合い言葉GG
by mhara21
検索
☆マサコのプロフィール
13才のときにグレン・グールドのピアノに 出会う。以来抱き続けたグールドに会うという夢を追って28才でカナダへ。後追い日記はその記録である。
属性はシャーマン。


☆ミクシに習って、ぬさんからの紹介状
不在の幻影から愛するひとを救い出し、グーグルキャッシュの中に愛のエクリチュールを刻印しつづける、GGの恋人。二人はもう触れあうことができないが故に永遠に惹き付けあうことができる、まるで恒星と惑星の関係のような、あらゆる恋人が夢見るユートピアに住むひとです。


☆このブログの本拠地は
 海峡web版  です。

グールド、並びにグールド家からのプレゼントはこちら。

 グールドのサイン入りレコード
 もう1つのレコード
 グールドの本とそのメモ書き
 パパグールドさんのご本

☆グールドおよび後追い日記に関係のないトラックバックやコメントは削除する場合があります。
カテゴリ
全体
後追い日記81年
後追い日記82年
後追い日記83年
後追い日記84年
後追い日記85年
後追い日記86年
後追い日記87年
グールドからのプレゼント
グールドへのメール
エッセイ
ゴルトベルクをめぐる
グ−ルド・レストラン
8月のゴルトベルク
グ−ルドとエクスタシー
田中希代子
未分類
タグ
(94)
(56)
(32)
(21)
(14)
(13)
(11)
(10)
(8)
(4)
(3)
(3)
(2)
(1)
フォロー中のブログ
海峡web版
記事ランキング
最新のコメント
せっかくコメントを書いた..
by grpspica at 12:37
田中希代子さんのファンは..
by grpspica at 10:59
バレンボイムが、[ アル..
by grpspica at 10:54
I'm in Taipe..
by grpspica at 07:16
Dear Toshi, ..
by masako at 19:34
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...


Diary Entry 1981-7 : Going to Toronto

Tag: English 1981 ← Please click here.
Tag: English 1982 ← Please click here.
Tag: English 1983 ← Please click here.
Other English Version ← Please click here.

b0071688_19225178.jpg
#Going to Toronto

After cherry blossoms had fallen, a myriad of rhododendrons started blooming in Vancouver. A rhododendron is a national flower of Nepal, and I am looking forward to seeing many of them here. Blossoms, trees, first class sites, the sea, the mountains – everything is simply beautiful in Vancouver.

We had been to Whistler on a skiing trip. We had also visited by car an area with hot springs that are as big as pools. I continued to bask in the hospitality of the Ōyamas, and I was wondering when I would broach the issue of going to Toronto.
Eventually, one day I just announced, “I am going to Toronto.” After that Mrs. Ōyama took me to a farewell diner.

Vancouver is beautiful, and mountains are visible from any spot in the city. I am setting off on my journey with the quite farewell from the western Canadian mountains.
“Bye-bye and please come visit us again.”
Mr. Ōyama is a man with big personality. He does not seem too happy, even though they are finally getting rid of this annoying/gloomy freeloader.

“When you get to Toronto, you will go and meet a lawyer,” some presence came upon me like a ripple.
I have the ability to see some events in the immediate future. The hint about a lawyer eventually came true. Gould’s parents used to live in a house in “Southwood 32” in Toronto. It turned out that a lawyer’s family lived in this house that they had bought from Gould’s father.

Translated by Saiko   



Japanese version of this page・後追い日記81年7・トロントへ


**************

[PR]
by mhara21 | 2017-07-05 19:41 | 後追い日記81年 | Comments(0)
<< Diary Entry 198... Diary Entry 198... >>