(3)
(2)
(1)
フォロー中のブログ
海峡web版
記事ランキング
最新のコメント
Dear Toshi, ..
by masako at 19:34
いつもご丁寧なブログ管理..
by mhara21 at 09:07
本日、英語版の訂正と同時..
by mhara21 at 18:30
グールドは、この間夢に現..
by grpspica at 14:15
このニーチェとピアノの写..
by grpspica at 08:45
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...


後追い日記81年8・opportunity 

英語版1981年日記  ← クリックすると一覧が出ます。
English version of 1981 diary  ← Click here for the list.

後追い日記81年を1から読む

b0071688_19271594.jpg

#opportunity    

飛行機の隣の女性は、ナイアガラフォールズ市に住むルイーズ。
息子のフィリピン人のお嫁さんに「私はあなたと結婚したのではない」とやられたとこぼす。「グールドは背の高い人で青白い顔をしている」と教えてくれた。
母方の祖母の話しは、普通に話しても自慢になるものだが、自分の英語力でも無理なく話せるので話題にした。

「祖母は何でも出来たの」
「あなたもそう見えるわ」
外人との会話が日本人と違うところは、彼らが積極的で人を誉めるところだ。
「沢山の”opportunity”があるといいわね」

”opportunity”という意味が分からないマコにルイーズは説明をしてくれた。
”opportunity”には人の、家庭環境、学歴、身体的条件に関係なく、平等に「機会」が与えられ、努力の成果をみる事が出来る。同じ「機会」でも「chance」では、運や、ツイているという意味合いが強い。

”opportunity”は北米の文化の土壌を表わしたような言葉でトロントでの運命を象徴したものだった。

カナダは日本の社会文化の中で育まれることがなかったマコを、先祖がカナダの建設に寄与することもなかったのに、迎え容れ、豊かな文化で伸ばしてくれたのである。
 マコは英単語の知識は乏しいが、この”opportunity”とカナダで知った”self - identity”には深い感謝と感動を覚える。

「アイデンティティ」は日本語として定着した。日本語に該当する言葉がなかったのではないか? さすがにセルフはつかないけれど。
b0071688_2119226.jpg


 トロントに近づくにつれ、不安が襲う。
 知人のお姉さん、琴美さんとは日本にいた時から文通をしていた。ところがヴァンクーヴァーからの最後の電話で空港のどこで待ち合うかを決めていなかったのだ。
「うまく会えるかしら?」

心配はトロント空港の人ごみのなかで本当のものとなった。ルイーズはオロオロする私のそばにしばらくいてくれたけれど
「ナイアガラフォールズ行きのバスは本数が少なくて‥‥」
と別れた。

案内所に行き、事情を話してアナウンスをしてもらうことにした。
そこで急に「イミグレーションを出た所で待っているのではないか」と探しに動いてしまう。イミグレーションにはいない。
  そしてマコの次の行動は・・・。
 琴美さんを呼ぶアナウンスが空港中に流れているのを聞きながら、「彼女は空港には来ていない」と思い込む。そして案内所に戻らないで、下宿までタクシーで行くことに決めてしまった。

人にはそれぞれの性癖がある。
ヴァンクーヴァーからかけた初めての電話で、琴美さんの低い声にトロント来訪はあまり歓迎されていないと思い込んだこと。
「自分の生活だけでも精一杯なのに、その土地に長く住んでいるからといって新しく来た人に頼られては迷惑なのだろう。今日はホテルに泊まることにしよう」

そう考えてタクシーに乗る。でも擦れ違いの可能性もあるので行き先は下宿先にした。
こういう風に、情況判断よりは、頭の中でかってに事柄をまわしていくタイプだった。

b0071688_22454869.jpg





next 81年9へ






********************************
[PR]
by mhara21 | 2006-04-13 11:43 | 後追い日記81年 | Comments(5)
Commented by mhara21 at 2006-04-20 16:30
ピンボケ写真だけれど、「ないよりいい」と載せましょう。
右の水色はオンタリオ湖。そのすぐ横にあるタワーがCNタワー。モニカ
Commented by toshi at 2006-05-26 01:19 x
Sometimes I do have this kind of feeling too. Maybe it's kind of the sixth sense. I know who really dislikes me.
Commented by mhara21 at 2006-05-27 19:53
Oh,really? And what's kind of reaction do you take to them? Noriko
Commented by toshi at 2006-06-10 00:27 x
Nothing special. Because we are human beings, we are not Buddha or God. We do have our preference and sometimes we also have prejudice.
If he treated me in bad manner, I wouldn’t be surprised at all. Well, but I don’t think he would be my good friend. :)
Commented by mhara21 at 2017-07-09 09:59
Oh,my God!!!  Toshi is here.
We have met him three times at Taipei.
By the way, Mrs.Chou is going to Toronto this month.
I am so happy that she has recovered very well. Masako
<< 後追い日記81年9・琴美さんに会う グールドへのメール 1 シャー... >>