合い言葉GG
by mhara21
検索
☆マサコのプロフィール
13才のときにグレン・グールドのピアノに 出会う。以来抱き続けたグールドに会うという夢を追って28才でカナダへ。後追い日記はその記録である。
属性はシャーマン。


☆ミクシに習って、ぬさんからの紹介状
不在の幻影から愛するひとを救い出し、グーグルキャッシュの中に愛のエクリチュールを刻印しつづける、GGの恋人。二人はもう触れあうことができないが故に永遠に惹き付けあうことができる、まるで恒星と惑星の関係のような、あらゆる恋人が夢見るユートピアに住むひとです。


☆このブログの本拠地は
 海峡web版  です。

グールド、並びにグールド家からのプレゼントはこちら。

 グールドのサイン入りレコード
 もう1つのレコード
 グールドの本とそのメモ書き
 パパグールドさんのご本

☆グールドおよび後追い日記に関係のないトラックバックやコメントは削除する場合があります。
カテゴリ
全体
後追い日記81年
後追い日記82年
後追い日記83年
後追い日記84年
後追い日記85年
後追い日記86年
後追い日記87年
グールドからのプレゼント
グールドへのメール
エッセイ
ゴルトベルクをめぐる
グ−ルド・レストラン
8月のゴルトベルク
グ−ルドとエクスタシー
田中希代子
未分類
タグ
(94)
(56)
(32)
(21)
(14)
(13)
(11)
(10)
(8)
(4)
(3)
(3)
(2)
(1)
フォロー中のブログ
海峡web版
記事ランキング
最新のコメント
せっかくコメントを書いた..
by grpspica at 12:37
田中希代子さんのファンは..
by grpspica at 10:59
バレンボイムが、[ アル..
by grpspica at 10:54
I'm in Taipe..
by grpspica at 07:16
Dear Toshi, ..
by masako at 19:34
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...


一目惚れ

b0071688_08481969.jpg
小林多喜二の作品は一字も読んでいない。
武満徹の音楽は聴かない。
だけど、このお二人は私の永遠の恋人。
最初は写真に一目惚れした。

b0071688_08482409.jpg
3年前、米リーグ・ミネソタツインズのマウアーに一目惚れ。
b0071688_08482728.jpg
続いて女子バレーのキム・ヨンジョンに一目惚れ。
b0071688_08482931.jpg

何の情報も知らず、すべて顔と身体から流れ出ている「気」のようなものに、
今でもノックアウトされる。

1970年、「行為と芸術」という本が出版された。
武満さん目当てに買ったけれど、ほとんどの内容がわからなかった。
今ならもう少し理解できるかも知れないあの本。
どこへ行ったのかしら。

2000年頃、横尾忠則と草間弥生さんの対談を読んだ。
お話の中身はよくわからないけれど、
横尾さんが草間さんを全く理解していないことだけはわかった。
草間さんは日本では虐められるぞと思っていたら、
やはりS字結腸社にやられていた。

この頃は声とお話の仕方で、相手がどんな方か的確にわかるようになった。
永井荷風は、声が美しいけれど、多喜二の声はもうどこでも聴けないだろう。
治安維持法で特高に虐殺された多喜二は、多分、キリストだったと思う。 
昔、NHKに唯一大好きな女子アナがいた。
ショートカットの声も話し方も感じのよい方。
今でも名前を知りたいと、時々思い出す。

キリスト教国のはずのアメリカが、
マニング上等兵をなぜ「キリスト」と思わないのだろう。
ペテン裁判の判決を受けて車に乗り込むマニングさんの小柄で細い身体から、
白い光が見えていた。
私はどうも「白い光」が出ている人が好きみたい。

今や各国首脳は、多国籍企業の傀儡と言われ、福祉国家のスウェーデンすら、
企業の税金がどんどん安くなっているとのこと。
こうして善人が処罰される時代が押し寄せてくるのだろう。


*********************

富岡多恵子【行為と芸術 十三人の作家】美術出版社
13人の顔写真がずらり(本の内容はなし)

http://blog.livedoor.jp/mongabooks/archives/4476117.html

13人の名前はここで、ただし中国語
http://www.flickr.com/photos/futari-issue/2257811758/

見えるものと観えないもの—横尾忠則対話録  (草間弥生さんの対談)
ここの最初のレビューがいい。
http://www.amazon.co.jp/見えるものと観えないもの―横尾忠則対話録-ちくま文庫-横尾-忠則/dp/4480032142


*********************




[PR]
by mhara21 | 2016-10-14 19:59 | エッセイ | Comments(1)
Commented by mhara21 at 2017-08-04 09:07
いつもご丁寧なブログ管理をありがとうございます。 昔のことはどんどん忘れてしまうのでこうやって過去を振り返るのも楽しいひとときですね。
心ひそかにスポーツ界でも超一流に一目惚れする傾向があると喜んでいます。 マサコ
<< Program of &quo... October 14th, 1... >>