合い言葉GG
by mhara21
検索
☆マサコのプロフィール
13才のときにグレン・グールドのピアノに 出会う。以来抱き続けたグールドに会うという夢を追って28才でカナダへ。後追い日記はその記録である。
属性はシャーマン。


☆ミクシに習って、ぬさんからの紹介状
不在の幻影から愛するひとを救い出し、グーグルキャッシュの中に愛のエクリチュールを刻印しつづける、GGの恋人。二人はもう触れあうことができないが故に永遠に惹き付けあうことができる、まるで恒星と惑星の関係のような、あらゆる恋人が夢見るユートピアに住むひとです。


☆このブログの本拠地は
 海峡web版  です。

グールド、並びにグールド家からのプレゼントはこちら。

 グールドのサイン入りレコード
 もう1つのレコード
 グールドの本とそのメモ書き
 パパグールドさんのご本

☆グールドおよび後追い日記に関係のないトラックバックやコメントは削除する場合があります。
カテゴリ
全体
後追い日記81年
後追い日記82年
後追い日記83年
後追い日記84年
後追い日記85年
後追い日記86年
後追い日記87年
グールドからのプレゼント
グールドへのメール
エッセイ
ゴルトベルクをめぐる
グ−ルド・レストラン
8月のゴルトベルク
グ−ルドとエクスタシー
田中希代子
未分類
タグ
(94)
(56)
(32)
(26)
(14)
(13)
(12)
(10)
(8)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
フォロー中のブログ
海峡web版
記事ランキング
最新のコメント
a ghost ? お母..
by grpspica at 21:05
こんな文章を書いて誰もわ..
by grpspica at 06:56
せっかくコメントを書いた..
by grpspica at 12:37
田中希代子さんのファンは..
by grpspica at 10:59
バレンボイムが、[ アル..
by grpspica at 10:54
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
more...


後追い日記81年5・暖炉&大山夫妻

英語版1981年日記  ← クリックすると一覧が出ます。
English version of 1981 diary  ← Click here for the list.

後追い日記81年を1から読む

b0071688_20153657.jpg
 
    ↑大山家の暖炉

#暖炉

 ヴァンクーヴァーには、見事な桜の木があった。八重桜が多い。桜は一重が好きだ。

 翌日、桜吹雪の中を大山氏の勤務先UBC(ブリティッシュコロンビア大学)のパーティーに出かけた。
 暖炉で薪が燃えている。その豪華なこと。すり寄って眺める。日本の昔の家で親子6人と祖母が狭い燃やし口で風呂沸かしをしていた時とは、格段の違いの炎と木の香り。モミ、ユーカリ、マツを混ぜた匂いが暖かく顔にかかる。

 ダウンタウンでトラベラーズチェック100ドルを崩す。崩すに当たってテーブル用の紙製のクロスを買う。必要のないものを買い込む癖は、既にしっかりと持っていた。チューリップ柄がかわいい紙クロスは、日本に送り、机の中で「思い出」として眠っている。
b0071688_1352652.jpg

b0071688_1355166.jpg



 レコード店ではグールドのレコード・デビュー25周年を記念して発売されたレコードを見つける。
b0071688_1362916.jpg

E.シュワルツコップとの共演や珍しいスカルラッティのソナタも入っている。ジャケットには、グールドが得意とする「演劇」のための役者がいた。 カナダで聴くグールドのおふざけ、黒皮ジャンパーを着たアンちゃんやニーチェのなりそこないのような人。
b0071688_1372468.jpg


 グールドが変装していたのだけれど、マコは長い間気づかなかった。写真の手や指で、マコはようやくグールドが遊んでいるとわかる始末であった。
b0071688_1381752.jpg




#大山夫妻
「俺、その人好かないよ。お前の兄貴もグールドを聴くとイライラすると言っていたぞ」
「いつもいつも、それをかけるの止めてくれねぇかな」

 大山氏はナナ・ムスクーリの「Season in the Sun (太陽の中の季節)」が好きでいつも聴いていた。大山氏とマコは鬱病という一致点があった。

「この人、これから自殺するんだよ」
歌の中に出てくる人のことを言っているのだろう。

 マコはシルビア・プラスの詩が好き。死にたくなる人の方が理解しやすい。

 ある日、大山氏は、飛行機に乗せてくれた。
 セスナが空に舞い上がる。
 操縦している大山氏がここで手を離すと死ぬことができるのに。
しかし無事にサン・ジュアン島に着く。ヴァニラ蘭の天然の香りが漂うアイスクリームをおいしく食べた。

 帰宅すると奥さんが
「あの島には何度も行ったけれどアイスクリームを食べたことはないわ」
 マコは悪いことをした気分になった。

 ヴァンクーヴァーの自然は見事の一言だ。バーナビ市の家の近所を歩いただけでも自然公園にいるようだった。
 シアーズやスーパーマーケットにも出かけて、カナダ生活の第1歩を楽しんだ。何せ大きい。店も自然も。



next 81年6へ





********************************
[PR]
by mhara21 | 2006-04-06 17:16 | 後追い日記81年 | Comments(7)
Commented by toshi at 2006-05-23 22:59 x
>崩すに当たってテーブル用の紙製のクロスを買う
Excuse me! What did you buy?
Commented by mhara21 at 2006-05-24 12:45
Dear Toshi.
Thank you very much for your questions.
It's a table cloth made of paper. I'll ask Monica to put the photo of it on my blog.
So you can see what I bought at the first time in Canada! Masako

Commented by Toshi at 2006-05-24 23:40 x
Thank you so much! :)
Commented by mhara21 at 2006-05-25 17:21
Hi Toshi san
This is it !! I didn't wash & press it because it's PAPER !
monica
Commented by toshi at 2006-05-26 01:01 x
I see! :)
That's very special.
Commented by mhara21 at 2006-05-27 15:35
I make many mistakes when I use English.
Tablecloth is one word,
"for " the first time is right,not "at "the first time. Noriko
Commented by mhara21 at 2006-05-27 18:16
まぁ、なんとかわいいテーブルクロス、いえテーブルペーパーでしょう!初めて見ましたよ。ノリコ
What a cute tablecloth, no, tablepaper it is!
I see it for the first time. Noriko
<< 後追い日記81年6・ラヴェンダ... 後追い日記81年4 ・大山家 >>