合い言葉GG
by mhara21
検索
☆マサコのプロフィール
13才のときにグレン・グールドのピアノに 出会う。以来抱き続けたグールドに会うという夢を追って28才でカナダへ。後追い日記はその記録である。
属性はシャーマン。


☆ミクシに習って、ぬさんからの紹介状
不在の幻影から愛するひとを救い出し、グーグルキャッシュの中に愛のエクリチュールを刻印しつづける、GGの恋人。二人はもう触れあうことができないが故に永遠に惹き付けあうことができる、まるで恒星と惑星の関係のような、あらゆる恋人が夢見るユートピアに住むひとです。


☆このブログの本拠地は
 海峡web版  です。

グールド、並びにグールド家からのプレゼントはこちら。

 グールドのサイン入りレコード
 もう1つのレコード
 グールドの本とそのメモ書き
 パパグールドさんのご本

☆グールドおよび後追い日記に関係のないトラックバックやコメントは削除する場合があります。
カテゴリ
全体
後追い日記81年
後追い日記82年
後追い日記83年
後追い日記84年
後追い日記85年
後追い日記86年
後追い日記87年
グールドからのプレゼント
グールドへのメール
エッセイ
ゴルトベルクをめぐる
グ−ルド・レストラン
8月のゴルトベルク
グ−ルドとエクスタシー
田中希代子
未分類
タグ
(94)
(57)
(32)
(30)
(14)
(13)
(12)
(10)
(8)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
フォロー中のブログ
海峡web版
記事ランキング
最新のコメント
モーツァルトのイ長調の協..
by grpspica at 15:16
新春のお聴き初めはプロコ..
by grpspica at 08:39
a ghost ? お母..
by grpspica at 21:05
こんな文章を書いて誰もわ..
by grpspica at 06:56
せっかくコメントを書いた..
by grpspica at 12:37
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
more...


田中希代子さん 14回忌

田中希代子さんが1996年2月26日に亡くなられてから、13年が経ちます。
今年1月19日に弟さんでヴァイオリニストの田中千香士さんも旅立たれました。
千香士先生とは、お電話で話をしたことがあり,昔にお葉書を下さった田中希代子先生と共に、懐かしい気持ちで一杯です。

グリーンがお好きでいらした田中希代子さんに、
今月10日に出版された志村ふくみ著「白夜に紡ぐ」より
「お茶は不思議な木」から一部を引用致します。


* * * * * * * * * 

 いよいよ五月、茶摘み。その摘み立ての葉を乾燥させたものを手にとってみせてくれる。何という緑! 濃い緑、まるで藍の葉のようだ。緑が青くなりかかってステンドグラスのように透きとおっている。

 こんな美しい色をみたことがない。これこそ真の緑かと思う。その葉をこまかく砕き、石臼にかけて碾く。抹茶が生れるのだ。その石臼からこぼれ落ちる緑の粉。湯をそそぎ、茶筅で泡立てても変わらない緑。保存しても変わらない緑。植物から緑が染まらないのに、なぜここでは緑が存在するのか。どうしてですか、私は思わずつよめってしまった。一ばんききたいところはここだったのだ。
 「さあ、どうしてやろ、わからん」
と困ったFさんは言う。しばらくして、
 「なぜやろ、粒子にするとあの色になるんやな」と。
 それだ! と私は思わず叫んでしまった。粒子、微粒子、微塵粉、どこかで質が変る。粒子にまでこまかくなった時、色は生のものではなくて、別の物質の色に変るのではないか。科学者でもない私か無茶苦茶なことを言うようだが、たしかにここにある緑は変らない。私が思う緑は瞬時にして消える緑である。たとえ十日でも二十日でも保っている緑は、茶葉の精妙な製法によってもう一つの新しい物質としての色を誕生させているとしか思えない。その秘密は粒子にあるのではないか。微粒子になると質が変るとか。
  

     お茶は不思議な木  志村ふくみ著 「白夜を紡ぐ」から
b0071688_16442217.jpg





*****************************************
[PR]
by mhara21 | 2009-02-26 00:00 | 田中希代子 | Comments(1)
Commented by grpspica at 2017-10-04 12:37
せっかくコメントを書いたのに消えることほど情けないことはない。
田中希代子さんは戦前の日本人が持つ淑徳の高い辛抱強い方だった。
私はこれだけで十分と彼女がおっしゃってる様な気がした。
<< 雲と田中希代子さん  生誕77年 >>